Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

NX7000シリーズ SORTKIT R7.5/R8.3/R9.2 リビジョンアップ

「 SORTKIT (32bit版) R7.5 」

2006年06月16日 発売

「 SORTKIT (32bit版) R8.3 」 「 SORTKIT (32bit版) R9.2 」

2006年10月31日 発売

NX7000シリーズ SORTKIT(32bit版) R7.4/R8.2/R9.1 を R7.5/R8.3/R9.2 にリビジョンアップし、以下の大規模メモリ環境における不具合について修正を実施しました。

この修正により、大規模メモリを使用してソート処理の性能を向上することができます。

  • 1GB以上のメモリを利用したソート処理が可能となるように修正。
  • 実装メモリが4GB以上の環境において、最大メモリサイズを指定しないでソート処理を実行した場合に、自動確保するメモリサイズが不正になるのを修正。

SORTKIT R7.4/R8.2/R9.1以前からリビジョンアップ時の注意事項

1プロセスで利用可能なメモリサイズが1GB以上の環境の場合、本リビジョンにおける修正により、nsort/nmergeコマンドが使用するメモリのサイズがリビジョンアップ前に比べて増加する場合があります。
そのため、これまで他のプロセスが使用できていたメモリが使用できなくなるなど、他のプロセスに影響が出る可能性がありますのでご注意ください。
SORTKITが使用するメモリの上限を指定する場合は、最大メモリサイズを指定して実行してください。

リビジョンアップ媒体は「リビジョンアップ通知」に従って入手していただけますよう、お願い致します。
(「リビジョンアップ通知」はPP保守契約を締結されているお客様にお配り致しております。)