ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 宇宙ソリューション
  4. テクノロジー
  5. 人工衛星・探査機
  6. 科学探査
ここから本文です。

科学探査の領域

すいせい

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
すいせい(PLANET-A) 1985年8月 76年ぶりに接近したハレー彗星の観測(国際協力探査計画) 日本で初めて地球重力圏から脱出。「さきがけ」、海外の探査機とともに「ハレー艦隊」と呼ばれた。

あけぼの

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
あけぼの(EXOS-D) 1989年2月 オーロラ観測衛星  

ひてん

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
ひてん(MUSES-A) 1990年1月 軌道の精密標定・制御・高効率データ伝送技術の習得、月スイングバイ実験、地球によるエアロブレーキ実験、月周回軌道への衛星投入など 世界初の2重月スイングバイ同期軌道技術習得および地球による軌道変更(エアロブレーキ)実験成功、日本初の月周回衛星「はごろも」軌道投入、1993年月の着陸フレネリウス・クレーターに落下。

ようこう

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
ようこう(SOLOAR-A) 1991年8月 太陽活動極大期における太陽フレアの高精密度観測 アメリカの天文雑誌「Sky&Telescope」誌では「20世紀の天体写真ベスト10」に選ばれる

ジオテイル

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
ジオテイル(GEOTAIL) 1992年7月 地球磁気圏尾部の構造とダイナミクスの研究を目的とした観測衛星 中曽根首相とレーガン大統領が取り決めた日米国際協力プロジェクトのひとつ

あすか

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
あすか(ASTRO-D) 1993年2月 宇宙空間の星・銀河のX線観測、銀河団等宇宙最深部X線調査 世界初の宇宙X線の精密な分光と撮影を可能とした人工衛星

はるか

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
はるか(MUSES-B) 1997年2月 大型精密展開構造機構等の研究、VLBIに必要な位相同期等の試験 世界初のスペースVLBI観測を実施した電波望遠鏡衛星 ハッブル宇宙望遠鏡の300倍の分解能

のぞみ

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
のぞみ(PLANET-B) 1998年7月 火星上層大気の構造・運動、特に太陽風と相互作用の研究 2003年12月火星に接近した日本初の探査機
27万人の人々の名前が刻

はやぶさ

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
はやぶさ(MUSES-C) 2003年5月 小惑星イトカワの科学観測 世界初のサンプルリターンを成し遂げた探査機
2010年6月 地球帰還

すざく

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
すざく(ASTRO-E2) 2005年7月 X線天文衛星 ブラックホールや銀河団などの宇宙の高エネルギー現象を観測する装置を搭載

あかり

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
あかり(ASTRO-F) 2006年2月 全天にわたる宇宙の赤外線地図作成のための観測 世界初の赤外天文衛星「IRAS」の後継機

はやぶさ2

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
はやぶさ2 2014年12月 小惑星1999JU3の科学観測 今後の予定
2018年小惑星到着、2020年地球帰還

ASTRO-H

名称 打ち上げ年月 主な目的 備考
ひとみ(ASTRO-H) 2016年2月 X線天文衛星
ブラックホールなどの高エネルギー天体の観測
  • マイクロカロリーメータなど、複数の観測装置を搭載
  • 衛星内部の機器間通信ネットワークにSpaceWire/RMAPを全面採用

ページの先頭へ戻る