Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

NX7700iシリーズ SORTKIT R10.1 リリース

NX7700iシリーズ 「SORTKIT(IPF) R10.1」

2008年05月30日 発売

SORTKIT(IPF) R10.1強化概要

NX7700iシリーズ SORTKIT(IPF) R8.4から以下の内容を強化し、R10.1にバージョンアップしました。

  • Unicodeデータ対応
    UCS-2(ビッグエンディアン、リトルエンディアン)のデータをキーとしたソートが可能になりました。
  • フィールドオリジン指定機能対応
    システムに合わせてオリジンを指定できるため、システム構築時やマイグレーションなどの移行性向上に効果があります。
    オリジンについては、こちらをご覧下さい。
  • 最大メモリサイズの拡大
    64bitモードの指定可能なメモリサイズの最大値を4TBから8EBに拡大しました。

ライセンスについて

SORTKIT(IPF) R10.1のライセンス形式は、PPL(プロセッサベースライセンス)となります。 ご使用になるマシンに実装されているCPU数分のライセンスを購入してください。

SORTKIT(IPF) R10.1は、以下の製品がリリースされています。

  • SORTKIT(IPF)
    基本製品(媒体及び2CPU分ライセンス)
  • SORTKIT(IPF)CPUライセンス
    追加ライセンス製品(基本製品に対して1CPU分のライセンスを追加)

SORTKIT(IPF)のインストールには、基本製品の購入が必須です。ご使用になるマシンまたはパーティションに実装されたCPU数によって、基本製品に追加ライセンス製品を追加購入してください。
パーティション構成の場合はインストールするパーティションごとに、基本製品を購入する必要があります。
また、CPU数はコア数で数えます。例えば、デュアルコアモデルの場合、1プロセッサにつき2CPU分のライセンスが必要です。

ライセンスの詳細につきましては、こちらもご覧ください。

注意事項

  • GUIは使用できません。
  • SORTKIT(IPF) R10.1は、従来製品(NX7000シリーズ)からのバージョンアップはできません。新規購入となります。
  • HP-UX 11iv3で使用する場合の注意事項はこちらをご覧ください。
  • 7000シリーズ(「Intel® Itanium® プロセッサー9300番台」搭載モデル)には対応しておりません。