Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

商社E社様

商社E社様 海外販売会計システム統合

売上高 :約1,800億円(2010年度)
従業員数:約500名弱
導入期間:5カ月(1拠点目)
ユーザ数:20名(最終30名程度)
導入国 :北米、韓国、香港、台湾

商社E社様 海外販売会計システム統合

背景

  • 各国個別で保持している既存システムの老朽化及びそれぞれ運用保守要員を抱えるため運用コストが高騰
  • 商品入出荷、会計、販売システムがバラバラで、各システム間の連携も取れておらず煩雑なオペレーションとなっている
  • 日本側で現地の状況がすぐに見えず、経営状況が不透明

 

Dynamics AX選定のポイント

  • グローバル各地で利用可能であり、かつ日本で統合管理ができる
  • 他通貨/他言語への対応と、通貨換算による財務状況がリアルタイムに確認できる
  • 運用上必須な業務要件をパッケージ標準で満たす
①締め処理のコントロール
②複数部門管理
③きめ細かい単位での在庫金額計算(課・商品形態・グレード/規格・ロット・等)
  • 将来的な業務/拠点拡張におけるパッケージとしてのカスタマイズ柔軟性
  • Microsoft Officeとの連携や類似した操作性

 

導入効果

  • 日本でシステムを集中管理することで、海外拠点全体におけるIT運用コスト削減に貢献
  • 1カ国目の北米導入で標準パラメータを決定し、2カ国目以降は教育中心の早期稼働を実現