Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

Linux版 SORTKIT Ver1.0 リリース

「Linux版SORTKIT リリース」
SORTKIT(32bit版) Ver1.0 SORTKIT(x64版) Ver1.0

2006年06月16日 発売

Linux版 SORTKIT Ver1.0製品概要

  • Linux上で大量データを高速にソート・マージします。
  • 従来のUNIX版SORTKITの豊富な機能をサポートしています。(注)
  • フィールドオリジン指定機能」に対応しています。
    システムに合わせてオリジンを指定できるため、システム構築時やマイグレーションなどの移行性向上に効果があります。
    オリジンについては、こちらをご覧下さい。
  • x64版では、32bit版と比較して大容量のメモリを使用でるため、大規模データをさらに高速処理が可能となります。
    詳細は、32bit版とx64版の性能比較をご覧下さい。

(注)注意・制限事項があります。

Linux版 SORTKIT Ver1.0動作環境

型名 製品名 動作環境
UL4200-001 SORTKIT(32bit版) Ver1.0 [メモリサイズ]:4MB
[HD空き容量]:3.5MB以上
[CPU]:Pentium Pro以上
[OS]
Red Hat Enterprise Linux AS/ES 3(32bit/Intel64) *1
Red Hat Enterprise Linux AS/ES 4(32bit/Intel64) Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform/base server(32bit/Intel64) *2
UL4200-002 SORTKIT(x64版) Ver1.0 [メモリサイズ]: 19MB
[HD空き容量]: 5MB以上
[CPU]: Pentium 4以上(要Intel64対応)
[OS]
Red Hat Enterprise Linux AS/ES 3(Intel64) *1 Red Hat Enterprise Linux AS/ES 4(Intel64) Red Hat Enterprise Linux 5 Advanced Platform/base server(Intel64) *2

*1 Red Hat Enterprise Linux 3で使用する場合の注意事項はこちらをご覧下さい。

*2 Red Hat Enterprise Linux 5で使用する場合の注意事項はこちらをご覧下さい。

Linux sortコマンドとSORTKITの性能比較

下記のグラフは、Linuxのsortコマンドに対するSORTKITの性能比を示したものです。
SORTKITを導入することにより、大幅に作業時間を短縮できます。

[測定条件]

CPU: 64ビット インテル(R) Xeon(TM) プロセッサ 3GHz×2
搭載メモリ: 4GB
OS: Red Hat Enterprise Linux AS4(Intel64)
データ量: 1GB(レコード長101バイト、レコード件数1000万件)
Linux sortコマンドとの比較グラフ

32bit版とx64版の性能比較

下図は64bit版の性能向上効果を示したものです。
大規模なサイズのデータ処理では、大容量の64bitメモリ空間を利用し、大規模データのソート処理をメモリ上で行えることにより高速処理が可能となります。

[測定条件]
CPU: 64ビット インテル(R) Xeon(TM) プロセッサ 3GHz×2
搭載メモリ: 4GB
OS: Red Hat Enterprise Linux AS4(Intel64)
データ量: 2GB(レコード長101バイト、レコード件数2200万件)
IA32vsIntel64

注意・制限事項

  • C言語インタフェース用のライブラリは、共有ライブラリのみをサポートしています。
  • C-ISAMに対応していないため、C-ISAM編成ファイルおよびC-ISAM固有のデータタイプはサポートしていません。
  • Unicodeのデータタイプをサポートしていません。
  • 固定小数点2進数、浮動小数点2進数はUNIX版と異なり、リトルエンディアン形式をサポートしています。

対応するデータ形式の詳細は、こちらをご覧ください。

Red Hat Enterprise Linux 3でご利用いただく際の注意事項

Red Hat Enterprise Linux 3でオンラインマニュアルを参照できるようにするため、以下の作業が必要になります。
添付されているセットアップカードの「1.2 インストール手順」の「5」の後、下記のシェルを実行してください。(rootユーザで実行してください)

  sh /opt/nec/sortkit/share/man/scripts/man_eucJP.sh	

上記の作業後、LANG環境変数を日本語(EUC)に設定することで、オンラインマニュアルを参照できるようになります。


※ 本手順がセットアップカードに記載されている場合はセットアップカードに従ってください。

Red Hat Enterprise Linux 5でご利用いただく際の注意事項 

本製品のCD-R媒体に含まれるライセンス管理ツールは、Red Hat Enterprise Linux 5をサポートしていません。 Red Hat Enterprise Linux 5にSORTKITをインストールされる場合は、 Red Hat Enterprise Linux 5に対応したライセンス管理ツールを以下のリンクからダウンロードしてご使用ください。

(本ライセンス管理ツールについてのお問い合わせ等は、こちらからお願いします)

SORTKITのインストール手順は、以下のセットアップカードをご参照ください。