Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

セキュリティに強いシンクライアントシステムが、ワークスタイルも変える。

データをサーバに格納して、端末に情報を残さないシンクライアントシステム。

最近、企業が注目しているのは、セキュリティの強さばかりではありません。セキュアな環境をベースにしたモバイルワークやフリーアドレス、さらには在宅勤務をはじめとするテレワークなど、いままでのPC活用では実現できなかったワークスタイルの進化に多くの関心が寄せられています。

また、運用管理業務の軽減や、低消費電力による環境負荷の削減もシンクライアントシステムの大きな魅力です。

シンクライアントによって、ビジネスはどう変わるのか。先進のワークスタイルをご紹介します。

仮想PC型シンクライアントシステム活用でワークスタイルを革新。

端末に情報を残さないシンクライアントシステムは、情報漏えい防止に役立つことが広く知られています。

また、膨大な数のクライアントの統合運用によるパッチ適用の一括処理やセキュリティ設定の均一化を実現するなど、セキュリティ向上という観点から導入が進んできました。

さらに、いま新たな視点からシンクライアントシステムへ企業の注目が集まっています。それは、シンクライアントシステム活用による「ワークスタイルの革新」です。情報漏えい防止などのセキュアな環境を提供するシンクライアントシステム活用をベースに、これまでにないワークスタイルを実現して、業務の効率化や生産性の向上を図るというものです。

シンクライアントシステムの活用によって、ビジネスはどう変わるのでしょうか。

シンクライアントシステムには、画面転送型やネットブート型、仮想PC型といくつかの方式があります。NECが提供する1つが、従来のPCと同じ使い勝手で利用できる仮想PC型シンクライアントシステムです。その最大の特徴は、既存のPC環境をまるごと仮想化し、高信頼のサーバ上に数十台の仮想PCとして集約すること。個々のユーザが活用してきたアプリケーションがそのまま使えるだけでなく、ユーザごとにそれぞれ異なるPC環境もサーバ上に仮想PCとして提供できます。

実際に仮想PC型のシンクライアントシステムを利用しているビジネスの現場では、従来のPC活用では不可能だった先進ワークスタイルの実現によって、さまざまなメリットが生まれています。

オフィス内でも、外出先でも安心かつ生産性の高いビジネスを実現。

その第1は、安全性の高いモバイルワークの実現です。盗難や紛失などによる情報漏えいを防ぐため、ノートPCの持ち出しを禁止している企業が増えています。重要情報をサーバに格納してハードディスクをなくしたノート型のシンクライアント端末なら、外出先へも安心して携帯できます。

たとえばオフィスで作成していた資料なども、移動中や外出先の空き時間を利用し、リモートアクセスにより作業を継続することができます。また外出先の商談中に在庫確認や見積りなど相手から急な依頼があった際にも会社にいちいち戻ることなく、その場から社内のサーバにアクセスして、必要なデータを参照することが可能です。

時間の有効活用だけでなく、得意先へのスピーディな対応によって、ビジネスチャンスの拡大にも貢献します。

シンクライアント導入によるワークスタイルの変革 場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を実現!

第2は、フリーアドレス・フリーデスクによるワークスタイルの革新です。

従来のオフィスでは、個人用デスクに個人用PCが割り当てられていて、デスクとPCがヒモ付いていました。そのため、自分のデスクでないと業務を継続し難い状況でした。仮想PC型シンクライアントシステム活用によるフリーアドレス・フリーデスクが導入された部門であれば、オフィスフロアにレイアウトフリーのデスクが配置され、各自が空いているデスクに自由に座り、ディスクレスのノート型シンクライアント端末を使って業務を行えます。

また、シンクライアント端末が置かれたミーティングコーナーでは、打ち合わせ中にその場からID/パスワードを入力するだけで、いつでも即座にサーバ内にある自分の仮想PC環境にアクセスすることができます。

シンクライアント端末をミーティングコーナーなどさまざまな場所に設置すれば、会議やミーティングの時など、ノートPCの携帯さえ不要になるでしょう。

外出が多い営業部門などでは、部員全員が揃って自席でデスクワークを行うことがないにも関わらず、これまでは全員のデスクを設置するために広いスペースを必要としていました。ところが、部員が外出すると、そのデスクは無駄なスペースとなり、フロアを占領するという結果を招いていました。そこで個人用デスクを廃止し、フリーアドレス・フリーデスクによる共用デスクに置き換えれば、デスクの大幅な台数削減が図れるだけでなく、フロアスペースも削減できます。これによって生産性の向上だけでなく、フロアの利用料、空調や照明の消費電力など、ファシリティコスト削減効果も期待できます。

第3は、サテライトオフィスやテレワークによるビジネスの革新です。

紙の資料、重要データが入ったノートPCやUSBメモリを携帯して移動していたこれまでの出張には、絶えず情報漏えいのリスクが潜んでいました。そこで、各拠点にシンクライアント端末を展開することで、出張を伴う会議の際に紙の資料はもちろん、ノートPCやUSBメモリなどの携帯も不要。支社や工場など出張先に設置されたシンクライアント端末にID/パスワードを入力すれば、自分の仮想PC環境を立ち上げて、いつものデスクトップ環境で業務を行うことができます。

