Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

SORTKIT - コマンドインタフェース

コマンドインタフェースでは、ソートのパラメータをコマンドラインで指定する方法とパラメータファイル中に記述して指定する方法の2通りの方法があります。
nsort,nmergeコマンドをバッチファイルに組み込んで、アプリケーションの前処理や後処理に利用することが可能です。

SORTKIT 使用例

Windows版 コマンドラインオプション

コマンド名(nsortまたはnmerge)に続いてコマンドラインオプションを指定する方法。

使用例

コマンドプロンプトからSORTKITを起動します。
[nsort]
  入力ファイル :data2(可変長レコード)
  出力ファイル :data2.out
  ソートキー  :開始位置  0フィールド目 [+0]
         :終了位置  1フィールド目 [-1]
[nsort +0 -1 -o data2.out data2]

コマンド実行例

コマンドイメージ

UNIX版、Linux版 コマンドラインオプション

コマンド名(nsortまたはnmerge)に続いてコマンドラインオプションを指定する方法。

使用例

コマンドプロンプトからSORTKITを起動します。
[nsort]
  入力ファイル :data1(可変長レコード)
  出力ファイル :data1.out
  ソートキー  :開始位置  0フィールド目 [+0]
         :終了位置  1フィールド目 [-1]
[nsort +0 -1 -o data1.out data1]

コマンド実行例

コマンドイメージ

パラメータファイル

コマンド名(nsortまたはnmerge)に続いてパラメータファイル名を指定する方法。

使用例

nsort -p prmfile                  : パラメータファイル

[prmfile(パラメータファイル)の例]

INFILE infile1 infile2 infile3    : 入力ファイル
OTFILE outfile                    : 出力ファイル
MINMEM 512                        : 最小メモリサイズ
MAXMEM 2048                       : 最大メモリサイズ
DIFILE dirfile                    : ディレクティブファイル
Q                                 : パラメータの終了

[dirfile(ディレクティブファイル)の例]

/FUNCTION DUPREC=KPFST            : 同値キーレコードの処理
/RECORD   KEY=F3,T4,F1,T2,REAL,RV : キー
/END                              : ディレクティブの終了