ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品体系/価格
  5. 購入時の注意事項
ここから本文です。

Oracle製品のご購入及びサポートサービス契約締結の際の注意事項

2012年10月

Oracle製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
弊社は日本オラクル社との契約に基づきOracle製品を販売しておりますが、Oracle製品のご購入、およびサポートサービス契約を締結いただく際の重要なルールを、以下の通り、注意事項としてお知らせいたします。
なお本ウェブページ掲載のルールは日本オラクル社により通知なく随時、変更又は更新されるものであり、購入および保守契約の締結時点で最新のルールが適用されます。

  • 本ウェブページ掲載の内容については日本電気株式会社に責任が存在します。

1. Oracle製品を購入する場合の注意事項
2. Oracle製品のサポートサービス契約を締結する場合の注意事項
3. 問い合わせ先

1. Oracle製品を購入する場合の注意事項

(1)Oracle製品の使用条件

  1. 第三者使用の禁止
    お客様に対して許諾されたOracle製品の使用権は、お客様の自社業務処理を行う目的でご利用いただけます。お客様以外の第三者(子会社等を含みます。)が利用するデータセンタ業務、計算センタ業務、アプリケーション・サービス・プロバイダ(ASP)業務等にはご使用いただけません。標準の使用許諾範囲を超えたご利用を検討される場合は、事前にご相談ください。
  2. 監査権について
    弊社販売のOracle製品に関しお客様による使用状況を監査できる権利を弊社は保有しております。また弊社はこの監査権を日本オラクル社に譲渡する権利も保有します。

(2)注文の取り消し・返金について

確定した注文を取り消すことはできません。
また、既に支払われた代金の返金は行いません。

2. Oracle製品のサポートサービス契約を締結する場合の注意事項

(1)サポートサービスの提供条件

Oracle製品についてのサポートサービス契約が締結されていない場合、技術問い合わせ(修正プログラム、更新版プログラムの提供などを含む)を一切提供しません。

(2)サポートサービス開始日および期間

Oracle製品に対するサポートサービス契約は、ご購入いただいたOracle製品の弊社からの出荷日に開始し、契約期間は1年間となります。
Oracle製品に対するサポートサービス契約の途中解約はお受けできません。
中途での解約の場合、残存期間の料金をお支払いいただくこととなります。

(3)再契約料金

Oracle製品の出荷日からサポートサービス契約を開始しなかった場合、もしくは一度解約したサポートサービス契約を再開する場合は、その空白期間に対し、再契約料金をお支払いいただくことになります。
再契約料金のお見積もりは弊社にご相談ください。

(4)部分契約の禁止

Oracle製品のサポートサービス契約を締結いただく場合は、ご購入いただいた全てのライセンス(ライセンス・セット)に対して契約を締結いただく必要がございます。

例1)10ライセンスご購入いただいた場合、4ライセンスのみサポートサービス契約を締結することはできません。
例2)商用環境、検証/開発環境があった場合、商用環境のみサポートサービス契約を締結することはできません。
例3)Database製品とそのオプション製品をご購入いただいた場合、Database製品のみサポートサービス契約を締結することはできません。

注1)ライセンス・セットの詳細は「(5)テクニカル・サポート・ポリシー」を参照ください。
注2)上記例を含め同一ライセンス・セットの一部のライセンスのみサポートサービス契約を締結する場合、もしくはサポートサービス契約の一部のライセンスのみ解約する場合は、契約を締結しないライセンスの放棄が必要です。
ライセンス放棄時には、書面(Termination letter)を提出いただきます。

(5)テクニカル・サポート・ポリシー

日本オラクル社はOracle製品に対するサポートサービスの提供内容に関するポリシー(テクニカル・サポート・ポリシー)を提示しています。
弊社のサポートサービスもこれに準じたポリシーで提供します。このポリシーの内容は日本オラクル社によって予告なく変更される場合があります。

(6)サポートサービス契約更新時の料金改定

  1. 弊社とお客様との、毎年のサポートサービス契約更新時に、更新後のサポートサービス契約料金を前年の年額サポートサービス料金に更新時調整率を乗じた金額を加算した額に設定する運用を開始させていただく予定です。
    適用対象は2011年11月1日以降に更新されるサポートサービス契約となります。このルール適用は日本オラクル社からの要請であり、米Oracle社のグローバル・ルールに準拠しております。
  2. 更新時調整率は毎年7月に日本オラクル社から弊社に通知され、その年の11月1日以降に更新となる契約に対して適用されます。
    2011年度については日本オラクル社より2%の料率が発表されております。(日本国外での過去の最低更新時調整率は3%。)

更新時のサポートサービス料金算出方法図1 更新時のサポートサービス料金算出方法

  • 上記例は2010年11月に契約を開始した場合です。

3. 問い合わせ先

本ページに関する内容についてのお問い合わせは担当営業もしくは以下へお願いいたします。


ページの先頭へ戻る