Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

SORTKIT/Enterprise Ver5.0 リリース

「SORTKIT/Enterprise Ver5.0」

2005年10月06日 発売

SORTKIT/Enterprise Ver5.0製品概要

  • インテル エクステンデッド・メモリ 64 テクノロジ(Intel64)対応
    Itaniumプロセッサファミリ(IPF)への対応に加え、Intel64対応プロセッサの64bitネイティブコードに対応しました。
    Windows Server 2003 x64 Edition上で、64bitメモリ空間を利用して大規模データの高速ソートが可能となりました。
  • Windows Server 2003 x64 Editionに対応

また、以下の不具合を修正しました。

  • 2GB以上のメモリを搭載するマシンで発生する警告メッセージの対応(詳細はこちら)
  • データ実行防止(DEP)有効時のプロセス強制終了の対応(詳細はこちら)

32bit版と64bit(Intel64)版の性能比較

下図は64bit版の性能向上効果を示したものです。
大規模なサイズのデータ処理では、大容量の64bitメモリ空間を利用し、大規模データのソート処理をメモリ上で行えることにより高速処理が可能となります。

[測定条件]
CPU: 64ビット インテル(R) Xeon(TM) プロセッサ 3GHz×2
OS: Windows Server(R) 2003, Enterprise x64 Edition
データ量: 2.5GB、レコード長100バイト
IA32vsIntel64

注意事項

  • SORTKIT/Enterpriseは、32bit版のプログラムと64bit版のプログラムで構成されています。 64bitシステムへインストールすると、32bit版、64bit版の両方がインストールされます。 32bit版と64bit版のプログラムで、使用できるインタフェースが異なります。
インタフェース 32bit版 64bit版 ※1
Cライブラリ ※2
コマンド
ActiveXコントロール ×
GUI ×※3

※1 以下の機能は使用できません。以下の機能を利用する場合は、32bit版を使用してください。

  • IFASPRO形式の入出力ファイル
  • 一時ファイル
  • ファイルマップ機能

※2 以下のケースの場合、再コンパイルが必要です。また、ソース修正が必要な場合もあります。

  • SORTKITおよびSORTKIT/Enterpriseで作成された32bitモードのC言語アプリケーションを64bitネイティブで動作させる場合
  • SORTKIT/Enterprise Ver4.0で作成された、IPFネイティブの64bitアプリケーションをIntel64ネイティブの64bitアプリケーションとして動作させる場合

※3 32bit版GUIで設定したパラメータ入力イメージを保存したパラメータファイルを、64bit版のコマンドで実行することは可能です。

  • 32bit版と64bit版では諸元が異なります。詳細についてはこちらをご覧ください。
  • 64bitバージョンのWindows Server 2003(Windows Server 2003 for Itanium-based Systems、Windows Server 2003 x64 Edition)のInternet Information ServerからCOBOL85Proで作成したサーバコンポーネント(COMコンポーネント)を利用できません。
  • 本バージョンは、Windows NT(R)4.0に対応しておりません。
  • ターミナルサービス経由でのインストールについて
    サーバのOSがWindows2000の場合は、ターミナルサービスクライアントからインストールできません。ローカルマシンでインストールを行ってください。
  • SORTKIT/Enterprise Ver3.1 アクセスライセンス製品のバージョンアップについて
    アクセスライセンスの製品体系が変更になっています。 SORTKIT/Enterprise Ver3.1の追加ライセンスからのバージョンアップは、次の表に示す対応で可能です。
    なお、SORTKIT/Enterprise Ver4.0からアクセスライセンス製品の製品体系は変更ありません。
SORTKIT/Enterprise Ver3.1の
追加ライセンス製品(旧バージョン)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0の
追加ライセンス製品(新バージョン)
SORTKIT for Terminal Services Ver7.2
1アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
1ターミナルサービスアクセスライセンス (ESS)
SORTKIT for Terminal Services Ver7.2
5アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
5ターミナルサービスアクセスライセンス (ESS)
SORTKIT for Terminal Services Ver7.2
20アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
20ターミナルサービスアクセスライセンス (ESS)
SORTKIT for COBOL85 Pro サーバコンポーネント Ver7.2
1アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
1サーバコンポーネントアクセスライセンス (ESS)
SORTKIT for COBOL85 Pro サーバコンポーネント Ver7.2
5アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
5サーバコンポーネントアクセスライセンス (ESS)
SORTKIT for COBOL85 Pro サーバコンポーネント Ver7.2
20アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
20サーバコンポーネントアクセスライセンス (ESS)
SORTKIT for COBOL85 Pro サーバコンポーネント Ver7.2
50アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
50サーバコンポーネントアクセスライセンス (ESS)
SORTKIT for COBOL85 Pro サーバコンポーネント Ver7.2
100アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
100サーバコンポーネントアクセスライセンス (ESS)
SORTKIT for COBOL85 Pro サーバコンポーネント Ver7.2
無制限アクセスライセンス (ESS)
SORTKIT/Enterprise Ver5.0
無制限サーバコンポーネントアクセスライセンス (ESS)