Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

各種業務システムへのアクセスを一元化


課題: (4)社内の様々な業務系システムへの入り口を一元化できていますか?

社内の様々な業務系システムの運用管理にかける工数の多くが、利用者からの問い合わせ対応に費やされていませんか?

これで改善

StarOffice Xで提供するポータルでは、各種業務システムへのアクセスを一元化することができ、効率的に業務が行えます。業務システムは、Webシステムだけでなく、クライアントサーバ型システムともシングルサインオンで連携できます。

ポータル上に各種業務システムへの入り口を整理して利用者に提供すれば、

  • 利用者からシステムを使用する手順に関する問い合わせ件数を減らすことが出来ます。
  • また、業務システムへの入り口とともに、マニュアルやFAQなどの情報をあわせてポータル上に表示することにより、操作に関する問い合わせ対応時間を大幅に減らすことが出来ます。

シングルサインオンにより、利用者にも管理者にもメリット

  • 異なるシステムを使用するたびにログイン操作をする必要が無くなり、利用者の不満が解消できます。
  • 利用者が日常使用するID・パスワードの組み合わせが減り、不適切なID・パスワード管理によるセキュリティ事故の危険性を減らせます。

【 まとめ 】

StarOffice Xシリーズでは、社員が必要な情報に容易にアクセスする入り口として、ポータル機能を標準でご提供します。毎日使う必需品として「グループウェアのポータル」から浸透を図り、全社の情報やシステムへの入り口の一元化に発展させることで、情報発信や運用管理に関する工数を削減するとともに、利用者の業務効率を向上させることが出来ます。