Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

第1章 グローバルITにゴールはない

なんのためのグローバルITか

本ラウンドテーブルでは、テーマを『グローバルIT』とし、参加各社が考えるグローバルITのゴール実現のための課題と対策について議論してきました。

グローバルITの課題を考える前に、なんのためのグローバルITか、その目的を考える必要があります。参加者の声を整理すると、以下のようになります。

  • グローバルレベルでの経営の可視化
  • グローバルレベルでの迅速な意思決定とアクション
  • グローバルでの事業規模の拡大/収益性の向上
  • グローバルでの新規ビジネスの素早い立ち上げ
  • グローバルレベルでのリスクコントロール

つまり、これらのグローバルな経営活動を高いパフォーマンスで実現するためにITとして環境を整備することが、グローバルITの目的と言えるでしょう。

「グローバルな様々な経済環境に対してもITを利用して柔軟に対応できる事業構造にすること。拡大基調のときも、シュリンクのときも、M&Aに対しても全てに対応できる構造ということ。」(ラウンドテーブル参加者)

「仕組みとマネジメントの2つの側面からグローバル事業と国内事業のIT資源の最適化を図ることが第一の目的と考えている。」(ラウンドテーブル参加者)

「グローバルマネジメントの構造を『人によるマネジメント』から『制度、システムによるマネジメント』に変革することが必要であり、その大きな要素のひとつがITにあると考える。」(ラウンドテーブル参加者)

ITがグローバル経営の制約になっている?

グローバルITの目的をこのようにとらえたとき、さまざまな課題が見えてきます。

ラウンドテーブルでは、「現状のグローバルなIT環境およびIT体制において、重点的な課題ととらえ、なんらかの取り組みを始めているものは何か」という問いかけで、参加各社のグローバルITの課題をお聞きしました。

その結果が【図1】です。

図:グローバルなITの重要な課題ととらえて、取り組みを始めているもの【図1】

基幹業務をグローバルで標準化していくためのITの環境づくり。そのためのグローバルでのマスタ、コードの整備。また、グローバルレベルでの意思決定の支援。これらを実現するために最適なグローバルでのITデリバリ体制、といった課題が見えてきます。

グローバルレベルで経営価値を最大化するためにITがどのように貢献するか。しかし、実際に議論をしていくと、むしろ、経営をグローバル規模で考えたときに、ITが制約になっている姿が伺えます。

グローバルで成長している日本企業の特徴として、海外でのM&Aを中心にした統合型のグローバル展開が多いことが言えます。

たとえば、欧州、米、中国それぞれ独自にカスタマイズされたSAPがあり、バラバラな状態となっている。業務プロセスの標準化はもとより、全体を統合した経営データが取れない状態となっているのです。

「グローバルサプライチェーンという視点で、どこで生産して、どこを経由し、どこに納品されているか、リアルタイムでデータが繋がっておらず、即時にシミュレーションしようと思っても、5日間ぐらいかかってしまう。」(ラウンドテーブル参加者)

「欧米はSAP。アジアは日本も含め、会社毎にバラバラのシステムが導入されている。そうなると経営に上がってくる情報のレベルがまちまちで、大きな粒度でしか全体が見られない。経営からも、同じレベル、粒度、精度で見たいと要請されている。」(ラウンドテーブル参加者)

「内部統制上の問題もある。バラバラのシステムでは、コントロールポイントもバラバラになってしまい、そのために内部監査のコストが上がってしまう。」(ラウンドテーブル参加者)

グローバルITのゴールは企業によって異なる

これらの状況は企業によってさまざまです。したがって、グローバルITでゴールとするところも異なってきます。

基幹業務システムを統一し、グローバルで業務プロセスの標準化をめざすのか。業務プロセスそのものにコミットするのではなく、グローバルに同じ指標で意思決定のデータを提供することをめざすのか。ITのインフラを整備し、グローバルでのIT調達のQCDを最適化するのか。

「当社では、社長が明示した売上目標と10年後のビジョンをもとに、何が必要かを議論し、売り上げをグローバルで今の2倍にするために、M&Aや経営のスピード、仕組みの改善といった課題が出てきました。それを販売・物流、会計、人事など、将来の効率化やシェアといった部分にブレイクダウンしグローバルのテンプレートを作成して、欧州を中心に新しい基幹システムを展開していこうとしています。」(ラウンドテーブル参加者)

「クリアすべき課題は、我々IT部門として、ITの標準化とグローバルな観点でのITガバナンスを可能な範囲で行っていくことです。そして、業務標準化や連結経営への貢献といった会社の大きな戦略に対し、ITが後押しできるように、全社の業務改革や経営のスピード化を支援していくのが我々の使命です。」(ラウンドテーブル参加者)

「基幹系全てをワンインスタンスにするのは不可能。経営にとっては、意思決定に必要な数字が明確に見えることが重要。そうなると、会計で情報連携して統合させることがベストと言える。」(ラウンドテーブル参加者)


グローバルITのゴールを、めざす経営品質の要求レベルで階層化し、ITの標準化対象と紐づけたものが【図2】です。

図:グローバルで目指す経営品質とIT標準化対象【図2】

どの階層をグローバルITのゴールとするかは、企業のビジネスモデルや戦略、現状の課題、グローバルITの整備ステップによって異なります。

本ラウンドテーブルでは、各参加企業が思い描くグローバルITのゴール実現のために必要なことは何か、互いのナレッジを共有していきました。

グローバルITのゴールとともにIT部門の進化が必要?

グローバルITのゴールを、グローバル規模でのシステムの統一と単純にとらえるのは適切ではないでしょう。ITがグローバル経営の足を引っ張らないことが喫緊の課題である現実の中で、IT部門がどこまでガバナンスを発揮できるかが、グローバルITのゴールを定める重要な要件でもあります。企業としてあるべきグローバルITのゴールを実現するためには、IT部門自身が進化し、そのポジションを変えていかなければならないのかもしれません。

(ファシリテーター 株式会社ナレッジサイン 吉岡英幸)