ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 宇宙ソリューション
  4. ソリューション
  5. 科学研究
ここから本文です。

科学研究

写真太陽観測衛星「ようこう」
軟X線で見る太陽(全面像)
(C) JAXA

写真小惑星探査機「はやぶさ」が
とらえたターゲットマーカ
(C) JAXA

宇宙開発は、銀河から降り注ぐ銀河宇宙線、太陽から放出される膨大なエネルギー(放射線・紫外線・X線など)、プラズマ流、スペースデブリ(宇宙ゴミ)などの影響を考えなければなりません。

また、宇宙は地上と異なり極低温(-270.4度)・高真空・微小重力環境下にあります。太陽光を浴びれば高温になり、日陰に入れば一気に冷たくなります。打ち上げ時には加速度、振動、衝撃、音響などが複合的に加わります。月・惑星探査では分離・着陸・突入などの段階で大きな荷重にさらされる場合もあります。

地球上にはない厳しく未知なる環境「宇宙」に挑み、宇宙でしか知り得ない新たな知見を得る活動が宇宙における科学探査です。今世界的に注目されている一つに月・惑星探査がありますが、本格的な月探査も、はるか彼方の惑星探査も、厳しい宇宙の環境を克服して目的達成を目指しています。

当社は1970年日本初の人工衛星「おおすみ」の成功に貢献した後も、数々のプロジェクトの中で技術力と、ものづくりの力を発揮しています。例えば、宇宙機を安全に運用するための自動化・自律化技術、高精度(約千分の一度以下)で姿勢を制御するための技術、無人化のためのロボティクス技術、狙った惑星にたどり着くための軌道計画・自動航行技術、惑星に着陸する誘導技術、これらを支えるコンピュータープラットフォーム、そして燃料効率を高めるグラム単位での機体の設計・製造、それらの高信頼性確保など、当社は難しい課題にチャレンジすることで解決能力を高めて参りました。更に機器のチップ化などダウンサイジングを図り、機体の共通部分を標準化したりすることで、より効果的、経済的に科学探査が出来るよう技術開発を進めています。

宇宙に挑み開発した技術は例えば太陽電池など私たちの暮らしの身近なところでも使われています。さらに高信頼性コンピューター開発で培ったフォールトトレラント技術や、センサ技術を医療に活かすことなどに期待されています。

私たちは、「技術のブレークスルー」は厳しい条件下でこそ実現できると考えています。「技術のNEC」は、人々の探究心を満たし、大切な地球の未来のために、そして私たちのよりよい暮らしのために、チャレンジ精神を礎にお客様の科学探査活動を支援します。

SELENE月周回衛星「かぐや」のミッションプロファイル (C)JAXA

ページの先頭へ戻る