また、会議室に設置されたシンクライアント端末から自分の仮想PC環境を呼び出せば、プロジェクタなどに映し出すことでいつでも情報の共有が可能です。

意思決定のスピード化を促進したり、会議の度に資料を印刷して配布することも減り、ペーパレス化にも大きく期待できます。

情報漏えいのリスクが少なく、セキュリティにすぐれたシンクライアントシステムは、在宅勤務などのテレワークも推進します。

NECではすでに2008年7月から、シンクライアントシステムを活用した在宅勤務制度を導入。個人PCを業務利用することによるセキュリティリスクを回避するために、NECは在宅勤務でも仮想PC型のシンクライアント端末を採用しています。在宅勤務は、朝夕の通勤の移動をなくし、時間の有効活用によって生産性を高めるだけでなく、育児や介護、障害などさまざまな事情に合わせた“人にやさしい”ワークスタイルとしても注目されています。

また、自宅の端末から仮想PC環境にアクセスして業務を行えるメリットを活かして、震災でオフィスが損壊した場合など災害時のビジネス継続対策として仮想PC型シンクライアントシステムを導入している企業も増えています。

シンクライアントシステムによるワークスタイルの革新は、ほかにもあります。

たとえば企業の幹部や横断的なプロジェクトのメンバーなど、業務の兼任によって複数の席がある場合、それぞれの席で異なる環境のPCを利用していては業務効率が上がらないばかりか、離席中にはセキュリティ面に不安がありました。

しかし仮想PC型シンクライアントシステムを利用すれば、兼務しているどの部門の端末からも、いつもの使い慣れたデスクトップ環境を容易に利用することができるため、どの席にいても迅速な判断や意思決定が可能になります。

またシンクライアントシステムは端末に情報を残さないことから、派遣社員や契約社員が多いコンタクトセンターなどのオフィスや、人件費の安い海外などの業務委託先への導入が広がっています。

シンクライアントシステムの導入メリットは、オフィスばかりではありません。デパートや営業店舗、病院、図書館などでは不特定多数の人が出入りするため、個人情報を管理する上で大きなリスクがありました。

シンクライアントシステムなら覗き見やデータの抜き取り、端末の盗難などによる情報漏えいを防止するので、顧客情報や購入履歴、患者の既往歴などの重要データも安心して扱うことができます。

シンクライアントは利用者や環境、そして管理者にもやさしいシステムとしても、注目。

ワークスタイルの革新とともに、シンクライアントシステムが注目を集めているポイントがあります。それは、いま話題のエコの効果です。

端末に、大容量メモリや高性能プロセッサなど消費電力の大きなパーツを持たないシンクライアントシステムは、これまでのPC環境に比べ省電力効果が高いのが特徴です。しかもハードディスクやファンなどの駆動部品がないため静音性も高く、静かで発熱の少ない快適なオフィス環境を実現します。

在宅勤務などテレワークの積極活用は、交通機関の利用頻度を減らしてCO2削減に役立つことから、シンクライアントは“環境にやさしい”システムともいわれています。

仮想PC型シンクライアントシステムは、ワークスタイル革新のほかに、運用面においても大きなメリットがあります。パッチの適用やセキュリティポリシーなどの設定が一括して処理できるほか、最新ソフトウェアの自動インストールや自動バックアップによって運用管理業務を大幅に軽減します。

また、これまでのPC環境ではハードウェアに障害が発生するたびに管理者がそのデスクまで足を運んでPC交換や再セットアップを行っていました。信頼性の高いサーバをベースにした仮想PC型シンクライアントシステムなら可用性が格段に高まり、万一障害が発生した時でも予備サーバに切り替わるので業務停止を最小限に食い止めます。管理者は膨大な数のクライアント運用に日々追われていた負担から開放され、より生産性の高い業務に注力できるという点も大きなメリットです。

現在、NEC社内で稼働している約350台の仮想PCサーバと12,000台の仮想PCは、わずか3名のSEスタッフで運用管理しています。

NECのシンクライアントシステム活用イメージ

シンクライアントシステムは、これまでイニシャルコストが高いという声がありましたが、最近ではそのイメージが変わってきています。

NECが提供する仮想PC型シンクライアントシステムVirtualPCCenter(バーチャルPCセンター)では、1台のサーバ内に約50台の仮想PCを稼働させることができるので、コストパフォーマンスが大幅に向上しています。セキュリティ向上や運用管理の軽減から、ワークスタイル革新による生産性アップ、さらにはエコへと、シンクライアントシステムへの注目はますます高まっています。

NECでは2008年度末に、仮想PC型シンクライアントシステムとしては世界最大規模となる、約20,000台のシンクライアント環境の導入を目指しています。自ら活用し、実証している成果をベースに、シンクライアントシステムの構築から運用までトータルにサポートしているNEC。その先進のワークスタイルは、東京と大阪に開設しているブロードバンドソリューションセンター(現NECイノベーションワールド)で実際にご覧いただけます。

(2008年9月24日)

NECの仮想PC型シンクライアントシステム

セキュリティに強いシンクライアントシステムが、ワークスタイルも変える。

東京海上日動火災保険株式会社様

2万6千台規模の仮想PC型シンクライアントシステムが全面稼働
セキュリティ強化に加え、共用仮想PC方式による運用の効率化で更なるコスト削減を実現しました。

ショールーム:NECイノベーションワールド

NECイノベーションワールドは、NECがめざす「人と地球にやさしい情報社会」における企業の姿を具体化し、ご紹介するショールームです。
NECのビジョンを実現する様々なソリューションを体験いただき、お客様の課題を解決するイノベーションを共に考える場をめざしています。


豊富な経験と実績に基づき、お客様のニーズに
合わせた トータルソリューションをご提供します。
お気軽にお問い合わせください。