ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 総務ソリューション
  4. クラウド型メンタルヘルス対策支援システム
ここから本文です。

クラウド型メンタルヘルス対策支援システム

  • 課題:
    • 生産性向上
    • 効率化

お客さまの課題ストレスチェック義務化への対応、メンタル不調の予防対策で困っている

総務ご担当者の声

  • ストレスチェックの実施にあたっては、法制度に沿った運用・規定の作成が必要。
    総務部内で一から体制・仕組みを作るとなると、膨大な時間がかかってしまうわ。
  • この制度の目的は、従業員の「メンタルヘルス不調の未然防止」、「従業員自身のストレスへの気付きを促すこと」、「職場環境の改善」と聞いたが、何をどのように進めていけば良いのかが、そもそもよくわからない。
  • ストレスチェックの調査結果や分析結果の閲覧制限など、セキュリティ対策も踏まえた運用体制をちゃんと整えないと、従業員だけでなく、企業の不利益になることが起こり得るかも・・・。

2015年12月より、企業に対して年1回、従業員へのストレスチェックを行うことが義務化されました。
これにより、50名以上の事業場は、法律への迅速な対応が急務となります。
ストレスチェックの実施期限(*1)が迫る中、総務部門では
「自社の特性に合わせた運用やケアの体制を、どうやって構築すればよいのか?」
「医師から提出された集計結果を、職場環境の改善につなげる方策がわからない」
といったことに悩まれるケースが見受けられます。
NECでは、総務部門のこうした現状を踏まえ、ストレスチェック義務化の対応をサポートする「クラウド型メンタルヘルス対策支援システム」の提供を開始しました。

  • (*1):1回目の実施期限は、2016年11月30日

解決策のご提案制度への対応に不可欠なしくみづくりを通じてサポートします。

メンタルヘルス対策支援システム」は、厚生労働省研究班の成果物である「職業性ストレス簡易調査票(BJSQ)」をベースにした「セルフチェック」機能で従業員のストレス状況を把握し、従業員にストレスへの気付きを促すことができます。

また、独自開発の分析ツールにより、職場ごとの平均値を一覧で表示するなど、詳細な分析レポートによってストレス状況を可視化する「ラインケア」機能を有しており、職場環境の改善活動を効果的に推進します。

加えて、カウンセリング手法にも用いられる認知行動療法を用いることで、従業員自身が心の健康について理解し、ストレスに対処する力を伸ばせる「セルフケア」ツールを備えています。

拡大するしくみづくりの3要素

1.NECのメンタルヘルス対策支援システム

「メンタルヘルス対策支援システム」は、「セルフチェック」「ラインケア」「セルフケア」の3つの機能で構成されたICTサービスです。

拡大する「メンタルヘルス対策支援システム」の全体概要

拡大する「セルフチェック」機能入力画面イメージ

拡大する「ラインケア」機能詳細レポートイメージ

期待される効果

1.ストレスチェックの運用に不可欠な機能がクラウド型のサービスで提供され、改正労働安全衛生法にも完全対応。セキュリティ対策への不安も払しょくします。

2. 「ストレスチェックの実施」→「分析」→継続的な「改善」サイクルをICTでサポートし、総務部門の負荷を軽減します。

3.部門ごとのストレス状態が「見える化」できるため、メンタルヘルス不調を未然に防止するには「どう対処すべきか」という踏み込んだ策を打ち出せるメリットがあります。

4. NECが医療システム構築などで長年養ったセキュリティ対策を適用。検査結果の閲覧制限や改ざん防止など、ユーザ権限に応じた機能を提供しています。

本製品・サービスの詳細情報

総務部のお悩みを解決!お役立ち情報が満載

法令改正への対応や、業務の⽣産性向上策など課題の多いテーマについて、事例やホワイトペーパーを多数そろえています。

第一回目の実施期限は、2016年11月30日と迫る「ストレスチェック制度」。制度の概要やポイント、実施の流れを知りたい方は必見です。
その他、「マイナンバーの安全対策 企業が押さえるべきはココ!(ITmedia掲載記事)」など、とっておきの情報もダウンロードいただけます。

資料ダウンロード

会員登録(無料)が必要です。

NECの総務ソリューションのご紹介

NECがご提案する、総務部門の課題を解決するソリューション。
マイナンバー、ストレスチェックなど、法律により義務づけられた各種制度への対応、管理系業務の効率化による⽣産性向上策など、総務部⾨の担当者様が抱える課題の解決に向けて、NECはソリューションを体系化しています。

  • 課題:
    • 生産性向上
    • 効率化

ページの先頭へ戻る