ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. マイクロソフトソリューション
  4. データ活用ソリューション
  5. ビジネスインテリジェンスソリューション
  6. 収滞納管理ソリューション
ここから本文です。

収滞納管理ソリューション

自治体の税業務に関する課題

自治体の税業務においては2つの課題を抱えています。1つは、細かな業務が数多く存在し、職員が膨大な業務量を抱えていることです。公正公平な運用や地方交付税等の交付金を受け取るためにも課税に間違いは許されません。国や県への定期的な報告はもちろん、課税と納税の差異を精査し、必要に応じて未納者への確認を実施するなどの業務があり、自治体ごとにニーズが異なるためシステム化が難しく、なかなか効率化されないという課題を抱えています。
もう1つは、税金の収納率低下という課題です。多くの自治体がこの改善に向けた取り組みを進めていますが、なかなか成果をあげることができません。その理由は、税金の徴収が属人的な運用に依存していることが多いからです。つまり、長年の経験やノウハウを活かして徴収率を挙げられる担当者がいる一方で、経験やノウハウがない担当者はなかなか徴収率を上げることができないというのが実情です。また、個々の納税者の傾向や特性によって徴収の方法を変えることができないという問題や慢性的な人手不足、法的な手続きや煩雑な事務処理といった問題も抱えています。

NECが提供する収滞納管理ソリューション

NECの収滞納管理ソリューションは、自治体における収滞納管理業務の効率化を図るためのソリューション。課税業務においては「報告書作成」から、「課税額と納税額の差異の確認」、「未納金の付け替え」といった機能を提供。徴収業務においては「徴収計画の作成」から「進捗の管理」「報告書作成」「集計・分析」にいたるまで、広くカバーしています。
その最大の特長は、滞納者の状況を見える化し、その特徴を分析できること。具体的には、滞納者の人数やそれぞれの滞納状況を一覧で表示。滞納者の傾向を分析することにより、滞納につながる要因を特定し、効果的な予防策を立案することが可能です。

システムのイメージ

複雑な税務の分析を誰にでも簡単に操作ができるように設計されています。例えば、税務システムの持つ課税・収税情報を、ボタン1つで分析し統計結果をポータルサイト上に表示することも可能です。

  • 滞納者の傾向分析により、滞納につながる要因を特定し、予防策を立案
  • 納税者の環境に合わせた徴収方法を可視化
  • 複数科目の滞納者について、一部充当時に国保収納率などの影響分析を行うことが可能
  • 徴収結果を可視化し、徴収ノウハウを共有できる

ページの先頭へ戻る