ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VMware
  4. 特長/機能
  5. 旧バージョン
  6. VMware vSphere 5
ここから本文です。

VMware vSphere 5 特長/機能

VMware vSphere 5 概要

「VMware vSphere 5」は、VMware ESXi と VMware vCenter Serverで構成される製品です。
VMware vSphere 5 は、実績のある VMware ESXi プラットフォームを基盤とし、設備投資コストと運用コストを 大幅に削減します。

  • VMware vSphere 5 はシステムのリソース全体を管理し、柔軟な可用性、セキュリティ、 およびスケーラビリティを提供します。
  • VMware vSphere 5 の導入により、複雑なサーバ、ストレージ、およびネットワーク インフラストラクチャを意識することなく、変化する要件に対応できる 環境が実現します。

VMware vSphere 5

VMware vSphere 5.5 機能強化

以下は VMware vSphere 5.1 からの主な機能強化です。

  • 仮想マシンの機能拡張(仮想マシンハードウェアバージョン 10)
    • Expanded vGPUのサポート
    • LinuxゲストOS向けのグラフィックアクセラレーションのサポート

  • ESXiの機能拡張
    • ホットプラグ可能なSSD PCIeデバイスのサポート
    • CPU C-Statesのサポート

  • vCenter Serverの機能拡張
    • vCenter Single Sign On
      • デプロイの簡易化
      • マルチドメイン環境でのクロスドメイン認証のサポート
      • アーキテクチャ刷新によりDBを不要化、マルチマスタな認証ソリューションを提供
    • vSphere Web Client
      • Mac OS Xでの使用をサポート
      • ユーザビリティの改善(オブジェクトのドラッグ&ドロップ、フィルタ、最近のアイテムの追加)
    • vCenter Server Appliance
      • バンドルDBでサポートされる管理台数の拡大:ホスト100台、仮想マシン3000台
    • App HAの追加
      • ゲストOSのアプリケーションの監視及び自動修正
    • DRSアフィニティにVM-VMルールの追加
    • Big Data Extensionsの追加
      • vSphere上に仮想Hadoopクラスタを展開可能

  • ストレージの機能拡張
    • 62TB仮想ディスクのサポート
    • MSCSのアップデート
      • Windows Server 2012のサポート
      • 共有ストレージとして以下をサポート:
        • ラウンドロビン パスポリシー
        • iSCSIプロトコル
        • FCoEプロトコル
    • 16GB End-to-end FCのサポート
    • PDL AutoRemoveの追加
    • Flash Read Cacheの追加

  • エディションごとの機能強化
    • 64 way vCPU / VMの拡大:
      • Essentials, Essentials Plus, Standard, Enterprise, Enterprise Plusエディションで利用可能
    • Big Data Extensionsの追加:
      • Enterprise, Enterprise Plusエディションで利用可能
    • Flash Read Cacheの追加:
      • Enterprise Plusエディションで利用可能
    • App HAの追加:
      • Enterprise Plusエディションで利用可能

VMware vSphere 5.5 機能一覧

vSphere VMFS

対応ライセンス種別

vSphere VMFS は、複数の仮想サーバによるストレージへの同時アクセスを許可することで、ストレージ インフラストラクチャの複雑さを排除し、効率的なストレージ プールを提供するように設計された、高性能のクラスタ ファイル システムです。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere API for Data Protection

対応ライセンス種別

vSphere API for Data Protection (VADP) を使用する バックアップ ソフトウェアを活用することで、アプリケーションやユーザーの作業を中断せずに、スケーラビリティに優れたバックアップを実現できます。 VADP は、バックアップ ソフトウェアによる仮想マシンの統合バックアップを可能にします。各仮想マシンには、バックアップ作業による停止やオーバーヘッドは発生しません。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Thin Provisioning

対応ライセンス種別

VMware vSphere Storage Thin Provisioning では、物理ストレージ容量の動的な割り当てやインテリジェントなプロビジョニングが可能になるため、仮想マシンによるストレージの使用が大幅に効率化されます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Update Manager

