Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

盗難や内部犯罪による情報流出を防止する対策


課題: (4)盗難や内部犯罪・不正行為による情報の流出を防止する対策が、グループウェアに盛り込まれていますか?

<PCの盗難対策>

一般に、同じ情報が流れるサーバ類とクライアントPCでも、盗難に対する危険性に大きな差があります。情報機器の管理に関して多くの企業では、サーバ類をサーバ・ルームなど鍵のかかる専用の場所に集約して、情報システム部門がきちんと管理をしていると思います。しかし、全社員が使うクライアントPCは、それぞれの社員の手元に置かなければ業務ができません。もちろん事務所自体には防犯対策が施され、外部の人が勝手に出入りできる訳ではありませんが、価格の高いパソコンは盗難の危険性が高いものでもあります。
そこで、企業にとって大切な情報は安全な保管場所であるサーバに集約して、クライアントPCには保存しないルールが必要になります。
Web型のアプリケーションと使いやすい文書管理を一体として提供するStarOffice Xシリーズでは、サーバへの情報集約に適した利用環境をご提供します。

<アクセスログを収集による内部犯罪・不正行為の防止>

アクセスログを収集することにより、社内の人の犯罪や不正行為の発生を抑制します。
社内の人の悪意のある行動に対しては、完全な防止対策を採ることが難しく、性悪説に立って情報システムを考えると日常の業務が進まなくなる弊害が生じてしまいます。そこで、ID管理を厳格に行い、個人を特定したアクセスログなどの記録を収集しておくことにより、万が一、事件が起こった時には追跡調査を行える体制を整えることにより、犯罪の抑止を図ります。

<シンクライアント化によるPC盗難対策とTCO削減>

仮想PC型シンクライアントシステム上に構築した環境での利用に対応し、クライアントPCを丸ごと仮想化します。クライアントPC上に情報を記録したり、クライアントPCにUSB機器を接続してデータを保存することができませんので、クライアントPCの盗難時の情報漏えいリスクに対して万全の対策となります。
企業内のクライアントPCをシンクライアント化することで、TCO削減効果とセキュリティ対策強化の両立が可能です。

【 まとめ 】

StarOffice Xシリーズなら、それぞれの機能の中で、セキュリティに考慮した機能を取り入れています。もちろん、それでセキュリティ対策として十分と言うわけではありませんが、日常業務に使うアプリケーションの中にセキュリティの基本を取り込むことにより、全社員のセキュリティに対する意識を高め、全社的にセキュリティ対策のレベルを高め、最適化していく費用や工数を削減することが出来ます。

更にStarOfficeをご採用いただくと、こんなメリットもあります。

StarOffice Xシリーズは、情報セキュリティ領域の国際標準規格「ISO/IEC15408」の認証を取得

StarOffice Xシリーズは、グループウェア製品で国内初となる情報セキュリティ領域の国際標準規格「ISO/IEC15408」の認証を取得しています。「StarOffice Xシリーズ」を採用したシステムを導入するお客様は、国際標準規格に準拠した高セキュアな文書管理をより安心してお使いになることができます。

内部統制の評価・報告を支援するStarOffice X Audit Managerをオプションとしてご提供

2008年度から施行された日本版SOX法が求める内部統制の評価・報告制度への対応が、上場企業の経営者に求められています。評価・報告は、毎年繰り返して行う必要がありますので、その対応工数を削減する工夫が必要になります。StarOffice Xシリーズでは、内部統制の構築~運用までの全フェーズに対応した支援ソフトウェアStarOffice X Audit Managerをオプションとしてご提供していますので、StarOffice Xシリーズを基盤とすることにより、内部統制における工数の削減を実現できます。