ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VMware Horizon
  4. システム構成
ここから本文です。

VMware Horizon - システム構成

Horizon は以下の多数のコンポーネントで動作しています。

コンポーネント 概要
Connection Server どのユーザーをどの仮想マシンに接続させるのかを管理する、Horizon の中心的なコンポーネントです。
View Agent  Connection Server とやり取りを行い、ユーザーからの要求を受け入れ、PCoIP によって仮想マシンの画面を端末に送信を行うコンポーネントです。
View Composer リンククローンを使用する場合に構築が必要なコンポーネントです。リンククローンを使用するために必要な情報を管理し、リンククローン独自の操作を Connection Server 上で使用できるようにします。
Security Server、Access Point DMZ 等に配置することで、社外からでも安全に仮想マシンに接続することが可能になります。Security Server は Windows OS 上で動作し、Access Point は仮想アプライアンス(専用OS)になっています。
Horizon Client 端末から Connection Server に接続し、仮想マシンの画面を表示するために必要なコンポーネントです。端末の種類によってそれぞれ専用のソフトウェアが無償で用意されております。端末の種類が異なっていても、同じ操作感で使用することが可能です。
App Volumes 仮想マシンにアプリケーションを瞬時に展開することが可能になるソフトウェア。(Horizon Enterprise エディションに添付)
User Environment Manager 仮想マシンにインストールされてるアプリケーションの設定等を管理者側で一元管理できるようになるソフトウェア。(Horizon Enterprise エディションに添付)
ThinApp アプリケーションを仮想化することでインストール作業を不要とし、仮想マシンにアプリケーションを配布できるようにするソフトウェア。
vRealize Operations for Horizon 分かりやすい GUI で大量の仮想マシンを一元管理し、ユーザーからの問い合わせや障害時のトラブルシューティングなどをより強力に行うことができるようになるソフトウェア。(Horizon Enterprise エディションに添付)
ESXi

物理サーバーにインストールすることで、複数台の仮想マシンを動作させることができるソフトウェア(ハイパーバイザ)。Horizon Standard Add-On を除くすべてのエディションに vSphere Enterprise Plus 相当のライセンスが添付されています。

vCenter Server 複数の ESXi を管理するソフトウェア。 Horizon Standard Add-On を除くすべてのエディションに添付されています。