ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. StarOffice
  4. 機能
  5. 機能一覧
  6. WebAPI
ここから本文です。

StarOffice Xシリーズ - 「WebAPI」機能

お客様の業務システムとの連携を可能にするWebAPI

WebAPIを利用することで、業務アプリケーションの構築時に必要な認証/データ格納/メッセージング機能に、StarOffice Xシリーズをプラットフォームとして利用可です。StarOffice Xシリーズをプラットフォームとしてご利用頂く事により、新規システムの構築をスピードアップし、またグループウェアを中心とした業務連携による、効率的な作業フローを作ることが出来ます。(お客様の情報システム部門の方やSIer様向けに利用し易いWebAPI形式で提供しています)

WebAPIがご提供する主な機能と特長は次の通りです。

  • 業務アプリケーションの成果物の格納先として、セキュリティの高い文書管理を利用可能
    業務アプリケーションで作成されたファイルを、StarOffice Xシリーズの文書管理に保管することができます。
    新着情報ポートレットで保管された文書を、ポータル上に表示することが出来ます。

  • メールを利用した業務フローを容易に構築可能
    承認依頼、次作業依頼など、メールを使った業務フローを作成できます。

  • 高度なセキュリティ機能を持つ認証機構を低コストで実現可能
    StarOffice Xシリーズへの認証状態を業務アプリケーションに引き継げるため、業務アプリケーションの認証機構の構築が不要となります。
    StarOffice Xシリーズの認証機構により、パスワードポリシーなど高度なセキュリティ機能を利用可能です。

WebAPI利用例: ワークフロー「FlowLites」との連携で使用
(*:FlowLitesはワークフロー機能をご提供するStarOffice Xシリーズのファミリー製品です。)

<StarOffice Xシリーズの文書管理に格納しているファイルを添付してFlowLitesで申請>

StarOffice XシリーズのWebAPI利用例: ワークフロー「FlowLites」との連携で使用

<FlowLitesで承認完了した証跡と添付ファイルをStarOffice Xシリーズの文書管理へ保存>

FlowLitesで承認完了した証跡と添付ファイルをStarOffice Xシリーズの文書管理へ保存


ページの先頭へ戻る