Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

事例紹介

iStorage HSシリーズと遠隔バックアップサービスを利用し、大規模災害を想定したBCP強化に成功。安全に、低コストで、基幹データをiDCに転送。

Hyper-Vで庁内サーバ約400台を統合。最大37%、平均24%の年間ITコスト削減を見込む。

BCP強化の一環として統合ファイルサーバを構築。データ保全とセキュリティ強化に確かな手応え。

特例市で、全国初。災害対策・BCP強化のため、財務会計システムにクラウドコンピューティングを採用。

広域災害を想定したBCP強化策として、設計データの遠隔バックアップ体制を構築。

FileMakerの可用性を高め現場発の改善を支援、24時間稼働の製造ラインを確実に支え、業務効率化の水平展開を実現。

メールシステム・グループウェアを刷新し、データセンターで集中管理。グループ一体経営の推進とTCO削減を実現。

基幹となる住民情報システムを含んだシステム群をVMware vSphereで仮想化。遠隔バックアップを活用したBCP基盤の構築も同時に実現。

レガシー系EDI・Web方式と流通BMSの一元管理により業務効率化を推進。

情報系サーバをHyper-Vにより仮想化。さらに重複排除ストレージを導入。節電と災害対策強化の基盤整備を同時に実現。

“災害に負けない強い物流へ”バックアップセンターシステムを構築~さらにこの仕組みを活用して「クラウドシステム」を展開~

域内での行政サービス・情報提供の格差解消に向け、自治体携でクラウド型ICT基盤を構築、沿革相談やデジタルサイネージなどで行政サービス向上。

2万6,000台規模の仮想PC型シンクライアントシステムが全面稼働。セキュリティ強化に加え、共用仮想PC方式による運用の効率化で、さらなるコスト削減を実現。

複数部門に分散していたファイルサーバを統合。バックアップ運用の省力化と業務継続性の向上を実現。

基幹業務まで含めたディザスタリカバリシステムを構築。
36時間以内の完全な業務再開を可能に。

NECでは、通信や情報といった社会的基盤を支える事業を数多く手掛けており、災害時における社会的責任を果たすことおよびサプライチェーンが複雑・高度化している中での供給責任を果たすことを目的に、NECグループ全体としてBCP策定に積極的・計画的に取り組んでいます。

カスタマサポートセンターを中心としたBCPを策定し、保守サービスにおけるBC/DRを実現

重複排除技術を搭載したiStorage HSや仮想化ソフトのVMwareを基盤に、サーバ統合、バックアップ統合を実施し、TCO40%以上の削減、運用工数削減、災害対策強化を実現。