対応ライセンス種別

パッチの適用とアップデートの自動化により、VMware vSphere の管理を簡素化します。 vSphere Update Manager を使用すると、vSphere ホストのトラッキングおよびパッチ適用を容易に管理できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere HA

対応ライセンス種別

従来のクラスタリング ソリューションにおけるコストや複雑さを削減しながら、仮想 IT 環境全体に高可用性を提供します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Data Protection

対応ライセンス種別

エージェントを使用しない、ディスクへの迅速なバックアップを使用して、データを保護します。このとき、デデュープ (重複排除) によりバックアップ用のディスク容量を最小に抑制します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere vMotion

対応ライセンス種別

実行中の仮想マシンをホスト間で移行することにより、計画的なサーバのメンテナンスに起因するアプリケーションのダウンタイムを排除します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vShield Endpoint

対応ライセンス種別

仮想データセンターの端末 (エンドポイント) セキュリティの向上
既存の投資を活用し、物理環境の保護に使用しているものと同じ管理インターフェイスを使用して、仮想環境用にアンチウイルスおよびアンチマルウェア ポリシーを管理できます。 VMware vShield™ Endpoint では、VMware vSphere および VMware View 環境のセキュリティが強化されると同時に、端末保護のパフォーマンスが格段に向上します。また、VMware のパートナーが提供する専用のセキュアな仮想アプライアンスに、アンチウイルスおよびアンチマルウェアのエージェント処理を委譲します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Replication

対応ライセンス種別

組み込みの vSphere Replication を使用することで、サードパーティ製レプリケーション製品にかかるコストを排除し、より柔軟なディザスタ リカバリ計画を作成できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Fault Tolerance

対応ライセンス種別

vSphere Fault Tolerance (FT) では、仮想ロックステップ方式でプライマリ インスタンスと同期する仮想マシンのライブ シャドウ インスタンスを作成します。これにより、サーバ障害時に、アプリケーションに継続的な可用性を提供します。 FT を使用すると、ハードウェア障害時に 2 つのインスタンス間で瞬時にフェイルオーバーできるため、データ損失や運用の中断を完全に排除できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Storage vMotion

対応ライセンス種別

実行中の仮想マシン ディスク ファイルをストレージ アレイ内または異なるストレージ アレイ間で移行することにより、計画的なストレージのメンテナンスに起因するアプリケーションのダウンタイムが排除されます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere DRS

対応ライセンス種別

DRS は、vSphere ホスト全体の使用率を監視し、仮想マシンの配置を継続的に最適化することで、vSphere ホストのリソースをクラスタに統合し、仮想マシンに自動的に割り当てます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere DPM

対応ライセンス種別

vSphere DPM (Distributed Power Management) は、データセンターの電力消費を継続的に最適化します。 夜間や週末など、DRS クラスタ内の仮想マシンが必要とするリソースが減少した場合、DPM はワークロードを少数のサーバに統合し、ほかのサーバの電源をパワーオフすることで、電力消費を削減します。 仮想マシンのリソース要件が増加すると、DPM はパワーオフ状態のホストをオンラインに戻し、サービス レベルを維持します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere API for Array Integration

対応ライセンス種別

特定のストレージの操作による負荷をサポート対象のディスク アレイに移すことで、比類のないパフォーマンスと効率性を実現します。 vSphere API for Array Integration (VAAI) により、vSphere は、主要な操作をより迅速に実行し、CPU、メモリ、ストレージ帯域幅の消費を抑制できるようになります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Storage APIs for Multipathing

対応ライセンス種別

サードパーティ製のストレージベンダのマルチパスソフトウェア機能を活用することで、
vSphere からストレージへのI/Oパフォーマンスと信頼性を向上させます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Big Data Extensions

対応ライセンス種別

vSphere を使用した Hadoop の仮想化により、物理サーバと同等のシステム パフォーマンスが実現し、Hadoop クラスタの展開、実行、管理をサポートする俊敏性が高まります。 単一の使いやすいユーザー インターフェイスにアクセスし、ボタンをクリックするだけで、変化するビジネス要件に合わせたリソースを展開できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Host Profiles

