ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VMware
  4. 動作環境
  5. VMware vSphere 6.5
  6. サポート対象機器一覧(ESXi 6.5)
ここから本文です。

ESXi 6.5 サポート対象機器一覧

ESMPRO/ServerManagerからの監視ができなくなる事象について

BMC の System Event Log (SEL) が多量()に登録されている環境において、ESMPRO/ServerManager から ESXi ホストが監視できなくなる場合があります。

 事例および社内評価では SEL 件数 2000件前後で本事象が発生することを確認しています。

本事象が該当した場合、SEL を全件削除し事象を回避してください。手順については以下をご覧ください。
なお、削除前に必要に応じて SEL の内容確認やバックアップを行ってください。

  1. BMC の SEL を全削除してください。
    • BMC の SEL を全削除する手順につきましては、事象が発生した製品のマニュアルをご参照ください。
    • マニュアルは以下より入手可能です。
  2. ESXi ホストで以下のコマンドを実施し、sfcbdを再起動してください。

     # /etc/init.d/sfcbd-watchdog restart

LSI SMI-Sプロバイダ (CIMプロバイダ) について

ESXi 6.5 でRAID監視、設定を行う場合は、LSI SMI-Sプロバイダを別途インストールする必要があります。
LSI SMI-Sプロバイダのバイナリの入手方法、インストール手順、および使用時の注意・制限事項に関しては、以下をご参照ください。

Outboxドライバについて

一部のデバイスについてはドライバがOutboxとなっているものがあります。

NECカスタムイメージをインストール後、以下のページを参照し、該当するオプションデバイス/オンボードデバイスを使用している場合はインストール手順に従ってデバイスドライバをインストールしてください。

VMware ESXi デバイスドライバ情報一覧

  • *:OutboxドライバはNEC Custom Imageに標準で含まれていないドライバです。

Express5800シリーズ動作対象機器

サポート対象モデルはVMware社で認証を取得したモデルになります。
認証取得状況は VMware Compatibility Guide の「Systems / Servers」をご確認ください。

  <確認方法>
  1. "Product Release Version"、"Partner Name" で以下を選択してください。
    Product Release Version: ESXi 6.5
    Partner Name: NEC
 
  2. "Keyword" に確認したいサーバのモデル名を入力してください。
  3. "Update and View Results" を押下すると、"Keyword" に入力したサーバの認証取得状況が表示されます。

  ※ 以下の機能は VMware社 の認証を取得した機器のみでサポートされます。

      • Fault Tolerant (FT)
      • Single Root I/O Virtualization (SR-IOV)
      • Trusted Execution Technology (TXT)
      • vSphere DirectPath I/O
      • Virtual Dedicated Graphics Acceleration (vDGA)
      • UEFI Secure Boot
  認証取得状況は VMware Compatibility Guide の「Systems / Servers」をご確認ください。

  <確認方法>
    1. "Product Release Version"、"Partner Name"、"Features" で以下を選択してください。
 
     Product Release Version: ESXi 6.5
     Partner Name: NEC
     Features: 確認したい機能
 
    2. "Keyword" に確認したいサーバのモデル名を入力入力してください。
    3. "Update and View Results" を押下すると、"Keyword" に入力したサーバの認証取得状況が表示されます。

  • 4K セクタのハードディスクにつきましては、ESXi 6.5 で利用できません。詳細は以下の KB をご参照ください。
      Support statement for 512e and 4K Native drives for VMware vSphere and VSAN
      http://kb.vmware.com/kb/2091600
  • Boot from SAN構成サポート
       Boot from SAN構成については、下記ドキュメントを参照してください。
        VMware vSphereのドキュメント(VMware社サイト) → vSphere ストレージ
         ※HBAの設定は、Emulex FC HBAの設定を参照してください。
  • 2CPU以上の構成の場合はBIOS設定でNUMAを「Enabled」に設定する必要があります。
  • 内蔵ディスクでRAIDを構成する場合はRAIDカードが必要となります。
      標準でRAIDカードが搭載されていない場合は、別途RAIDカードを手配してください。
      オンボードのSATAコントローラをサポートしている装置で、
      RAIDカードを使用せず、オンボードのSATAコントローラを使用して
      SATAまたはSSDを接続する場合、以下に注意してください。

      【SATAコントローラ利用時の注意事項】

    • Non-RAIDモードのみサポート(BIOS設定でSATAコントローラのRAID機能を無効に設定する必要があります)
    • エクスプレス通報サービス(MG)関連モジュールなどのHW監視ソフトを利用したディスク監視は不可
  • 利用可能なオプション接続品についてはシステム構成ガイドをご確認下さい。
  • EVC 機能を利用することで異なる世代のプロセッサ間でもvMotionを行うことが可能です。
       CPU の互換性は VMware Compatibility Guide の「CPU Series」を確認してください。

       <確認方法>
       "CPU Series" の一覧から確認したい CPU シリーズを選択してください。
      "CPU/EVC Matrix" を押下すると、選択した CPU シリーズが対応するEVC モードが表示されます。

  • ESMPRO/ServerAgent につきましては、ESXi 6.5 で利用できません。
      詳細につきましては、製品Web(ESMPRO/ServerAgent のページ) でご確認ください。

動作対象ストレージ製品

ストレージ製品の VMware認証取得情報については、こちら(ストレージ製品のページ)をご参照ください。
また、ストレージ製品の注意事項についても、ご確認ください。


[ESXi環境の注意事項]
(※ストレージ製品をご使用される場合は必ずご確認ください)

  1. iSCSI,NAS製品利用時は、スイッチの手配が必須です。

  2. iSCSI環境をご利用の際は、下記のような構成としてください。
    • フローコントロール対応スイッチを利用するなど、パケット再送が発生し難いよう環境を構築する。
    • ストレージへのマルチパス構成を意識し、以下の設定を行う。
      • パスの数だけ VMkernel ポートグループを作成する。
      • それぞれの VMkernel の IP アドレスを別セグメントとする。
      • VMkernel ポートグループと物理ポートは 1:1 に設定する。
    • ストレージ製品により、上記設定の他にiSCSIマルチセッション 等の注意事項がありますので、ストレージ製品の情報も、ご確認ください。

     

  3. ESXi環境でマルチパスを構成した場合、ESXiの機能により HBAフェイルオーバーとSP(Storage Port)フェイルオーバが可能ですが、iStorage StoragePathSaviorにより、iStorage製品にチューニングした冗長パスの管理/制御が可能となります。iStorage StoragePathSaviorは、VMware vSphere6 Standardエディション以上でご利用いただけます。(機能:vStorage APIs for Multipathing)
    iStorage StoragePathSaviorについては、こちらをご参照してください。

    ※ 1台のESXiに 16GbのHBA、8Gbの HBAおよび4Gbの HBAを混在構成することはできません。

  4. Permanent Device Loss (PDL) に対応したストレージ製品では、All Paths Down(APD)が発生した際、ESXi の動作が不定になることを防止できる場合があります。ただし通信経路の冗長化により単一障害点が発生しないようなシステム構成を強く推奨しています。
  5. VAAI - Thin Provisioning : Space Reclamation機能について

     

  6. SAS製品利用時は、SANブート不可。直結構成でサポートされます。下記については、SAS環境では利用できませんので注意してください。※FC/iSCSI製品ではサポート
    • Virtual Volumes
    • Storage Policy-Based Management : VMware Aware Storage APIs(VASA)
    • Raw Device Mapping(RDM)

利用可能ゲストOS

ページの先頭へ戻る