ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft SQL Server
  4. SQL Server 2008 R2
  5. 特長/機能
  6. 注目の新機能
ここから本文です。

SQL Server 2008 R2 - 注目の新機能

SQL Server 2008 R2 では、以下のような 4 つの機能が新しく追加されています。

セルフサービス ビジネス インテリジェンス

SQL Server 2008 R2 では、データウェアハウスの構築から、全社員のセルフサービスによるデータの可視化と共有までを、迅速かつ的確に意思決定可能とする先進のビジネス インテリジェンス ソリューションを提供します。

Microsoft SQL Server PowerPivot for Excel 2010

  • 使い慣れた Office Excel を使用して SQL Server をはじめとする各種データソースから取り込んだデータを、 PC のメモリ上で高速に分析できるようになりました。
  • ピボットテーブルやグラフなどの機能により、高精度な結果をわかりやすく可視化することができます。
  • ビジネスの状況や傾向を迅速かつ的確に把握できます。

Microsoft SQL Server PowerPivot for SharePoint 2010

  • 作成した PowerPivot ワークブックを SharePoint Server 2010 にアップロードすることができます。
  • データ ソースとの接続やアクセス制御を一元管理しながら、ユーザ間でセキュアに共有することができます。

アプリケーション/マルチサーバ管理

アプリケーション/マルチサーバ管理機能により、複数のサーバに分散した SQL Server、 及び DAC (データ層アプリケーション) を監視し、 CPU 使用率やディスク使用率などをグラフで確認することができるようになりました。

マスターデータの統一と一元管理

マスターデータ サービスにより、システムごとに定義や階層が異なるマスターデータから、整合性のある統一されたマスターデータを作成することができます。
また、承認ワークフローやバージョン管理、ロールバックなどの機能が組み込まれた Web ベースのデータ スチュワード ポータルにより、マスターデータの作成・編集・更新・公開・アクセス制御などについて一元的に管理することができます。

ストリーム データの高速な処理と分析

SQL Server 2008 R2 の StreamInsight (ストリーム インサイト) を利用することで、 RFID やセンサーを搭載した各種デバイス、 Web サーバ、トレーディング システムなどからストリーミングされる大量のイベントを高速に処理し、動的な監視および分析を行うことができます。
また、複数のソースにまたがるイベントと既存データを相互に関連付けた分析も行うことができ、リアルタイムな状況把握を可能とします。



Microsoft(R), SQL Server は米国マイクロソフト社の登録商標です。
SQL Server は、米国 Microsoft Corporation の米国および、その他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている製品名、会社名などは、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る