対応ライセンス種別

ホスト レベルで構成設定をキャプチャして、テンプレートとして保存し、別の vSphere ホストの構成時に利用します。ホストの構成変更を監視し、ホストに異常があるかコンプライアンスに違反した場合、自動的にvSphere 管理者にアラートを通知します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Distributed Switch

対応ライセンス種別

クラスタ レベルのネットワーク統合を使用して、ネットワークのプロビジョニング、管理、および監視を中央から実行し、データセンターのアクセスを切り替えます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Storage I/O Control

対応ライセンス種別

VMware vSphere Storage I/O Control では、ストレージ アクセスの優先度を決定することで、重要なアプリケーションのサービス レベルの向上を実現します。 1 つのストレージ ボリュームの I/O 負荷を継続的に監視し、利用可能な I/O リソースをビジネス ニーズに合わせて仮想マシンに動的に割り当てます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Network I/O Control

対応ライセンス種別

vSphere Network I/O Control では、仮想マシンごとにルールとポリシーを設定し、ビジネス クリティカルなアプリケーションに確実にリソースを提供できるようにします。 I/O の混雑状態が検出されると、指定されたルールに従って、利用可能な I/O リソースをフロー タイプに動的に割り当てます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Auto Deploy

対応ライセンス種別

vSphere Auto Deploy は、x86 サーバのネットワーク ブート機能と、占有量の小さい ESXi ハイパーバイザーを使用して、vSphere ホストを迅速にプロビジョニングします。 Auto Deploy では、ESXi ソフトウェアがメモリに直接インストールされている中央の Auto Deploy サーバから、vSphere ホストがネットワーク ブートされます。 vCenter ホスト プロファイルがインストールされている場合は、これを使用してホストが構成されます。 構成されたホストは、ホスト仮想マシンを使用可能な vCenter Server に接続されます。 プロセス全体が完全に自動化されるため、手動操作を行わなくても、新しいホストを短時間でプロビジョニングできます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Storage DRS

vSphere Storage DRS は、複数のデータストアのストレージ リソースを単一のデータストア クラスタに統合し、大規模なストレージ管理を簡素化します。 Storage DRS は仮想マシンのプロビジョニング時に、データストアの I/O 負荷と利用可能なストレージ容量に基づいて、インテリジェントに仮想マシンを配置します。 また、ビジネス ニーズや変化する優先事項を反映した事前定義済みのルールに従って、データストア間のロード バランシングを継続的に実行し、空き容量や I/O のボトルネックの発生を回避します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Profile-Driven Storage

対応ライセンス種別

vSphere Profile-Driven Storage を使用すると、アプリケーションのプロビジョニングを迅速かつインテリジェントに行い、利用するストレージに応じてアプリケーションのサービス レベルを確保できます。 ストレージ プールを詳細に確認することができるため、設備コストと運用コストの削減につながります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Flash Read Cache

対応ライセンス種別

vSphere Flash Read Cache は、サーバ サイド フラッシュを仮想化し、高性能の読み取りキャッシュ レイヤーを提供することによって、アプリケーションの遅延を大幅に低減します。 このキャッシュ機能は仮想マシンに対して完全に透過的で、ゲスト エージェントも不要です。 vSphere Flash Read Cache は、仮想マシン ディスク (VMDK) 単位でフラッシュ リソースを割り当てることができるため、vMotion においても一貫した読み取りキャッシュ機能を提供し、DRS との連携による初期配置を可能にします。

詳細 (VMware社へのリンクです)

App HA

対応ライセンス種別

vSphere App HA は、アプリケーション レベルの監視と自動修正により、vSphere High Availability (HA) の機能を補完する新機能です。 App HA では、ポリシー ベースのアプリケーション監視と修正、vSphere HA と連携による複数のリカバリ オプションによってアプリケーションの連続稼動時間を延長することができます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

