Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

連絡手段の確保

緊急時に社員の安否確認や取引先の被災状況を速やかに把握することは、事業を継続する上で非常に重要です。

台風や火災、地震などの災害発生時には、設備の破損や電力不足、通信量の急増に対する通話規制などにより、固定電話や携帯電話での安否確認や緊急連絡が困難になります。
今回の大規模震災では、IP電話や電子メール、Twitterといったインターネットを使った通信手段が役立つ場面が多数見られました。
例えば、NECでは公衆網のダウンにも関わらず、携帯電話やスマートフォンから無線LAN環境を経由して内線電話を活用する仕組みがお客様や社員との連絡に役立ちました。また、社員同士のコミュニケーション・ツールとしてチャットを利用することにより、現地の状況をいち早く共有することができました。

図版:システムの概要

しかし、被災の規模や範囲によって、必ずインターネットが使えるとは限りません。あらゆる事態に備えて、複数の連絡手段を準備しておくことが必要です。

  • 事業継続支援ソリューション
    大手から中堅のお客様向け。企業において事業継続活動を推進する総務部門やリスク管理部門の活動をご支援します。(BCP策定支援、防災教育、帰宅支援ルートマップ、訓練支援、成熟度診断、安否確認、災害時情報収集・共有)
  • 緊急連絡・安否確認システム

    中堅・中小のお客様向け。シンプルな機能により、緊急連絡・安否確認を低コストで提供します。

  • UNIVERGE モバイルポータルサービス
    普段オフィスでお使いの電子メールやアドレス帳、グループウェアを、スマートフォンなどのモバイル端末からいつでもどこでも利用することができます。

主な関連ソリューション