ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VMware
  4. 動作環境
  5. 旧バージョン
  6. VMware vSphere 5.0
  7. サポート対象機器一覧(ESXi 5.0)
ここから本文です。

ESXi 5.0 サポート対象機器一覧

サポート対象機器一覧とVMware 互換性ガイド(VMware Compatibility Guide)との不整合について

以下のような理由でサポート対象機器一覧に掲載していない機器があります。
未掲載の機器のサポート可否については NEC ファーストコンタクトセンター にお問い合わせください。

  • NECでの評価が完了していない
  • 特別な構成などで限定的なサポート
  • 何らかの問題が検出された
  • サポート中止
など

ESXi 5.x で一部センサーのステータスが「不明」と表示される事象について

BMC の System Event Log (SEL) が多量()に登録されている環境において以下事象が発生することがあります。

  • vSphere Client で ESXi ホストに接続し、[構成] - [ハードウェア] - [健全性ステータス] を確認すると、センサーのステータスが "不明" と表示される。
  • ESMPRO/ServerManager から ESXi ホストが監視できなくなる。

※ 事例および社内評価では SEL 件数 2000 件前後で本事象が発生することを確認しています。

本事象が該当した場合、SEL を全件削除し事象を回避してください。手順については以下をご確認ください。
なお、削除前に必要に応じて SEL の内容確認やバックアップを行ってください。

  1. BMC の SEL を全削除してください。
    • BMC の SEL を全削除する手順につきましては、事象が発生した製品のマニュアルをご参照ください。
    • マニュアルは以下より入手可能です。
  2. vSphere Client より、[健全性ステータス] の [センサーのリセット] を押下してください。

LSI CIM Provider (SMI-S Provider) について

ESXi 5 でRAID監視、設定を行う場合は、LSI CIM Provider (SMI-S Provider)を
別途インストールする必要があります。ESX/ESXi 4の場合と異なり、
ESXi 5では標準ではCIM Providerが含まれなくなっていますのでご注意ください。
LSI CIM Providerのバイナリおよびインストール手順に関しては以下から入手してください。

  • BTOモデルにはLSI CIM Provider(SMI-S Provider)がプリインストールされています。

  • vSphere Clientによるステータス表示だけでなく、ESMPRO/ServerManagerとの連携も可能です。

  • LSI SMI-Sプロバイダ (00.50.V0.11)と特定のRAIDコントローラを組み合わせて使用する場合、ESXi ホストの I/O 性能が低下することがあります。詳細については以下を参照してください。
    ESMPRO/ServerManager RAIDシステム管理機能ガイド (VMware ESXi 5以降版)
      → 「LSI SMI-Sプロバイダ (00.50.V0.11)と特定のRAIDコントローラの組み合わせで使用する場合」
  • LSI SMI-S プロバイダ (VMware ESXi 5版)
    • 対象の「モデル名」は「すべてを選択」、「OS」は「その他」を選択し、 「結果を絞り込む」を押下してください。
    • LSI SMI-S プロバイダ (VMware ESXi 5版)のダウンロードページ を開き、【対象ユーザー 】記載の ESXi のバージョンがご利用のESXi のバージョンに該当するかご確認ください。
  • スケーラブルHAサーバ向け LSI SMI-S プロバイダ (VMware ESXi 5版) 
    • LSI SMI-S プロバイダ (VMware ESXi 5版)のダウンロードページを開き、【対象ユーザー 】記載の ESXi のバージョンがご利用のESXi のバージョンに該当するかご確認ください。

Outboxドライバについて

ドライバがOutboxとなっているデバイスについては以下をご参照下さい。
vSphere 5 Outboxドライバが必要なデバイス一覧

  • *:OutboxドライバはNEC専用のESXiインストールメディアに
    標準で含まれていないドライバです。

VMware ESXi 5 動作対象機器一覧表

Express5800
シリーズ
N型番 ESXi 5.0 ESXi 5.0
Update 1
ESXi 5.0
Update 2
ESXi 5.0
Update 3
1way GT110d N8100-1768Y
N8100-1850Y

