サイト内の現在位置

テレワーク等で時間と場所の自律的デザイン

ワークライフバランスを保った働き方を支援します。

少子高齢化や、子育てや介護による離職など労働人口の減少が懸念される中、労働力の確保、企業競争力の維持・向上に対策が必要です。

テレワークの活用により従業員はライフスタイルに応じ、自ら勤務時間や場所を選択することで、ワークライフバランスを保ち、働くことへの満足度が高まります。その結果、生き生きと働く従業員が増え、企業成長へつながります。またこうした勤務環境は、災害時のBCP対策としても有効です。

この課題を解決するNECのソリューション

働き方改革TOPへ