VMware vSphere 5.1 機能強化

以下は VMware vSphere 5.0 からの主な機能強化です。

VMware vSphere 5.1 機能一覧

vSphere VMFS

vSphere VMFS は、複数の仮想サーバによるストレージへの同時アクセスを許可することで、ストレージ インフラストラクチャの複雑さを排除し、効率的なストレージ プールを提供するように設計された、高性能のクラスタ ファイル システムです。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere API for Data Protection

vSphere API for Data Protection (VADP) を使用する バックアップ ソフトウェアを活用することで、アプリケーションやユーザーの作業を中断せずに、スケーラビリティに優れたバックアップを実現できます。 VADP は、バックアップ ソフトウェアによる仮想マシンの統合バックアップを可能にします。各仮想マシンには、バックアップ作業による停止やオーバーヘッドは発生しません。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Thin Provisioning

VMware vSphere Storage Thin Provisioning では、物理ストレージ容量の動的な割り当てやインテリジェントなプロビジョニングが可能になるため、仮想マシンによるストレージの使用が大幅に効率化されます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Update Manager

パッチの適用とアップデートの自動化により、VMware vSphere の管理を簡素化します。 vSphere Update Manager を使用すると、vSphere ホストのトラッキングおよびパッチ適用を容易に管理できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere HA

従来のクラスタリング ソリューションにおけるコストや複雑さを削減しながら、仮想 IT 環境全体に高可用性を提供します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Data Protection

エージェントを使用しない、ディスクへの迅速なバックアップを使用して、データを保護します。このとき、デデュープ (重複排除) によりバックアップ用のディスク容量を最小に抑制します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere vMotion

実行中の仮想マシンをホスト間で移行することにより、計画的なサーバのメンテナンスに起因するアプリケーションのダウンタイムを排除します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vShield Zones

vShield Zones は、仮想データセンター内で、ネットワーク ベースの脅威からの基本的な保護を提供します。 このソリューションはほとんどの VMware vSphere のパッケージに含まれており、トラフィックの基本情報に基づくポリシーを使用したアプリケーション ファイアウォールを提供します。 vShield Zones は vSphere ホスト単位で導入できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vShield Endpoint

仮想データセンターの端末 (エンドポイント) セキュリティの向上
既存の投資を活用し、物理環境の保護に使用しているものと同じ管理インターフェイスを使用して、仮想環境用にアンチウイルスおよびアンチマルウェア ポリシーを管理できます。 VMware vShield™ Endpoint では、VMware vSphere および VMware View 環境のセキュリティが強化されると同時に、端末保護のパフォーマンスが格段に向上します。また、VMware のパートナーが提供する専用のセキュアな仮想アプライアンスに、アンチウイルスおよびアンチマルウェアのエージェント処理を委譲します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Replication

組み込みの vSphere Replication を使用することで、サードパーティ製レプリケーション製品にかかるコストを排除し、より柔軟なディザスタ リカバリ計画を作成できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Fault Tolerance

vSphere Fault Tolerance (FT) では、仮想ロックステップ方式でプライマリ インスタンスと同期する仮想マシンのライブ シャドウ インスタンスを作成します。これにより、サーバ障害時に、アプリケーションに継続的な可用性を提供します。 FT を使用すると、ハードウェア障害時に 2 つのインスタンス間で瞬時にフェイルオーバーできるため、データ損失や運用の中断を完全に排除できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Storage vMotion

実行中の仮想マシン ディスク ファイルをストレージ アレイ内または異なるストレージ アレイ間で移行することにより、計画的なストレージのメンテナンスに起因するアプリケーションのダウンタイムが排除されます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere DRS