※1 ※2
※4

※1 ※2
※4

※1 ※2
※4

※1 ※2
GT110d-S N8100-1770Y
N8100-1772Y
N8100-1773Y
N8100-1774Y
N8100-1851Y
N8100-1852Y
N8100-1853Y
N8100-1854Y

※1 ※2
※4

※1 ※2
※4

※1 ※2
※4

※1 ※2
GT110e N8100-1883Y -
※2 ※4

※2 ※4

※2
GT110e-S N8100-1885Y
N8100-1887Y
N8100-1888Y
N8100-1889Y
N8100-1941Y
-
※2 ※4

※2 ※4

※2
R110d-1E N8100-1761
N8100-1762
N8100-1764
N8100-1765
N8100-1863
N8100-1864
N8100-1865
N8100-1866

※1 ※2
※4

※1 ※2
※4

※1 ※2
※4

※1 ※2
R110d-1M N8100-1807Y
N8100-1808Y
-
※2 ※4

※2 ※4

※2
R110e-1E N8100-1927Y
N8100-1928Y
N8100-1930Y
N8100-1931Y
N8100-1942Y
N8100-1943Y
-
※2 ※4

※2 ※4

※2
R110e-1M N8100-2106Y
N8100-2107Y
- -
※2 ※4

※2
T110d N8100-1872Y
N8100-1873Y
-
※2 ※4

※2 ※4

※2
T110e-M N8100-2082Y
N8100-2082YP1Y
N8100-2083Y
- -
※2 ※4

※2
2way
R120b-1 N8100-1654
N8100-1660
N8100-1661
N8100-1655
N8100-1656
N8100-1657
N8100-1658
N8100-1659
N8100-1662
N8100-1663
N8100-1717
N8100-1718
N8100-1719
N8100-1720
N8100-1721
N8100-1722
N8100-1723
N8100-1724
N8100-1725
N8100-1726

※1

※1

※1

※1
R120b-2 N8100-1644
N8100-1650
N8100-1651
N8100-1645
N8100-1646
N8100-1647
N8100-1648
N8100-1649
N8100-1652
N8100-1653
N8100-1706
N8100-1707
N8100-1708
N8100-1759
N8100-1709
N8100-1711
N8100-1712
N8100-1713
N8100-1714
N8100-1715
N8100-1716

※1

※1

※1

※1
R120e-1M N8100-2056Y
N8100-2057Y
N8100-2058Y
N8100-2059Y
N8100-2060Y
N8100-2061Y
N8100-2062Y
N8100-2063Y
N8100-2064Y
N8100-2065Y
N8100-2066Y
N8100-2067Y
- -
※4
R120e-2M N8100-2039Y
N8100-2040Y
N8100-2041Y
N8100-2042Y
N8100-2043Y
N8100-2044Y
N8100-2045Y
N8100-2046Y
N8100-2047Y
N8100-2048Y
N8100-2049Y
N8100-2050Y
- -
※4
R120e-1E N8100-2122Y
N8100-2122YP1Y
N8100-2123Y
N8100-2123YP1Y
N8100-2124Y
N8100-2124YP1Y
N8100-2125Y
N8100-2126Y
N8100-2127Y
N8100-2128Y
N8100-2129Y
N8100-2130Y
N8100-2132Y
N8100-2133Y
N8100-2134Y
- -
※4
R120e-2E N8100-2111Y
N8100-2111YP1Y
N8100-2112Y
N8100-2112YP1Y
N8100-2113Y
N8100-2113YP1Y
N8100-2114Y
N8100-2115Y
N8100-2116Y
N8100-2117Y
N8100-2118Y
N8100-2119Y
N8100-2120Y
N8100-2121Y
- -
※4
T120b-M N8100-1665
N8100-1666
N8100-1667
N8100-1727
N8100-1728
N8100-1729
N8100-1730

※1

※1

※1

※1
T120b-E N8100-1668
N8100-1669
N8100-1670
N8100-1671
N8100-1672
N8100-1731
N8100-1732
N8100-1733
N8100-1734

※1

※1

※1

※1
R120d-2M N8100-1778Y
N8100-1779Y
N8100-1780Y
N8100-1781Y
N8100-1782Y
N8100-1783Y
N8100-1784Y
N8100-1785Y
N8100-1963Y
-
※4

※4
R120d-1M
N8100-1786Y
N8100-1787Y
N8100-1788Y
N8100-1789Y
N8100-1790Y
N8100-1791Y
N8100-1964Y
-
※4

※4
R120d-2E
N8100-1814Y
N8100-1815Y
N8100-1846Y
N8100-1816Y
N8100-1817Y
N8100-1818Y
N8100-1841Y
N8100-1820Y
N8100-1821Y
N8100-1822Y
N8100-1843Y
-
※4

