Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

グループウェアによる経費、設備投資のコスト削減


1.経費、設備投資の削減

課題: オフィスが書類で溢れ、作業エリアが侵食されていませんか?

これで改善

紙文書を電子化してStarOffice Xシリーズの電子キャビネットに保管することで、書類キャビネットを削減! フロアの有効活用が可能です。

グループウェアの利用により書類キャビネットを削減

導入効果

■キャビネット本数を5本(1/5)に削減
0.6m2 × 20本 = 12m2のキャビネット空きエリアの確保
→打合せコーナーとして活用
(12m2/3.3) × 20,000円 × 12ヶ月 = 約873,000円/年
■キャビネット価格平均5万円
→新規購入費用の削減
■バインダー購入抑制
年間購入平均100冊 × 1,000円 = 100,000円

年間オフィス有効活用効果 \973,000円/年

試算の前提条件: 部門フロアー現状
  • 約50名のフロアーで試算
  • フロアー賃貸料月額2万円/3.3m2
  • キャビネット書庫25本
    平均0.6m2/本 × 25本 = 15m2占有

課題: 関係部署への配布資料が多い!

これで改善

StarOffice Xシリーズの電子キャビネットに登録し、電子データを参照することで、資料の印刷・配送コストを削減! 資料が改版された場合でも、各自のPCから最新の情報を参照可能です。

グループウェアの利用により資料の印刷・配送コストを削減

導入効果

■年間発送コスト
80円 × 100ヶ所 × 4回 × 12ヶ月 = 384,000円
※資料の印刷・紙コストが別途発生します
■作業工数

  • 発送部門の工数
    時給2,000円 × 2時間 × 4回 × 12ヶ月 = 192,000円
  • 配送先部署での管理工数(バインダーへの綴込み等)の削減
    時給2,000円 × 0.1時間×100ヶ所 × 4回 × 12ヶ月 = 960,000円
■さらに
  • 紙の使用量の削減や輸送の削減に伴うCO2削減にも寄与

配布コスト削減  \1,536,000円/年

試算の前提条件: 資料送付現状
  • 100店舗
  • 毎週(月平均4回)発送
  • 郵送料金 80円/通

課題: 全国の営業拠点への出張費が膨大

これで改善

WEB会議「コミュニケーションドア」により、いつでも、PCの画面上で顔を見ながらコミュニケーション。出張の回数を大幅削減!

WEB会議の利用により出張の回数を大幅削減

導入効果

■交通費 (東京-大阪間) 
往復 30,000円×10名×12ヶ月 = 3,600,000円
■移動時の人件費
時給2,000円×4時間×10名×12ヶ月 = 960,000円
■出張手当
日当 1,000円×10名×12ヶ月 = 120,000円

出張関連費用削減 \4,680,000円/年

試算の前提条件: 出張の現状
  • 毎月10名が東京大阪間を飛行機で日帰り出張
    (試算を単純にするために東京-大阪間に設定しましたが、北海道や九州など遠方になるほどさらに経費が増大します。)
    • 平均移動時間 片道2時間