ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 宇宙ソリューション
  4. 事業紹介
  5. 宇宙事業の歴史
ここから本文です。

宇宙事業の歴史

1956年 テレメトリ送受信装置を東京大学生産技術研究所に納入。
(カッパーロケット打ち上げ成功。NEC製品が初めて空を飛んだ)
1961年 電波機器事業部(東京・府中)に誘導飛翔体部設置。
1963年 ラムダロケット用発射管制設備を東京大学鹿児島宇宙空間観測所に納入。
1964年 米社と衛星通信の共同開発を発表。
(東京オリンピックの模様をアメリカへ衛星中継成功)
1967年 宇宙開発本部設立。
(宇宙関連機器および全体システムの開発業務を担当)
衛星通信地球局をメキシコから初受注。
(翌年のメキシコオリンピックの放映に使用された)
1969年 宇宙開発本部に信頼性管理センター設立。
1970年 日本初人工衛星を東京大学に納入。
(打ち上げ成功後「おおすみ」と命名された)
宇宙開発本部移転(府中から横浜事業場へ)
1971年 宇宙開発本部に品質管理課発足。
1974年 宇宙開発事業部設立。Nロケット用発射管制設備をNASDAに納入。
1976年 静止気象衛星「GMS」を納入。
(打ち上げ成功後「ひまわり」と命名された)
1979年 気象衛星画像受信システム(NESDUS)をシンガポールへ納入(初輸出)。
1980年 NEC航空宇宙システム株式会社設立。
(人工衛星および地上システムのソフトウエアの開発を担当)
1982年 スペースシャトル「雪結晶実験装置」での人工雪結晶実験に貢献。
アラブサット地上局をアラブ地域衛星通信機構から受注。
1983年 衛星追跡管制設備をインドの宇宙研究機関より受注。
(世界各国へ納入した衛星通信地球局数が累計1000局を突破)
1984年 ビルマ運輸通信局省に気象衛星画像受信システムを納入。
1986年 「宇宙開発事業部30年の歩み」発刊。
1990年 衛星追跡局を日本企業で初めて海外(スウェーデン)に納入。
1992年 人工衛星の姿勢基準になる「地球センサー(ESA)」を世界衛星市場へ拡販開始。
2001年 NEC東芝スペースシステム株式会社設立。
(NECと東芝の強みを活かしトータルソリューションを提供する体制構築)
2003年 株式会社超高速衛星インターネットサービス企画設立。
2005年 NEC東芝スペースシステム株式会社移転。
(宇宙事業創業の地であり社会インフラ関連事業が集結する東京・府中へ)
2007年 NECに宇宙システム事業部新設。
(NEC東芝スペースシステム株式会社とともに宇宙事業の強化を図る)
2009年 国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟の完成に貢献。
(制御・ネットワークシステム、全長10メートルのロボットアーム、通信システム等)
2010年 小惑星探査機「はやぶさ」の地球帰還成功に貢献。「はやぶさ」サポートチームの一員として宇宙開発担当大臣、文部科学大臣より感謝状拝受。
2012年 新たに組立試験工場をNEC相模原事業場に開設。
(小型衛星の生産工場)
2013年 株式会社ディ-・エス・エヌをスカパーJSAT株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社と設立。
(国の次期Xバンド衛星通信システムを整備・運営するPFI事業を担う特定目的会社)
2014年 NEC府中事業場にて「衛星インテグレーションセンター」稼働。
(自社内一貫生産能力の獲得、中型・大型衛星にも対応)
2015年 NEC東芝スペースシステム株式会社を、NECスペーステクノロジー株式会社に社名変更。
(NECの100%子会社化)

関連リンク

ページの先頭へ戻る