※4
R120d-1E
N8100-1825Y
N8100-1826Y
N8100-1847Y
N8100-1827Y
N8100-1828Y
N8100-1829Y
N8100-1845Y
N8100-1831Y
N8100-1832Y
N8100-1833Y
N8100-1834Y
N8100-1835Y
-
※4

※4
T120d N8100-1877Y
N8100-1878Y
N8100-1874Y
N8100-1875Y
N8100-1876Y
-
※4

※4
T120e N8100-2084Y
N8100-2084YP1Y
N8100-2084YP2Y
N8100-2085Y
N8100-2085YP1Y
N8100-2085YP2Y
N8100-2086Y
N8100-2086YP1Y
N8100-2086YP2Y
N8100-2087Y
N8100-2088Y
N8100-2092Y
- -
※4
B120a N8400-081
N8400-082
N8400-083
N8400-084
N8400-085
B120a-d N8400-086
N8400-087
N8400-088
N8400-089
N8400-090
B120b N8400-110
N8400-111
N8400-112
N8400-113
N8400-114
B120b-Lw N8400-096
N8400-097
N8400-098
B120b-d N8400-117
N8400-121
B120b-h N8400-099
N8400-100
N8400-102
N8400-103
N8400-104
B120d
※3
N8400-131Y
N8400-132Y
N8400-133Y
N8400-134Y
N8400-135Y
-
B120d-h
※3
N8400-124Y
N8400-125Y
N8400-126Y
N8400-127Y
N8400-128Y
-
B120e
※3
N8400-221Y
N8400-222Y
N8400-223Y
N8400-224Y
N8400-225Y
- -
B120e-h ※3
N8400-215Y
N8400-216Y
N8400-217Y
N8400-218Y
N8400-219Y
N8400-220Y
-  -
4way R140b-4 N8100-1601
※1

※1

※1

※1
  • ※1Promise 製 RAIDコントローラ(N8103-128, N8103-134)は
    ESXi 5に対応しませんので、対応するRAIDコントローラ(N8103-129, N8103-130)を
    手配してください。
  • ※2搭載するCPUはXeonシリーズ、またはCore i3シリーズを使用してください。
    Pentium系やCeleron系のCPUについてはサポート対象外となります。
  • ※3NPAR(NIC パーティショニング)機能が有効化されている
    環境では、構成によっては同一のESXi 上の仮想マシン間の
    ネットワークの通信ができない場合があります。
    これは物理NICを介したネットワーク通信が発生した場合、
    物理スイッチの仕様により、特定のポートに入ってきた
    フレームを、そのまま折り返すことができないために発生します。
    もし同一のESXi 上の仮想マシン間でネットワーク通信が必要な
    場合は仮想スイッチ経由で通信ができるように設定してください。
    本制限に関する詳細はシステム構成ガイドの「NPAR機能について」
    を参照してください。
  • Boot from SAN構成サポート
    Boot from SAN構成については、下記ドキュメントを参照してください。
    vSphere ストレージ[pdf] 」(VMware社サイト)
    ※HBAの設定は、Emulex FC HBAの設定を参照して下さい。
  • 2CPU以上の構成の場合はBIOS設定でNUMAを「Enabled」に設定する必要があります。
  • 内蔵ディスクでRAIDを構成する場合はRAIDカードが必要となります。
    標準でRAIDカードが搭載されていない場合は、別途RAIDカードを手配してください。
    オンボードのSATAコントローラをサポートしている装置で、
    RAIDカードを使用せず、オンボードのSATAコントローラを使用して
    SATAまたはSSDを接続する場合、以下に注意してください。
    【SATAコントローラ利用時の注意事項】
    • Non-RAIDモードのみサポート
      (BIOS設定でSATAコントローラのRAID機能を無効に設定する必要があります)
    • エクスプレス通報サービス(MG)関連モジュールなどの
      HW監視ソフトを利用したディスク監視は不可

     

  • vSphere Fault Tolerance (FT)機能は上記認証取得とは別に
    個別の認証取得が必要となります。
    ESXi 5でvSphere FTへ対応している機種は
    vSphere Fault Tolerance 対応状況をご覧ください。
  • 以下の機能は個別の認証取得が必要となります。
    • Single Root I/O Virtualization (SR-IOV)
    • Trusted Execution Technology (TXT)
    • vSphere DirectPath I/O
  • ESMPRO/ServerManagerの対応については
    こちらでご確認ください。
  • ESMPRO/ServerAgent につきましては、ESXi 5 で利用できません。
    詳細につきましては、こちらでご確認ください。

