Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

SORTKIT for Terminal Service Ver7.0 リリース

「SORTKIT for Terminal Services Ver7.0」

2001年01月05日 発売

「Open COBOL Factory 21/SORTKIT for Terminal Services Ver7.0」

2000年10月31日 発売

Windows 2000ターミナルサービス対応製品概要

  • Windows 2000ターミナルサービス、または、Citrix MetaFrame 1.8を利用して、クライアントマシンでもサーバレベルの高速なソート・マージを実行できます。
  • 複数のクライアントがあるシステムにおいて、各クライアントにSORTKITをインストールする必要がないので、サーバだけでアプリケーション管理ができます。
  • 動作環境などは、こちらを参照してください。

注意事項

  • サーバコンソールからの使用について
    Windows(R) 2000ターミナルサービスのターミナル サービス クライアント、または、Citrix(R) MetaFrame(TM) 1.8 for Windows 2000 ServersのICA クライアントを利用してサーバに接続することで、クライアントからサーバ上のSORTKITを実行することができます。サーバコンソールからは実行できませんので、ご注意ください。
  • 複数クライアントからの同時実行について
    インストールしたサーバマシンに同時に接続するクライアントマシンの1台から実行することができます。複数のクライアントマシンから同時に実行したい場合は、アクセスライセンス製品をお買い求めください。アクセスライセンス製品は、アクセスライセンスで定義された台数のクライアントマシンから、同時にSORTKITを実行する権利を追加します。
  • 推奨環境について
    複数クライアントから同時にSORTKITを実行する場合、処理性能が悪化する可能性があります。これを防ぐために、できるだけ以下のような環境をサーバマシンに用意してください。
CPU数 同時実行数以上
実装メモリサイズ 同時実行する入力データ量の総量以上
テンポラリファイルサイズ 同時実行する入力データの総量の1.5倍以上