DRS は、vSphere ホスト全体の使用率を監視し、仮想マシンの配置を継続的に最適化することで、vSphere ホストのリソースをクラスタに統合し、仮想マシンに自動的に割り当てます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere DPM

vSphere DPM (Distributed Power Management) は、データセンターの電力消費を継続的に最適化します。 夜間や週末など、DRS クラスタ内の仮想マシンが必要とするリソースが減少した場合、DPM はワークロードを少数のサーバに統合し、ほかのサーバの電源をパワーオフすることで、電力消費を削減します。 仮想マシンのリソース要件が増加すると、DPM はパワーオフ状態のホストをオンラインに戻し、サービス レベルを維持します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere API for Array Integration

特定のストレージの操作による負荷をサポート対象のディスク アレイに移すことで、比類のないパフォーマンスと効率性を実現します。 vSphere API for Array Integration (VAAI) により、vSphere は、主要な操作をより迅速に実行し、CPU、メモリ、ストレージ帯域幅の消費を抑制できるようになります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Storage APIs for Multipathing

サードパーティ製のストレージベンダのマルチパスソフトウェア機能を活用することで、
vSphere からストレージへのI/Oパフォーマンスと信頼性を向上させます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Host Profiles

ホスト レベルで構成設定をキャプチャして、テンプレートとして保存し、別の vSphere ホストの構成時に利用します。ホストの構成変更を監視し、ホストに異常があるかコンプライアンスに違反した場合、自動的にvSphere 管理者にアラートを通知します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Distributed Switch

クラスタ レベルのネットワーク統合を使用して、ネットワークのプロビジョニング、管理、および監視を中央から実行し、データセンターのアクセスを切り替えます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Storage I/O Control

VMware vSphere Storage I/O Control では、ストレージ アクセスの優先度を決定することで、重要なアプリケーションのサービス レベルの向上を実現します。 1 つのストレージ ボリュームの I/O 負荷を継続的に監視し、利用可能な I/O リソースをビジネス ニーズに合わせて仮想マシンに動的に割り当てます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Network I/O Control

vSphere Network I/O Control では、仮想マシンごとにルールとポリシーを設定し、ビジネス クリティカルなアプリケーションに確実にリソースを提供できるようにします。 I/O の混雑状態が検出されると、指定されたルールに従って、利用可能な I/O リソースをフロー タイプに動的に割り当てます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Auto Deploy

vSphere Auto Deploy は、x86 サーバのネットワーク ブート機能と、占有量の小さい ESXi ハイパーバイザーを使用して、vSphere ホストを迅速にプロビジョニングします。 Auto Deploy では、ESXi ソフトウェアがメモリに直接インストールされている中央の Auto Deploy サーバから、vSphere ホストがネットワーク ブートされます。 vCenter ホスト プロファイルがインストールされている場合は、これを使用してホストが構成されます。 構成されたホストは、ホスト仮想マシンを使用可能な vCenter Server に接続されます。 プロセス全体が完全に自動化されるため、手動操作を行わなくても、新しいホストを短時間でプロビジョニングできます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Storage DRS

vSphere Storage DRS は、複数のデータストアのストレージ リソースを単一のデータストア クラスタに統合し、大規模なストレージ管理を簡素化します。 Storage DRS は仮想マシンのプロビジョニング時に、データストアの I/O 負荷と利用可能なストレージ容量に基づいて、インテリジェントに仮想マシンを配置します。 また、ビジネス ニーズや変化する優先事項を反映した事前定義済みのルールに従って、データストア間のロード バランシングを継続的に実行し、空き容量や I/O のボトルネックの発生を回避します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Profile-Driven Storage

vSphere Profile-Driven Storage を使用すると、アプリケーションのプロビジョニングを迅速かつインテリジェントに行い、利用するストレージに応じてアプリケーションのサービス レベルを確保できます。 ストレージ プールを詳細に確認することができるため、設備コストと運用コストの削減につながります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

VMware vSphere 5.0 機能強化

以下は VMware vSphere 4.1 からの主な機能強化です。

  • エディションごとの機能強化
    • Enterprise Plusエディションに新機能追加(Auto Deploy, Storage DRS, Policy-driven storage)
    • 各エディションにおけるコア数、物理メモリの制限は廃止
    • vSMPの強化:Enterprise Plusエディションで32way、それ以外では8way

