ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. VMware
  4. 導入効果
  5. VMware vSphere
ここから本文です。

VMware vSphere 導入効果

VMware vSphere with Operations Management (vSOM) 導入効果

障害箇所や利用状況の「見える化」を実現

仮想化サーバの管理に不安がありませんか?
vSOMでは、一目で状況を把握できる、わかりやすいダッシュボードで問題箇所まで直感的に掘り下げていくことが可能です。

障害発生前の「予兆検知」が可能に

仮想化環境での障害に不安がありませんか?
vSOMでは、監視対象の挙動をvSOMが学習し、動的に閾値を判断するので、障害が発生する前に異常を検出できます。

リソースの利用状況を「簡単に把握」

仮想化したものの、十分にリソースを有効活用できているか疑問がありませんか?
vSOMでは、ダッシュボードでリソースの利用状況を一目で把握し、シミュレーションで簡単に投資計画を作成できます。

VMware vSphere 導入効果

オフィスやサーバルームに分散しているサーバーを統合できます

段階的に業務システムを発展・拡張してきた結果、業務負荷の割にはサーバーマシンの台数ばかり多いというようなシステムをご使用ではありませんか?
また、アプリケーションの諸元制限からいくつかのサーバーマシンを使用することを余儀なくされて、管理・運用・保守コストに頭を悩ませていませんか?
VMware vSphereはそれらの複数台のサーバーマシンを一台のサーバーマシンに統合し、一元管理を行うことができます。

多様な開発・評価環境を1台のサーバーに集約できます

業務システムの開発・評価を行っていませんか?
開発・評価には様々な環境が必要です。WindowsであったりLinuxであったり様々な環境上での評価を迅速に行う必要があります。サービスパックやパッチなどの適用状況ごとに評価が必要なこともあります。VMware vSphere はこんな様々な環境を一台のサーバーマシンで常時提供することができます。評価環境準備の手間が飛躍的に軽減されます。また、各環境の運用・管理も一元的に行うことができます。


ページの先頭へ戻る