ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VMware
  4. 動作環境
  5. 旧バージョン
  6. vSphere 5 Outboxドライバが必要なデバイス一覧
ここから本文です。

vSphere 5 Outboxドライバが必要なデバイス一覧

[重要]
NEC製サーバ(ftサーバを除く)にESXi 5をインストールする場合は必ずNEC Custom Imageを使用してください。 NEC Custom ImageにはNEC製サーバにESXi 5をインストールするために必要な最低限のドライバが含まれています。
本ページではNEC Custom Imageを利用した場合に別途Outboxドライバのインストールが必要となるデバイス一覧を記載しています。


Outboxドライバは下記のVMware社Webサイトの
"Driver CDs"からダウンロードすることが可能です。



現在Outboxドライバのインストールが必要となるデバイスは下記を参照してください。

ESXi 5.0
なし(サポートされているデバイスであれば、すべてNEC Custom Imageに含まれるドライバで動作します)
ESXi 5.1
なし(サポートされているデバイスであれば、すべてNEC Custom Imageに含まれるドライバで動作します)
ESXi 5.5
N型番 ドライバ名 ESXi 5.5 ESXi 5.5 Update 1 ESXi 5.5 Update 2 ESXi 5.5 Update 3
N8103-184
※3
mpt3sas - -
※1 ※2

※2
  • ○:Outboxドライバのインストールは不要
  • △:Outboxドライバのインストールが必要(必要となるOutboxドライバのURLをリンクしています)
  •  -:デバイスのサポート対象外

 

  • ※1以下のコマンドを実行しドライバをインストールしてください。

    # esxcli software vib install -v <vib file>

    <vib file>には/vmfs/volumes/datastore1/vib/XXXXXX.vib のように
    絶対パスで記述をしてください。

    インストールが完了すると以下のようなメッセージが出力されます。

    Installation Result
    Message: The update completed successfully,
    but the system needs to be rebooted for the
    changes to be effective.
    Reboot Required: true
    VIBs Installed: <Driver Name>
    VIBs Removed:
    VIBs Skipped:

    インストール完了後、reboot コマンドを実行してサーバを再起動してください。
    サーバ再起動後、以下のコマンドを実行してドライバが
    インストールされていることを確認してください。

    # esxcli software vib list | less


  • ※2以下のコマンドを実施し native driver から vmklinux driver へ切り替えてください。
    設定反映にはサーバの再起動が必須です。

    # esxcli system module set --enabled=false --module=lsi_msgpt3
    # esxcli system module set --enabled=true --module=mpt3sas
    # reboot

    現在ロードされているドライバは、以下のコマンドを実行し、確認してください。
    ドライバがロードされていない場合、コマンドを実行しても何も表示されません。

    # vmkload_mod -l | grep lsi_msgpt3
    # vmkload_mod -l | grep mpt3sas


  • ※3ESXi 5.0、ESXi 5.1 における使用はデバイスのサポート対象外です。


  • vSphere 5の動作がサポートされているデバイスについては
    システム構成ガイドを参照してください。

ページの先頭へ戻る