省電力サーバ ECO CENTER

モデル N型番 ESXi 5.0 ESXi 5.0
Update 1
ESXi 5.0
Update 2
ESXi 5.0
Update 3
E120b-1 N8100-1682Y
N8100-1685Y
N8100-1627Y
N8100-1689Y
N8100-1746Y

※1

※1

※1

※1
E110d-1 N8100-1776Y
N8100-1861Y

※1 ※2
※3


※1 ※2
※3


※1 ※2
※3


※1 ※2
E120d-M N8100-1898Y
N8100-1899Y
N8100-1900Y
N8100-1901Y
N8100-1902Y
N8100-1903Y
N8100-1904Y
N8100-1905Y
N8100-1906Y
N8100-1907Y
-
※3

※3
E120d-1 NN8100-1910Y
N8100-1911Y
N8100-1912Y
N8100-1913Y
N8100-1914Y
N8100-1915Y
N8100-1922Y
N8100-1923Y
N8100-1924Y
-
※3

※3
E120e-M N8100-2093Y
N8100-2094Y
N8100-2095Y
N8100-2096Y
N8100-2097Y
N8100-2098Y
N8100-2099Y
N8100-2100Y
N8100-2101Y
N8100-2102Y
- -
※3
  • ※1Promise 製 RAIDコントローラ(N8103-128, N8103-134)は
    ESXi 5に対応しませんので、LSI製のRAIDコントローラ(N8103-129, N8103-130)を
    手配してください。
  • ※2搭載するCPUはXeon E3-1200シリーズ、または
    i3-2100シリーズを使用してください。Pentium系の
    CPUについてはサポート対象外となります。
  • 内蔵ディスクでRAIDを構成する場合はRAIDカードが必要となります。
    標準でRAIDカードが搭載されていない場合は、別途RAIDカードを手配してください。
    オンボードのSATAコントローラをサポートしている装置で、
    RAIDカードを使用せず、オンボードのSATAコントローラを使用して
    SATAまたはSSDを接続する場合、以下に注意してください。
    【SATAコントローラ利用時の注意事項】
    • Non-RAIDモードのみサポート
      (BIOS設定でSATAコントローラのRAID機能を無効に設定する必要があります)
    • エクスプレス通報サービス(MG)関連モジュールなどの
      HW監視ソフトを利用したディスク監視は不可

     

  • 以下の機能は個別の認証取得が必要となります。
    • Single Root I/O Virtualization (SR-IOV)
    • Trusted Execution Technology (TXT)
    • vSphere DirectPath I/O

製品詳細は、以下を参照ください。
省電力サーバ(ECO CENTER):http://www.nec.co.jp/products/pcserver/ecocenter/

スケーラブルHAサーバ

モデル N型番 プロセッサ ESXi 5.0 ESXi 5.0
Update 1
ESXi 5.0
Update 2
ESXi 5.0
Update 3
A1040a NE3100-005Y Xeon
E7-4800/
E7-8800
製品ファミリー
A1080a-S
※1
NE3100-001Y Xeon
7500番台
NE3100-001Y
NE3100-011Y
NE3100-001L
Xeon
E7-4800/
E7-8800
製品ファミリー
A1080a-D
※1
NE3100-002Y Xeon
7500番台
NE3100-002Y
NE3100-012Y
NE3100-002L
Xeon
E7-4800/
E7-8800
製品ファミリー
A1080a-E
※1
NE3100-101Y Xeon
7500番台
NE3100-101Y
NE3100-111Y
NE3100-101L
Xeon
E7-8800
製品ファミリー

製品詳細は、以下を参照ください。
スケーラブルHAサーバ:http://www.nec.co.jp/products/pcserver/scalable/lineup.shtml

  • ※1COPT機能利用時、有効にするCPUコア数は
    すべてのCPUソケットで同一とする必要があります。
  • Promise 製 RAIDコントローラ(NE3108-212)は
    ESXi 5に対応していません。
  • 内蔵ディスクでRAIDを構成する場合はRAIDカードが必要となります。
    標準でRAIDカードが搭載されていない場合は、別途RAIDカードを手配してください。
    オンボードのSATAコントローラをサポートしている装置で、
    RAIDカードを使用せず、オンボードのSATAコントローラを使用して
    SATAまたはSSDを接続する場合、以下に注意してください。
    【SATAコントローラ利用時の注意事項】
    • Non-RAIDモードのみサポート
      (BIOS設定でSATAコントローラのRAID機能を無効に設定する必要があります)
    • エクスプレス通報サービス(MG)関連モジュールなどの
      HW監視ソフトを利用したディスク監視は不可

