Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

SORTKIT - 導入効果

SORTKITは次のようなシーンでご利用いただけます。

バッチ処理が間に合わない!

バッチ処理の処理時間を短縮したい

システムで扱うデータ量の増加や、システム運用時間の長期化によるバッチ実行に使用できる時間の減少など、バッチ処理の既定時間内の完了が困難となっているような場合、ソート/マージ処理をSORTKITに置き換えることで、処理時間を短縮できる場合があります。

  • OS標準sortコマンドSORTKITのコマンドへ置き換える

    HP-UX(IPF) sortコマンドとの性能比較グラフ

    ※詳細や上記以外の比較は、性能比較(Windows)性能比較(Linux)性能比較(UNIX)をご参照ください。

  • Windows版NEC COBOL85のソート処理SORTKITを使うように変更する

    COBOL85整列・併合処理の高速化グラフ

    ※詳細は、性能比較をご参照ください。

  • お客様作りこみのソート処理アプリケーションSORTKITのコマンドへ置き換える

大量メモリを活かして大規模(大量)データのソートを高速に行いたい

64bitネイティブ対応をしており、大容量の64bitメモリ空間を利用して処理を行うことで、より高速処理が可能です。

IA32vsIntel64

※詳細や上記以外の比較は、Windows版の32bit版と64bit(Inter64)版の性能比較Linux版の32bit版とx64版の性能比較をご参照ください。


<関連ページ>

ソート・マージツールを手軽に導入したい!

ソート、マージ、集計などを手軽に行いたい

コマンドで実行(オプション指定、パラメータファイルを使った指定が可能)できるため、新たにプログラムを作成する必要がありません。そのため、既存のWindowsのBATファイルやUNIX/Linuxのシェルなどに簡単に組み込むことが可能です。

また、単純なソート/マージ以外にもパック10進数、アンパック10進数をキーとした処理、条件に一致したレコードの選択/削除や集計機能、固定長レコード、索引編成ファイルのサポートなど、多様な機能を備えており、これらの機能をコマンドオプションやパラメータファイルで利用することが可能です。

また、C言語インタフェースも提供しているため、お客様のC言語アプリケーションからの利用も可能です。

<関連ページ>

手間を掛けずに導入したい

インストール時の設定項目は、標準的なもののみであるため、一般的なソフトウェアのインストールを行ったことがある方であれば、どなたでもインストール可能です。
また、通常、インストール後の特別な設定やチューニングなどは不要なため、すぐにご利用いただけます。

<関連ページ>

ソート・マージ処理と同時にデータ処理も行いたい!

以下の多様なデータ処理がコマンドオプションやパラメータファイルの指定のみで簡単に実現可能です。

全売上データを部門単位に分割

レコード選択/削除機能と複数ファイル出力機能を組み合わせてご利用いただくことで、特定の条件に一致したデータを、別々のファイルに出力することが可能です。

レコード選択+複数出力ファイル

<関連ページ>

レコード選択+複数出力ファイル

簡単なトランザクション処理

同値キーレコード削除機能をご利用いただくことで、同値キーのレコード情報を更新することが可能です。

同値キーレコード削除

<関連ページ>

レコードの一部のフィールドのマスク

レコード再編成機能をご利用いただくことで、特定のフィールドを削除したり、固定データに置き換えたりすることが可能です。

<関連ページ>

異なるファイルフォーマットのデータを扱いたい

テキストファイル、順編成ファイル、索引順編成ファイルなど様々なファイル形式をサポートしています。
固定長レコード形式の場合、異なるファイル形式を混在しての利用も可能であるため、複数の異なるファイル形式のファイルを入力して、別のファイル形式で出力することなども可能です。

<関連ページ>

処理したレコード件数などをログ出力したい

実行レポート出力機能により、ソートを実行したファイルやレコード情報等をログファイルや標準出力へ出力することが可能です。

<関連ページ>

オープン化・マルチプラットフォームにも対応!

メインフレームでのSORT、MERGEをオープン上で実現したい

単純なソート/マージ処理、メインフレームで使われるようなパック10進数、アンパック10進数をキーとした処理、条件に一致したレコードの選択/削除や集計機能、固定長レコード、索引編成ファイルのサポートなど、多様な機能を備えています。

<関連ページ>

システムに異なるOSが混在しているが、システム構成を同一にしたい

Windows、Linux、HP-UX、Solarisをサポートしており、同じ操作体系でご利用いただけます。

<関連ページ>