ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品一覧
  5. Fusion Middleware
  6. Marketing Cloud
  7. Responsysの特長
ここから本文です。

Oracle Responsys

Oracle Responsysの特長


  • セグメントの可視化
    直観的にわかりやすいパワフルなGUIツールにより、セグメントの条件をビジュアルにわかりやすく管理できます。
    お客様の好み、属性(性別、年齢、住んでいる地域、職業など)、オンラインでの行動データを掛け合わせて、細やかなセグメンテーションを実現します。

  • キャンペーンシナリオ
    お客様のWeb行動やライフサイクルに基づき、パーソナライズされたメッセージを適切なタイミングで配信します。
    直観的に操作可能なGUIツールにより、アイコンのドラッグ&ドロップで、シナリオを簡単に作成できます。








      • カート放棄、ブラウザ放棄をリアルタイムフォロー
        Web上のイベントをきっかけに、カート放棄メールなどをリアルタイムに送信します。

    • よりパーソナライズされたキャンペーンで購買を増やす
      過去の購買履歴やプロファイルデータを使用して、キャンペーンシナリオを分岐させることで、お客様に合った購買促進を実施できます。

  • クロスチャネル
    Eメールの他、以下のような様々なチャネルへの配信が可能です。
    • プッシュ通知
    • SMS
    • MMS
    • ディスプレイ広告

  • ABテスト/多変数テスト
    より良いキャンペーンシナリオ、メールコンテンツをお客様に配信するために、テストマーケティングをキャンペーンシナリオの中に組み込めます。
    テストの組み込みは、すべて1つの統合されたキャンバス上で、テスト用のアイコンをドラッグ&ドロップすることにより可能です。
    Eメール、SMS、携帯アプリへのプッシュ通知、アプリ内表示などすべてのチャネルで、頻度や連続性を変えてテストできます。




    • ABテスト
      A案、B案の2つのプロモーションメールをテストし、パフォーマンスの良い方のコンテンツを選択できます。
       例えば、2パターンの件名のメールを送信対象者の10%ずつに送信し、良い結果を得られた件名のメールを残り80%に送信します。
      シナリオテストの結果をビジュアルに確認することが可能です。

  • 多変数テスト
    HTMLメールでは、件名の他、組み込む画像の組み合わせのパターンなど、テストしたいパターンが多くなります。
    多変数テストでは、3パターン以上のプロモーションメールをテストし、最もパフォーマンスの良いコンテンツを選択できます。
    • 単一のプロモーションキャンペーンで、テスト対象とする複数の変数を入力
    • from名、表題、コンテンツリージョンをテスト対象にする事が可能
    • 以下の指標を用い、最もパフォーマンスの高いバージョンを判断:
      -クリックスルー率
      - 開封率
      -コンバージョン率
      -非サブスクライブ率
    • 最大8つのバージョンをテスト
    • テストの期間も調整可能

  • レポート
    マーケターにとって重要なデータを可視化し、キャンペーンの継続的な改善を可能にします。
    シンプルなインターフェースで、表やグラフ形式のレポートを生成できます。
    また、項目をドリルダウンすることで、詳細な情報を確認することも可能です。

ページの先頭へ戻る