  • ESXiホストへの一元化(ESXからの機能強化)
    • ESXi はサービスコンソールがないためコード量が少なく、信頼性・セキュリティが向上
    • ESXi は必要なパッチ数が ESX よりも大幅に少なくなり、管理時間も短縮

  • ESXiホストの機能拡張
    • 1ホストあたり最大160個の論理CPUと最大2TB の物理メモリのサポート
    • メモリエラーの隔離により、影響する仮想マシンを再起動
    • Firewallの実装
    • ESXiのスワップとして、SSDデバイスを利用可能
    • データストアのファイルシステムがVMFS-3からVMFS-5へ変更され、物理互換のRDMのディスクサイズが2TBから64TBへ拡大
    • Intel Trusted Execution Technology (TXT) を使用して起動するように ESXi 5.0 を構成し、システムバイナリが破損または改ざんされた場合などに ESXi を保護可能

  • 仮想マシンの機能拡張
    • 最大 32 vCPUs / VM
    • 最大 1TB vRAM / VM
    • Aero向けの3Dグラフィックのサポート
    • クライアントマシンのUSB 3.0デバイスのサポート
    • 仮想マルチコアのGUI設定が可能
    • ゲストOSとしてApple mac OS X Server 10.6 のサポート

  • VMware vCenter Serverの管理機能の拡張
    • すべてのログメッセージがsyslogによって生成されるようになり、メッセージをローカルログサーバまたは1 つ以上のリモートログサーバのいずれかに記録可能
    • 複数のホストのメッセージを特定のサーバで記録可能
    • SSLまたはTCP接続を使用して、ログメッセージをリモートで記録可能

  • vCenter Virtual アプライアンス
    • 事前構成済みのLinuxベースの仮想アプライアンスで実行されるvCenter Serverの実装
    • vCenter Server のデプロイの時間を短縮
    • Windows OSレスで管理可能

  • vMotion機能拡張
    • vMotionのマルチNICサポート:1つのvMoitonにつき複数のNICを利用可能
    • Metro vMotion:転送元と転送先のRTT(round-trip time)の許容値が5ms→10ms へ強化されました(Enterprise Plus エディションのみ)。
    • エラーレポート改良:vCenter Server で起こったエラー一覧を表示

  • Storage vMotion のスナップショットのサポート
    • 仮想マシンをスナップショットともに別のデータストアへ移行可能

  • HA (High Availability) アーキテクチャの刷新
    • プライマリ-セカンダリ構成は廃され、DNSが不要化したことにより構成が容易化
    • Heartbeat Datastore の導入により、ホストの障害検出の信頼性が向上
    • HAの構成に要する時間の短縮
    • ログファイルを一元化

  • Network 強化
    • ネットワーク I/O コントロールに基づいて、ユーザーがネットワーク リソース プールを定義可能
    • Port Mirror構成が可能
    • GUI設定可能:仮想スイッチのJumboFrame設定、iSCSIポートバインド設定

VMware vSphere 5.0 の機能一覧

vSphere VMFS

All editions

仮想マシン用に最適化された高性能クラスタ ファイル システムにより、仮想マシンのプロビジョニングおよび管理を簡素化します。VMFS を使用した仮想マシンの統合ストレージは、仮想化された IT 環境の管理に優れた制御、柔軟性、およびパフォーマンスを提供します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vStorage APIs for Data Protection

All editions

vStorage APIs for Data Protection を活用するバックアップ ソフトウェアを使用して、アプリケーションやユーザーの作業を停止せずに、拡張性の高いバックアップを実行できます。vStorage APIs for Data Protection により、バックアップソフトウェアは仮想マシンの統合バックアップを実行できます。このとき、各仮想マシンには、実行中のバックアップ作業による停止やオーバーヘッドは発生しません。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Thin Provisioning

