Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

SORTKIT Windows Server 2003 SP1以降/R2/x64 Edition 対応情報

下記OSの対応情報を記載しています。

  • Windows Server 2003 Service Pack 1 以降
  • Windows Server 2003 for Itanium-based Systems Service Pack 1 以降
  • Windows Server 2003 x64 Edition
  • Windows Server 2003 R2
  • Windows Server 2003 R2 x64 Edition
  • Windows XP Professional x64 Edition

1.SORTKIT製品の各OS対応状況と注意・制限事項について

SORTKIT製品の各OS対応状況は、こちらをご確認下さい。

なお、各Windows OSに対応しているSORTKIT製品のうち、以下の製品については注意・制限事項があります。 注意・制限事項の詳細については、こちらをご確認下さい。

  • Windows Server 2003 Service Pack 1 以降
    Windows Server 2003 R2
型名 製品名
UL1200-404 SORTKIT/Enterprise Ver4.0
UL1200-C01 SORTKIT for Server Ver7.2
UL1200-106 SORTKIT for Terminal Services Ver7.2
UL1200-403 Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for Server Ver7.2
UL1200-205 Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for Terminal Services Ver7.2

* SORTKIT/Enterprise Ver5.0以降、SORTKIT for Server Ver8.0, SORTKIT for Terminal Services Ver8.0には注意・制限事項はございません。

  • Windows Server 2003 for Itanium-based Systems Service Pack 1 以降
型名 製品名
UL1200-404 SORTKIT/Enterprise Ver4.0
UL1200-C01 SORTKIT for Server Ver7.2
UL1200-106 SORTKIT for Terminal Services Ver7.2
UL1200-403 Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for Server Ver7.2
UL1200-205 Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for Terminal Services Ver7.2

* SORTKIT/Enterprise Ver5.0以降、SORTKIT for Server Ver8.0, SORTKIT for Terminal Services Ver8.0には注意・制限事項はございません。

  • Windows Server 2003 x64 Edition
    Windows Server 2003 R2 x64 Edition
型名 製品名
UL1200-C01 SORTKIT for Server Ver7.2
UL1200-106 SORTKIT for Terminal Services Ver7.2
UL1200-403 Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for Server Ver7.2
UL1200-205 Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for Terminal Services Ver7.2

* SORTKIT/Enterprise Ver5.0以降、SORTKIT for Server Ver8.0, SORTKIT for Terminal Services Ver8.0には注意・制限事項はございません。

* SORTKIT/Enterprise Ver4.0は、Windows Server 2003およびWindows Server 2003 R2のx64 Editionに対応しておりません。本OS上でSORTKIT/Enterprise製品を使用する場合は、SORTKIT/Enterprise Ver5.0以降をご使用ください。

  • Windows XP Professional x64 Edition
型名 製品名
UL0200-B02 SORTKIT for PC Ver7.2
UL0200-303 Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for PC Ver7.2
UL0200-A02 SORTKIT Ver7.0(Windows98/Windows 2000版)

* SORTKIT for PC Ver8.0には注意・制限事項はございません。

2.注意・制限事項について

2-1.2GB以上のメモリを搭載するマシンで発生するエラーについて

  • 現象
    2GB以上のメモリを搭載するマシンでSORTKITを使用した際に下記のワーニングエラーが発生することがあります。
    なお、ワーニングエラーが発生してもソート/マージ処理は正常に行われます。
エラー番号/レベル 093/WARNING
エラーメッセージ illegal size given for maximum grow memory size.
assumed **k byte
最大拡張メモリサイズの指定が不正です.
**k byteとして処理します
  • 発生条件
    以下のOSで32bitのコマンド(nsort,nmerge)やGUI(Xnsort,Xnmerge)およびSORTKITを利用した32bitアプリケーションを実行した際に発生します。

    • Windows Server 2003 for Itanium-based Systems Service Pack 1 以降
    • Windows Server 2003 x64 Edition
    • Windows Server 2003 R2 x64 Edition
    • Windows XP Professional x64 Edition

  • 回避方法
    SGファイルやパラメータファイル等で最大メモリサイズ(MAXMEM)を設定してソート/マージを実行してください。

  • 修正バージョン
    以下の製品は、下記RURを適用することで修正されます。
    • SORTKIT/Enterprise Ver4.0用 第1回RUR
    • SORTKIT for Server Ver7.2用 第1回RUR
    • SORTKIT for Terminal Services Ver7.2用 第1回RUR
    • SORTKIT for PC Ver7.2用 第1回RUR
    • Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for Server Ver7.2 第1回RUR
    • Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for Terminal Services Ver7.2 第1回RUR
    • Open COBOL Factory 21 / SORTKIT for PC Ver7.2 第1回RUR

また、以下のバージョン以降の製品は修正されています。

  • SORTKIT/Enterprise Ver5.0

以下の製品について、修正モジュールは公開致しませんので、
SORTKIT Ver 7.2にバージョンアップした後、RURを適用することで対処してください。

  • SORTKIT Ver7.0(Windows98/Windows 2000版)

2-2.データ実行防止(DEP)有効時の動作について

Windows Server 2003 SP1以降ではコンピュータのセキュリティを強化するためDEP機能が追加されました。
この機能が有効な場合、以下の現象が発生します。

  • 現象
    32bitのコマンド(nsort,nmerge)やGUI(Xnsort,Xnmerge)およびSORTKITを利用した32bitアプリケーションを実行した際に、処理が中断されプロセスが終了します。

  • 対象OS
    • Windows Server 2003 Service Pack 1 以降
    • Windows Server 2003 for Itanium-based Systems Service Pack 1 以降
    • Windows Server 2003 R2

  • 対象製品
    • SORTKIT/Enterprise Ver4.0

  • 回避方法
    1. [コントロールパネル]の[システム]を開きます。
    2. [詳細設定]タブの[パフォーマンス]の[設定(S)]ボタンを押して[パフォーマンス オプション]が開きます。
    3. [データ実行防止]タブで[追加(D)]ボタンを押して該当のプログラムを追加します。

SORTKITのコマンド・GUIのインストール場所は以下の通りです。

  • SORTKIT/Enterprise を 64bit OS 上にインストールしている場合
    • インストールフォルダ¥bin¥nsort32.exe
    • インストールフォルダ¥bin¥nmerge32.exe
    • インストールフォルダ¥bin¥Xnsort.exe
    • インストールフォルダ¥bin¥Xnmerge.exe

  • SORTKIT/Enterprise を 32bit OS 上にインストールしている場合
    • インストールフォルダ¥bin¥nsort.exe
    • インストールフォルダ¥bin¥nmerge.exe
    • インストールフォルダ¥bin¥Xnsort.exe
    • インストールフォルダ¥bin¥Xnmerge.exe

  • 修正バージョン

    下記RURを適用することで修正されます。

    • SORTKIT/Enterprise Ver4.0用 第1回RUR

    また、以下のバージョン以降の製品は修正されています。

    • SORTKIT/Enterprise Ver5.0