ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

放射線測定ソリューション

概要

生活区域や危険区域に設置したセンサーで空間線量率を定期的に測定・表示・データ送信を行なうことにより、センサー設置区域の線量変化を確認できるため (空間線量率の見える化)、地域の「安全・安心」の確保に貢献します。

サービス構成

「CONNEXIVE 放射線測定クラウド」 を使用することで、多数の放射線モニタリングポストから送信されてくるデータのリアルタイムな処理を実現します。また、放射線モニタリングポストから送信されたデータをリアルタイムに処理し、地図やグラフなどで可視化できます。モニタリングポストは、室内設置型1機種と屋外設置型2機種の3タイプを用意しています。

Fig. サービス構成

事例

学校や公園、農地や繁華街等、さまざまな場所に放射線モニタリングポストを設置し測定したデータをサーバへ送信します。また、遠隔地等では3G等の回線を経由して送信することでモニタリングが可能となります。収集したデータを「CONNEXIVE放射線クラウド」で収集する事で、地図上でのモニタリングポストの表示や各地点における線量データを閲覧できます。

Fig.事例

ページの先頭へ戻る