All editions

ストレージ使用率の向上、無駄なストレージ容量の削減、および一定のストレージ容量の確保を排除することで、ストレージのコストを抑制できます。Thin Provisioning は、ストレージ容量の過剰割り当てを可能にする vStorage の主要コンポーネントです。これにより、ストレージ使用の効率化、アプリケーションの稼動時間の向上、およびストレージ容量管理の簡素化を実現します。購入するディスク数を減らし、余分なディスクの電力と冷却のコストを削減することで、設備投資コストと運用コストを削減できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Update Manager

All editions

パッチの適用とアップデートの自動化により、仮想インフラストラクチャの管理を簡素化します。 vSphere Update Manager を使用すると、VMware ESX ホストだけでなく、サポート対象の Windows および Linux 仮想マシンのトラッキングおよびパッチ適用を容易に管理できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere HA

From Essentials Plus to Enterprise Plus

vSphere HA (High Availability)は、費用対効果に優れた高可用性を提供し、オペレーティング システムや基盤となるハードウェア構成に関わらず、あらゆるアプリケーションを仮想マシン上で実行します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

VMware Data Recovery

VMware Data Recovery は、ディスク ベースのバックアップおよびリカバリ ソリューションです。仮想マシンの完全なデータ保護を迅速かつ容易に実現します。VMware Data Recovery は、最前線でデータ保護を行います。VMware vCenter Server と完全に統合されるので、バックアップ ジョブを効率的に統合管理できます。また、データのデデュープ (重複排除) により、バックアップで使用するディスク ストレージの容量を削減します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere vMotion

From Advanced to Enterprise Plus

エンド ユーザーに影響を与えずに、実行中の仮想マシンを別の物理サーバに移行します。vSphere vMotion は、IT 環境を稼動したまま、従来にない柔軟性と可用性を提供して、増加するビジネスおよびエンド ユーザーの要求に対応します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Fault Tolerance

From Enterprise to Enterprise Plus

vSphere Fault Tolerance (FT)は vLockstep テクノロジーを基盤としており、従来のハードウェアおよびソフトウェア用クラスタリング ソリューションで発生するコストおよび複雑性を削減し、ダウンタイムやデータ損失なしで、アプリケーションの継続的な可用性を実現します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vShield Zones

From Enterprise to Enterprise Plus

vShield Zones は、ユーザー データや機密データの信頼性とネットワークのセグメント化を維持しながら、アプリケーションを共有コンピューティング リソース プール内で効率的に実行します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Storage vMotion

From Enterprise to Enterprise Plus

ストレージ アレイ間で、仮想マシン ディスク ファイルのライブ マイグレーションが可能になります。vSphere Storage vMotion を使用すると、継続的なサービスの可用性と完全なトランザクションの整合性を維持しながら、仮想マシンのディスク ファイルを共有ストレージ間で再配置できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere DRS

コンピューティング リソースの動的な割り当てとバランシングを行い、ビジネス目標に合わせて IT インフラストラクチャを調整します。 vSphere DRS (Distributed Resource Scheduler) は、リソース プール全体の使用率を継続的に監視し、ビジネス ニーズに合わせて使用可能なリソースを仮想マシン間にインテリジェントに割り当てます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere DPM

vSphere DPM (Distributed Power Management) は、データ センターの電力消費を継続的に最適化します。 夜間や週末など、DRS クラスタ内の仮想マシンが必要とするリソースが減少した場合、DPM はワークロードを少数のサーバに統合し、ほかのサーバの電源をパワーオフすることで、電力消費を削減します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vStorage APIs for Array Integration

From Enterprise to Enterprise Plus

vStorage APIs for Array Integration (VAAI) は、サポートされたディスクアレイの性能と効率を向上させます。VAAIを用いることで、CPU, メモリ、ストレージ帯域を減らすことが可能となります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vStorage APIs for Multipathing

From Enterprise to Enterprise Plus

サードパーティ製のストレージベンダのマルチパスソフトウェア機能を活用することで、
vSphere からストレージへのI/Oパフォーマンスと信頼性を向上させます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Host Profiles

