ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft SQL Server
  4. SQL Server 2008 R2
  5. 特長/機能
  6. Business Intelligence
ここから本文です。

SQL Server 2008 R2 - Business Intelligence

現在のビジネスでは、BI (Business Intelligence) は、役割に応じた意思決定を的確かつ迅速に行うためのツールとして機能することが求められています。 SQL Server 2008 R2 では、Reporting Services が強化され、全社員向けのデータ活用ソリューションを実現します。

セルフサービス ビジネス インテリジェンス

Excel 及び SQL Server 2008 R2 用の PowerPivot for Excel によって、複数のソースからのデータを統合したインタラクティブなモデリングや大量のデータ分析を可能にする Excel のアドインです。
また、Microsoft SQL Server PowerPivot for SharePoint 2010 によるデータ モデルとレポートのシームレスな共有がサポートされています

使い慣れたデスクトップで高速なデータ分析ができる

SQL Server 2008 R2 の PowerPivot for Excel 2010 により、使い慣れた Office Excel を使用して、 SQL Server をはじめとする各種データソースから取り込んだデータを、PC のメモリ上で高速に分析することができます。ピボットテーブルやグラフ等の機能により、高精度や結果をわかりやすく可視化できるため、ビジネスの状況や傾 向を迅速かつ的確に把握することが可能です。

PowerPivot ワークブックをセキュアに共有できる

SQL Server 2008 R2 の PowerPivot for SharePoint により、作成した PowerPivot ワークブックを SharePoint Server 2010 にアップロードし、データソースとの接続やアクセス制御を一元管理しながら、ユーザ間でセキュアに共有することができます。

Reporting Services

標準のチャート機能、Web レポート機能が強化されています。 Office と同じインターフェイスを備えた開発ツールにより、本格的なレポートを作成することができます。

Spatial (地理・空間) データのサポート

地球上の緯度・軽度情報を格納できるデータ型をサポートしています。点 (Point) や範囲 (Polygon) などの Spatial データにより、距離・面積・重なり部分などを Transact-SQL から取得可能です。さらに、レポートビルダー 3.0 を使用することで、ESRI Shape ファイルや Bing Maps、 SQL Server に格納された Spatial データを使用した地図レポートを作成することができます。



Microsoft(R), SQL Server は米国マイクロソフト社の登録商標です。
SQL Server は、米国 Microsoft Corporation の米国および、その他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている製品名、会社名などは、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る