ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. IoT/M2Mソリューション CONNEXIVE
  4. メニュー体系
  5. 製造業向けM2Mソリューション
ここから本文です。

製造業向けM2Mソリューション

概要

製造業では、グローバルな競争を勝ち抜く為に、製品の販売時点だけで収益を得るのでは無く、リペアパーツ・消耗品等の最適なタイミングでの販売や、機械・装置の稼働率を向上させる為の予防保全の提案など、製品のライフサイクル全体での収益向上が必要となっています。また、バリューチェーン全体で顧客価値の最大化を図りたいというニーズが高まっています。

NECは、これらの新たな付加価値創出を試みるお客様が、自社のビジネスへの貢献として、または、自社の顧客のビジネスへの貢献として、より早く、より簡単にM2Mを活用頂ける様に一貫したサービスをご提供し、お客様事業の高付加価値化に貢献したいと考えています。

サービス構成

企業がM2Mを活用した新規ビジネスを展開する際、構想検討・トライアル・商用化と段階的に実用化を進めます。構想検討段階におけるコンサルティングサービス、トライアル段階における検証環境、商用化準備段階におけるサービス構築、商用化段階での業務アプリケーションなど、各段階において必要なサービスを提供し、企業のM2Mを活用したビジネス展開をトータルに支援します。


また、機械・装置への組込み開発、グローバルマルチキャリアサービスの提供、適用後の運用を支援するサービスデスクやコンタクトセンターアウトソーシング等、ビジネス活用に向け一貫して支援します。

コンサルティングサービス

M2Mサービスの導入・事業化に向けては様々な課題があります。

機械・装置との接続インタフェースやプロトコル等の方式、データを集めるセンターシステムの要件、セキュリティの確保、コストや運用性を最適化した実現方式といった技術的な課題は当然のことですが、顧客に対し価値を感じて頂けるサービスとは何かや、期待するビジネス効果と投下コストの検討、関連部門を含めた導入計画や役割定義などビジネス面でも明確にすべき課題が多数あります。


それらの課題を明確化し、その解決に向けて、ビジネス面・技術面の両方の観点から戦略性・実現性を検討するコンサルティングサービス(サービス構想企画)をご提供します。

Fig.コンサルティングサービス

スモールスタートプラン

導入・事業化に向け、M2Mを活用したビジネスプロセスの検討・評価や、顧客価値、及びその訴求方法の検討を実施する事を目的とし、実際の機械・装置とM2Mクラウドのトライアル環境を接続します。データの収集・送信・蓄積等をM2Mクラウドアプリケーションの基本的な機能の確認から、ニーズに合わせた実験などに対応できます。クラウド環境を利用することにより、短期間の準備で、机上論だけはない技術検証、課題の整理、方針の検討まで、支援します。

M2Mアプリケーションサービス

機械・装置の稼動監視や予防保全、ソフトウェア更新など、製造業向けM2Mクラウドサービスを「5つの機能+サービスデスク」 でご提供いたします。

本アプリケーションにより、「見える」・「気づく」・「対処する」の業務改善サイクルを回すことが可能になります。

製造業のバリューチェーンにおけるM2Mデータ活用

M2M/IoT機能を製品に搭載。顧客事業へ貢献し、加えて自社のバリューチェーン全体の付加価値を高める為に、データ収集・蓄積・活用の高度化を実践します。

自社の価値:稼働“見える化”による部品販売での収益向上や、障害・警告通知による保守効率化
顧客の価値:データ活用による予防保全の提供、顧客生産品質向上や不良要因特定への貢献

製造業の業務におけるM2Mデータ活用の例

【導入事例】
東芝機械株式会社 様

産業機械の予防保全にビッグデータを活用。新しいM2Mサービスを軸にビジネスの拡大へ。詳細

  • バナー:M2M資料 ダウンロードのご案内

ページの先頭へ戻る