ユーザー定義の構成ポリシーを使用することで、ホスト構成の管理を簡素化できます。プロファイル ポリシーを使用すると、ホストの構成をホストごとに手動で行う必要はなく、データ センター全体における構成の一貫性と正確さを効率的に維持できます。検証された既知の最適な 構成の設計図をホスト プロファイル ポリシーに取り込み、これを利用して複数ホスト上でネットワーク、ストレージ設定、セキュリティ設定などを構成できます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Distributed Switch

vSphere Distributed Switch は、仮想マシン ネットワークのプロビジョニング、管理、および監視を簡素化し、強化します。 Distributed Switch により、クラスタ レベルのネットワークの統合管理が実現されるため、仮想環境内のホストに対して、個々にネットワークを構成する必要がなくなります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Storage I/O Control

Enterprise Plus

同じベースラインを一様に設定し、事前設定したビジネス ルールに従ってストレージ リソースへアクセスする際の優先順位を定義します。ストレージ I/O 制御により、ストレージ リソースへのアクセスが混雑状態になったときに、事前にプログラミングされた対応を行うことが可能です。インフラストラクチャ サービスの提供のほか、クラウド コンピューティングの提供さえもが、これまでよりも容易になります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Network I/O Control

Enterprise Plus

同じベースラインを設定し、事前設定したビジネス ルールに従ってネットワーク リソースへアクセスする際の優先順位を定義します。 vSphere Network I/O Control では、ネットワーク リソースへのアクセスが混雑状態になったときに、事前に定義した対応を行うことで、インフラストラクチャ サービスとクラウド コンピューティングの提供がさらに容易になります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Auto Deploy

Enterprise Plus

Auto Deploy では、何百ものマシンを対象とした ESXi のインストールおよびアップグレードを管理するタスクを簡素化します。新しいホストは、管理者が定義したルールに基づいてプロビジョニングされます。再起動するだけでサーバがクリーンな状態に再構築されます。ESXi バージョン間を移動するには、Auto Deploy PowerCLI を使用して新しいルールを作成し、コンプライアンスのテストと修復処理を実施します。

詳細 (VMware社へのリンクです)

vSphere Storage DRS

Enterprise Plus

vSphere Storage DRS を使用すると、ストレージ ボリューム クラスタ全体のストレージ リソースを統合し、ビジネス ニーズや変化する優先事項を反映した定義済みのルールに従って、使用可能なストレージ リソースを仮想マシンにインテリジェントに割り当てることができます。

詳細 (VMware社へのリンクです)

Profile Driven Storage

Enterprise Plus

ストレージとサーバ間の緊密な連携によるストレージ管理が実現します。 VMware の Profile Driven Storage は、迅速かつインテリジェントなアプリケーションのプロビジョニングを可能とする、vSphere の機能の 1 つです。これにより、利用するストレージに合わせてアプリケーションのサービス レベルを提供することができます。 ストレージ プールを詳細に確認することができるため、設備コストと運用コストの削減につながります。

詳細 (VMware社へのリンクです)

VMware vSphere 5 のコンポーネント

VMware ESXi

VMware ESXi は、本番環境で実証済みの堅牢な仮想化レイヤーであり、抽象化されたプロセッサ、メモリ、ストレージ、ネットワークリソースを複数の仮想マシンに割り当てます。多数の仮想マシンにリソースを割り当てることにより、ハードウェアの使用率が向上し、設備コストと運用コストが大幅に削減されます。また、高度なリソース管理、高可用性、セキュリティ機能により、多大なリソースを必要とするアプリケーションについてもサービスレベルの向上をもたらします。
VMware ESXに比べるとサービスコンソールがないためコード量が少なく、信頼性・セキュリティが向上しています。

VMware vCenter Server

VMware vCenter Server は、 仮想化環境の管理の基盤となる、拡張性の高いプラットフォームを提供します。 VMware vCenter Server (旧称 VMware VirtualCenter) では VMware vSphere 環境の統合管理が可能です。ほかの管理プラットフォームに比べ、IT 管理者は、仮想環境の管理を大幅に向上させることができます。


ページの先頭へ戻る