Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

Linux版 SORTKIT Ver1.0 修正モジュール

2009年06月02日 公開
2013年08月23日 更新

Linux版SORTKIT Ver1.0の修正モジュールを公開致しました。

※ 「Linux版SORTKIT Ver1.1修正モジュールの公開について」に記載している現象はVer1.0でも発生致します。なお、当現象に対するVer1.0向けの修正モジュールの提供時期は、現時点では未定です。

1.該当製品

  • SORTKIT(32bit版) Ver1.0 <型番:UL4200-001>
  • SORTKIT(x64版) Ver1.0 <型番:UL4200-002>

2.修正事項

以下の条件に当てはまる場合、nsortコマンド(※)、または、SORTKITを使用した32bitモードのC言語アプリケーションがセグメンテーションフォルトを起こし、異常終了する場合がある件を修正致しました。

  • 可変長レコード形式のデータを入力としたソート
  • 64bit OS上で実行

(※) SORTKIT(32bit版)の場合のみ該当します。SORTKIT(x64版)に含まれるnsortコマンドは、本現象は発生しません。

3.修正モジュール

ご利用の製品に対応した修正モジュールを下記リンクよりダウンロードして修正モジュールの適用を行ってください。
修正モジュールの適用方法は、ダウンロードしたファイルに含まれるreadme.txtをご参照ください。

製品 修正モジュール 形式 サイズ
SORTKIT(32bit版) Ver1.0 SORTKIT(32bit版) Ver1.0向け修正モジュール tar+gzip 768KB
SORTKIT(x64版) Ver1.0 SORTKIT(x64版) Ver1.0向け修正モジュール tar+gzip 518KB

なお、PP・サポートサービスをご契約頂いている場合、ご契約者様向けサイトよりダウンロードすることも可能です。

4.その他

SORTKIT Ver1.1では、本現象は発生しません。