Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

第2章 次世代のIT部門へ変革するための課題

IT企画人材育成

先述のように、「経営的な視点で業務部門に対してBPRを実践していくこと」を今後のIT部門のコア・ミッションと定めると、そのようなミッションを実行できるIT企画人材の育成が、大きな課題となってきます。

次世代のIT企画人材に必要なスキルとは何か、どのように育成していくべきか。ラウンドテーブルでは、この課題についての議論に最も多くの時間が割かれました。この点については次章で詳述します。

IT部門の位置付けとITリソース調達の方法論を明確にする

次世代のIT部門の役割が変化し、コアとなる業務が経営視点でのBPRとIT化の企画という上位のレイヤーに移行していった場合、これまでのコアであった、ITの構築・運用・維持という業務は誰が担うことになるのか。

自社のIT部門の戦略的位置づけを明確にし、情報システム子会社、ベンダー含めてITリソースの調達方法についても考える必要が出てきます。ラウンドテーブルに参加された多くの企業では、情報システム子会社を持ち、グループ会社のITの運用を一部担っています。将来のIT部門のあり方によっては、情報システム子会社の位置づけも再定義する必要があるかもしれません。

経営者/業務部門との相互理解と意識変革

適切なBPRを実践し、経営に直接的に貢献するITを提供するためには、IT部門が経営のビジョンを理解し、業務部門が何を望んでいるのかを正確に把握する必要があります。

一方、
「たとえば、ナレッジマイニングのシステムがあったとしても、そこに、最も重要な情報が入力されなければ意味がない。ツールはいくらでもあるが、そのツールを機能させるために、会社や社員の意識をどう変えるかだ。」(ラウンドテーブル参加企業)

ITが経営に貢献するものになるためには、IT部門が経営のビジョンを理解することと同時に、経営や社内全体にITを理解させるという意識改革も必要になるようです。そのうえで、経営ビジョンを具現化するITを提供する。経営に資するITの提供には、経営と業務部門とのITを介した橋渡し役を担うことも含まれていると参加者の多くは考えています。

人と組織全体の変革

次世代に向けてIT部門が変わるということは、そこに従事する人材が変革するということです。と同時に他部門との関わり方も変わってきます。
IT部門だけが変わっても「経営に貢献する」というめざす姿は実現しません。
つまり、IT部門の変革とは、IT部門を起点にして企業全体にイノベーションを起こすことと言えます。
次世代に向けてIT部門変革のプランニングをすることは、全社イノベーションへのグランドデザインを描くことと等しいのではないでしょうか。

(ファシリテーター 株式会社ナレッジサイン 吉岡英幸)