     

  • 以下の機能は個別の認証取得が必要となります。
    • Single Root I/O Virtualization (SR-IOV)
    • Trusted Execution Technology (TXT)
    • vSphere DirectPath I/O
  • ESMPRO/ServerManagerの対応については
    こちらでご確認ください。
  • ESMPRO/ServerAgent につきましては、ESXi 5 で利用できません。
    詳細につきましては、こちらでご確認ください。

ftサーバ

モデル N型番 ESXi 5.0 ESXi 5.0
Update 1
ESXi 5.0
Update 2
ESXi 5.0
Update 3
R320a-E4 NP8800-164P1 -
R320b-M4 NP8800-165P1 -
  • メモリ容量は8GB以上を推奨しています。
  • 製品詳細につきましては下記をご参照ください。

  • ftサーバについてはESXi 5カスタムイメージを利用せず、通常のESXi 5イメージをご利用ください。

動作対象ストレージ製品

ストレージ製品の VMware認証取得情報については、こちら(ストレージ製品のページ)をご参照ください。
また、ストレージ製品の注意事項についても、ご確認ください。


[ESXi環境の注意事項]

  1. iSCSI,NAS製品利用時は、スイッチの手配が必須です。
  2. iSCSI環境をご利用の際は、下記のような構成としてください。
    • フローコントロール対応スイッチを利用するなど、パケット再送が発生し難いよう環境を構築する。
    • ストレージへのマルチパス構成を意識し、以下の設定を行う。
      • パスの数だけ VMkernel ポートグループを作成する。
      • それぞれの VMkernel の IP アドレスを別セグメントとする。
      • VMkernel ポートグループと物理ポートは 1:1 に設定する。
    • ストレージ製品により、上記設定の他にiSCSIマルチセッション 等の注意事項がありますので、ストレージ製品の情報も、ご確認ください。
  3. ESXi環境でマルチパスを構成した場合、ESXiの機能により HBAフェイルオーバーとSP(Storage Port)フェイルオーバが可能ですが、iStorage StoragePathSaviorにより、iStorage製品にチューニングした冗長パスの管理/制御が可能となります。iStorage StoragePathSaviorは、VMware vSphere5 Enterpriseエディション以上でご利用いただけます。(機能:vStorage APIs for Multipathing)
    iStorage StoragePathSaviorについては、こちらをご参照してください。

    ※ 1台のESXiに 8GbのHBA、4Gbの HBAおよび 2Gbの HBAを混在構成することはできません。

  4. Permanent Device Loss (PDL) に対応したストレージ製品では、All Paths Down(APD)が発生した際、ESXi の動作が不定になることを防止できる場合があります。ただし通信経路の冗長化により単一障害点が発生しないようなシステム構成を強く推奨しています。

  5. VAAI - Thin Provisioning : Space Reclamation機能について
    • Space Reclamation機能ご利用に際しては、下記KB2048466をご参照ください。
      http://kb.vmware.com/kb/2048466
    • Thin ProvisioningのSpace Reclamation機能については、
      vmkfstoolsによりサポートとなりました。
      下記KBを参照して、UNMAPコマンドを無効にした上で、vmkfstoolsにて実施してください。
      • Space Reclamation機能(UNMAPコマンド)の無効設定
        • a) 2011年12月パッチを適用するか、ESXi 5.0 Update 1以降にすることにより Space Reclamation機能が無効に設定されます。
        • b) 2011年12月パッチが適用されていない状態ではSpace Reclamation機能が有効となっているため、以下のKBの手順に従い無効に設定してください。
          http://kb.vmware.com/kb/2007427
      • vmkfstoolsによる領域再利用

  6. SAS製品利用時は、SANブート不可。直結構成でサポートされます。下記については、SAS環境では利用できませんので注意してください。※FC/iSCSI製品ではサポート
    • Profile-Driven Storage : VMware Aware Storage APIs(VASA)
    • Raw Device Mapping(RDM)

利用可能ゲストOS

ページの先頭へ戻る