Please note that JavaScript and style sheet are used in this website,
Due to unadaptability of the style sheet with the browser used in your computer, pages may not look as original.
Even in such a case, however, the contents can be used safely.

センシング

NECは、様々なセンサーや端末などをネットワーク化する「M2M技術」※を施設園芸向け・監視サービス活用し、サービスを実現するソリューション「CONNEXIVE(コネクシブ)農業ICTソリューション」を提供します。

センサーから環境データを収集し、現場のデータを蓄積。データ活用により、収量・収穫時期予測の精度向上や適地・適作生産化の判断、遠隔からの状況把握が可能になります。ITとネットワークを活用した栽培の見える化により、より効率的な栽培を支援します。

※Machine to Machineの略。センサー、自動車、自動販売機、家電製品などの機械をネットワークに接続し、通信を行うことで情報の収集や装置の制御を行う技術


施設園芸向け・監視サービス

ネポン製ハウスカオンキ(温室用温風暖房機)や環境センサなどの情報をリアルタイムに収集。クラウド上に集約することによって、遠隔からのハウス内の状態の確認が可能になります。

また、営農指導員向け機能として、農産物の市況や防除暦、天気などの情報の配信機能を用意。生産者は、配信される情報を活用することで農作業の数値化が可能になり、生産工程の改善や新しい農業手法開発に向けた取り組みの資料として活用することもできます。

※ネポン:ネポン株式会社。1948年設立、温室用温風暖房機の国内でトップメーカー。東京都渋谷区に本社、神奈川県厚木市に事業所を置き、施設園芸向け資材の販売・保守を行なうメーカーです。

イメージ:農業ICTクラウドサービス

メリット

いつでもどこでも、園芸ハウス内の状況を把握

園芸ハウス内や圃場に設置した、ネポン製ハウスカオンキ(温室用温風暖房機)や環境センサーの情報を、ネットワークを通じてリアルタイムにクラウドでデータ収集を行なうので、遠隔からハウス内の状態を把握することができます。

農作業に有用な情報を配信

農産物の市況や農薬名、散布時期など防除暦、天気などの情報をクラウド内のサーバで一元管理し、農作業に有用な情報を農家に提供することができます。

効率的かつ革新的な農業生産の実現

本サービスにより、農家は、農産物の生産・管理にかかる工数削減が可能になるとともに、従来、経験や勘に頼っていた作業を数値で確認することで、生産工程の改善や、新しい農業手法への取り組みも可能になります。

特長

M2Mソリューション“CONNEXIVE”を活用

M2Mソリューション“CONNEXIVE”の機能を活用することにより、ハウス内の環境データ収集や、ハウスカオンキなどの遠隔制御が可能となります。
※遠隔制御は、今後リリース予定です。

通信回線も含めたワンストップでの提供

CONNEXIVE回線サービスを活用するため、通信回線使用料もクラウドサービス使用料に含まれます。別途に通信キャリア様と契約を結ぶ必要はありません。

既存農業資材との連携

すでにお客様で導入いただいているネポン製ハウスカオンキ(温室用温風暖房機)でお使いいただけます。
※対応機種はお問合せください。

サービス内容

警報サービス

暖房機の不着火などハウスカオンキの異常警報を、農家のパソコンやスマートフォンなどへメールで通知します。

センシングサービス

ハウスカオンキや環境センサが検知した温度、湿度、炭酸ガス、日射などの情報を定期的にクラウドで収集。パソコンやスマートフォンなどの画面上で農業現場の環境情報をいつでもどこからでも参照することができます。

営農指導者向け情報配信&コミュニケーションサービス

指導員向けサービスにより、農産物の市況情報や農薬名、散布時期、散布濃度等の防除暦、天気など、農作業に役立つ情報を、農家に配信することが可能。クラウドに収集された農業現場のデータに基づき、適切なアドバイスを行なうことができます。

利用イメージ

※導入済みのネポン製ハウスカオンキで利用可能。接続可能機器については、お問い合わせください。

営農日誌

農作業の計画と実績と、チェックボックスやドロップダウンリストによる簡単な選択で記録でき、生産者の利便性と管理者側の自由な管理形態に応対します。

農薬散布記録簿

圃場ごとの作付けに対し、チェックボックスやプルダウンで簡単に農薬散布記録が可能です。
農薬の散布回数および成分ごとの散布回数の上限や散布量の条件をチェックしており、制限を越えた場合、警告を表示します。

スケジュール機能

農作業の予定管理が可能です。また予定の比較機能があり、昨年の同時期の作業とも比較参照が可能です。

お知らせ機能

管理者が生産者にお知らせを一斉配信可能です。

資料請求・お問い合わせ>

図:特別対談 和郷園&ネポン 農業ICTクラウドサービス活用事例

図:導入事例 ハウスの環境把握と農業管理にICTを活用。更なるおいしさと安心を目指します。

図:導入事例 ICTで農家の匠の技を見える化

図:特別対談 NEC&ネポン 優れた農家の匠の技を見える化