ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Microsoft SQL Server
  4. SQL Server 2008 R2
  5. 特長/機能
  6. データウェアハウス
ここから本文です。

SQL Server 2008 R2 - データウェアハウス

近年、扱うデータ量の増大や大容量ストレージの登場などにより、大規模なデータウェアハウスを構築するケースも増加傾向にあります。しかしながら、その増加傾向に従ってクエリパフォーマンスの低下や、ストレージコストの増大、バックアップ時間の増加など、システムの運用に密接に関連する課題もまた、増加しているのが現状です。 SQL Server 2008 では、以下に示すデータ圧縮やバックアップ圧縮等の技術により、大規模データウェアハウスにおける性能の向上を可能にします。

データ圧縮

データ圧縮を行うことにより、テーブルに格納されるデータそのものが圧縮され、データベース全体のサイズを縮小することができます。これにより、ストレージコストが削減され、ディスク I/O 数が抑制されるため、結果としてクエリのパフォーマンス向上に繋がります。また、圧縮されたデータは通常のデータと同様に扱うことができるため、アプリケーションに対する変更なしに、パフォーマンスを向上することが可能となります。

バックアップ圧縮

SQL Server 2008 では、データベース上のデータを圧縮しながら高速にバックアップを行うことができます。圧縮によりバックアップサイズが通常よりも縮小されるため、ディスク I/O が減少し、より短時間でバックアップ・リストアを行うことができるようになりました。また、圧縮によってバックアップファイルのサイズが縮小されることで、メディア 1 つあたりに保存することの出来るバックアップファイルが増加し、コストの節約にも繋がります。



Microsoft(R), SQL Server は米国マイクロソフト社の登録商標です。
SQL Server は、米国 Microsoft Corporation の米国および、その他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている製品名、会社名などは、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る