Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

Empowered by Innovation NEC

SORTKIT ActiveXコントロール プログラミング例(Visual Basic)

' 可変長レコード可変長フィールドのファイル入出力インタフェース
' サンプルプログラム
'
' 入力ファイル : exp.in
' 出力ファイル : exp.out
' フィールド分離文字 : ブランク
' ソートキー  : その1 1フィールド目
'          その2 3フィールド目
' キー比較時オプション : ソートキー その2-数値比較

Sub main()
Dim Sort As Object
Dim Ret

'SORTKITオブジェクトの作成
Set Sort = CreateObject("Sortkit.Sortkit")

'レコード/キー形式:可変長
Sort.RecordFormat = NsktVariableRecordVariableField
'最小メモリサイズ
Sort.MinMemorySize = 64
'最大メモリサイズ
Sort.MaxMemorySize = 1024
'実行情報出力ファイル
Sort.ExecuteReportFileName = "exp.rep"
Sort.ExecuteReportTitle = "===== sample program ====="


'キーフィールドの設定
'文字コード:ASCII
Sort.VariableKeys.Code = NsktASCII

'ソートキー開始フィールド:0フィールド目
'ソートキー開始バイト位置:0バイト目
'ソートキー終了フィールド:1フィールド目
'ソートキー終了バイト位置:0バイト目
Ret = Sort.VariableKeys.Add(0, 0, 1, 0)
If Ret = -1 Then      'エラー
   Sort.AllRemove     '設定パラメータの削除
   Set Sort = Nothing 'オブジェクトの削除
   End
End If

'ソートキー開始フィールド:2フィールド目
'ソートキー開始バイト位置:0バイト目
'ソートキー終了フィールド:3フィールド目
'ソートキー終了バイト位置:0バイト目
'キー比較時オプション:数値比較
Ret = Sort.VariableKeys.Add(2, 0, 3, 0, NsktNumeric)
If Ret = -1 Then
   Sort.AllRemove
   Set Sort = Nothing
   End
End If

'入力ファイルの設定
'ファイル名:exp.in
'ファイルタイプ:テキスト
Ret = Sort.InputFiles.Add("exp.in", NsktStream)
If Ret = -1 Then
   Sort.AllRemove
   Set Sort = Nothing
   End
End If

'出力ファイルの設定
'ファイル名:exp.out
'ファイルタイプ:テキスト
Ret = Sort.OutputFiles.Add("exp.out", NsktStream)
If Ret = -1 Then
   Sort.AllRemove
   Set Sort = Nothing
   End
End If


'ソート処理開始
Ret = Sort.Execute(NsktExecuteSort, NsktFileInFileOut)
If Ret = -1 Then
   Sort.AllRemove
   Set Sort = Nothing
   End
End If

Sort.AllRemove
Set Sort = Nothing
End Sub