サイト内の現在位置

働き方の見える化による個人、組織の意識の改革、行動の改善

働き方を見える化し、定量的に捉えることで、業務プロセス改革や長時間労働対策を実現、また適切な人材活用を支援します。

労働基準法の改定により、企業にとって長時間労働の是正が喫緊の課題となっています。この問題の解決にはまず、勤務時間や業務内容を可視化し正確に把握することが重要です。実態が見えることで、業務の効率化を検討するデータが得られ、従業員の働き過ぎを防止し、無駄のない効率よい業務設計が可能となります。可視化を機に従業員自身の業務に対する意識改善や、人事戦略・人材育成による人材マネジメントをサポートします。

働き方改革TOPへ