ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ホーム > ソリューション・サービス > 流通業・サービス業 > 業種別 > 外食業向けソリューション
ページ共通メニューここまで。

外食業向けソリューション

NECの外食業コンセプト

外食業界は変化が激しいという特徴があり、変化対応業と言っても良いほどです。NECでは業界ソリューションMAPを下記のように定義しています。店舗、物流に加え本部を6領域に定義しております。最新事例や業界ノウハウをご提供して参ります。

NECの外食業コンセプト

コミュニケーション領域
店舗と本部、社内との連携を実現する。店舗支援業務もここに位置づく。

経営領域
会計、人事・給与等に加え、内部統制の領域。M&A・HD化増の傾向。グループ経営の場合はHDと個社の分担必要。

情報公開領域
携帯を含むネットサイトから一般に情報を公開。食の安全・安心に対する取組みをアピールする。

商品戦略領域
商品企画開発から、購買、需要予測、受発注等、食のSCMに関する領域。物流とあわせて分社独立外販に向かう傾向あり。

店舗開発領域
どこにどのような店舗を出店するかは重要な業務。出店戦略に加え、出店決定から改装、閉店まで店舗を管理する業務。

分析領域
販売管理や会計システムの一部業務であることが多いが、競争優位性確保のための分析や状態可視化のため独立構築が増加。

店舗領域
フロア、キッチン、バックオフィスで構成される。今後は厨房機器IT化による店舗食材の状態可視化が可能となるものと思われる。FF、FR、居酒屋、喫茶等に加え、中食(弁当・惣菜)や宅配業態が伸長。

物流領域
物流は外部委託、グループ内子会社化、資本参加等、様々な形態があり、システム化には工夫が必要。工場については、食品加工という特徴、食の安全・安心への取組み、原価把握等の考慮が必要。


外食向けソリューション

NECでは数多くの外食業への導入実績から各領域におけるソリューションを提供いたします。

店舗領域

POS FoodFrontia F1
FoodFrontia GP
オーダー端末 OrderFinder
OrderFinder Mini
電子マネー端末 マルチサービスターミナル
デジタルサイネージ PanelDirector
FieldAnalyst
ストリーミング配信 StreamPro
社員食堂システム Comedor
自動釣銭機 自動釣銭機
シンクライアント VirtualPCCenter

本部領域

コミュニケーション領域
本部トータルパッケージ FoodFrontiaPRO
グループウェア StarOffice
経営領域
基幹システム Explanner Ai
EAI GroupVision
内部統制 AuditManager
情報公開領域
モバイルサイト アレルギー情報サイト
評判情報分析 感°レポート
商品戦略領域
商品開発支援 HitCreator

物流

生産管理 FlexProcess
トレーサビリティ データロガー

事例紹介一覧

2008年11月
株式会社吉野家
短期間で1,100の店舗をカバーするブロードバンドネットワークの構築に成功
2007年03月26日
株式会社サンデーサン
サンデーサンが展開するレストランチェーン338店舗の店舗システムを刷新

プレスリリース一覧


資料請求・お問い合わせ

ページの先頭へ戻る

Copyright NEC Corporation. All rights reserved.