Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

SORTKIT/Enterprise Ver6.2 リリース

「SORTKIT/Enterprise for Windows V6.2」

2014年04月07日 発売

SORTKIT/Enterprise for Windows V6.2強化概要

SORTKIT/Enterprise Ver6.1から以下の内容を強化し、V6.2にバージョンアップしました。

  • マージ処理用性能チューニングパラメータを追加
    マージ処理で確保するメモリサイズを指定するパラメータを追加しました。大きなメモリを指定することで性能が向上する場合に有効です。
  • 作業ファイルを使用するソート向け新コマンドを追加
    作業ファイルを使用するソートの性能向上を目的としたソートコマンド(nsortf)を追加しました。

製品体系・ライセンスについて

製品体系やライセンスについては「製品体系(Windows版 SORTKIT/Enterprise for Windows V6.2以降)」をご覧ください。
製品体系・ライセンスがSORTKIT/Enterprise Ver6.1以前から変更になりましたのでご注意ください。(Ver6.1以前はサーバライセンスと追加ライセンス(ターミナルサービスライセンスなど)を組み合わせたライセンス体系でしたが、V6.2以降はCPUライセンスに変更になりました)

注意・制限事項

  • 本バージョンは、Windows 2000 Server、Windows Server 2003/2003 R2/2008に対応しておりません。各製品の動作環境の詳細はこちらをご覧下さい。
  • SORTKIT/Enterprise for Windows V6.2のサポートOSの変更にともない、32bit OS向けやIPF OS向けのインストーラは含まれていません。
  • 本バージョンは、製品体系・ライセンスが変更になりました。(Ver6.1はサーバライセンスと追加ライセンス(ターミナルサービスライセンスなど)を組み合わせたライセンス体系でしたが、V6.2以降はCPUライセンスに変更になりました)
    詳細は、「製品体系(Windows版 SORTKIT/Enterprise for Windows V6.2以降)」をご覧ください。
  • ソート/マージ性能は、HWスペックの他、Windowsや他のプログラムの影響を受けます。そのため、ソート/マージを同じデータで行った場合も、Windowsのバージョンにより性能が変わる場合があります。