ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. ソリューション
  5. NEC Oracle Database 高速化ソリューション
ここから本文です。

NEC Oracle Database 高速化ソリューション

~激変するビジネス環境への俊敏な対応を実現~

NEC Oracle Database 高速化ソリューションは、最新のCPU、メモリを搭載したNECの「Express5800シリーズ」または「NX7700xシリーズ」/大容量ストレージ「iStorage Mシリーズ」と、オラクルの最新データベース「Oracle Database 12c」を活用した、性能バランスの取れた検証済みリファレンスアーキテクチャです。

日々発生する大量のデータを迅速かつ柔軟に処理し、ビジネス環境の変化への迅速な対応を可能にします。

たとえば、現在お使いのデータベースシステムのこのような問題を解決します
幅広い業種・業界に対応する、NEC Oracle Database 高速化ソリューションの多彩な導入メリット

  • データベースシステムに求められる要件を実現する NEC Oracle Database 高速化ソリューションの優れたテクノロジー
  • 実証1<早い>大量のデータ処理を最大14.1倍、平均9.6倍の高速化
  • 実証2<低コスト>短期間・低コスト導入とフレキシブルな拡張
導入事例1 「東邦薬品株式会社様(営業情報システム) 17時間以上要していた月次処理が2時間半の短縮に成功」
導入事例2 「株式会社やずや様(基幹システム) ビジネス課題だった夜間バッチの高速化に成功」
ラインナップ・価格

たとえば、現在お使いのデータベースシステムのこのような問題を解決します

<製造業の場合 (計画精度の向上)>

課題 需要やニーズが目まぐるしく変化する中、システムのレスポンスの問題で何度も計画再実行ができない
NEC Oracle Database
高速化ソリューションで解決
インメモリ並列処理により、計画処理の実行が高速化し、短時間で何度も再計画が可能

<流通業の場合 (商品の販売動向分析)>

課題 性能不足とデータ量の制限により、各業務部門の詳細分析要求に応えられない。
NEC Oracle Database
高速化ソリューションで解決
インメモリ並列処理により、従来以上の大容量データの処理が可能になり、分析の高速化を実現。

<金融業の場合 (顧客情報データベース)>

課題 マーケティングの企画立案時、計画作成のバッチ処理に長期間かかりタイムリーな対応ができない。
NEC Oracle Database
高速化ソリューションで解決
インメモリ並列処理の高速性能により、バッチ処理実行時間が大幅に短縮し、必要な時に迅速な処理が可能。

幅広い業種・業界に対応する、NEC Oracle Database 高速化ソリューションの多彩な導入メリット

メリット1
高速
Oracle DatabaseのIn-Memory Parallel Execution(インメモリ並列処理)により従来のデータベース処理を高速化。
データウェアハウスでは、最大14倍高速化を実現。
メリット2
低コスト
データ容量に応じた柔軟なラインナップで、DB/DWH専用機に比べて低コスト。
必要に応じて段階的に拡張が可能。
メリット3
短期導入
全て検証済みモデルのため、短期導入が可能
業務の早期稼働を実現。
メリット4
可用性
オラクルのクラスタリング技術「Oracle Real Application Clusters」を使用することで、高い可用性を確保。

データベースシステムに求められる要件を実現する NEC Oracle Database 高速化ソリューションの優れたテクノロジー

リアルタイム分析 In-Memory Parallel Execution(インメモリ並列処理)で大量データをメモリ処理
バッチの高速化 データ圧縮技術(Advanced Compression)によるディスクI/O削減
セキュリティ強化 Oracle Advanced Security Optionによるデータ暗号化
技術の継承 Oracle Databaseと汎用的なNEC製HWで構成
投資の抑制 1TB(3148万円)からのスモールスタート
柔軟な対応 Building Block構成で拡張性を確保しながらデータ量増加に対応
実績・信頼性 NECの高信頼性HWとOracle Real Application Clusters
サポート NECの日本全国に高いサポートレベルを提供するサービス網

実証1<早い>大量のデータ処理を最大14.1倍、平均9.6倍の高速化※

  • 従来のディスクに対するパラレル実行との比較。NECと日本オラクルの共同検証による測定値。

最大14倍高速化

高速な理由

実証2<低コスト>短期間・低コスト導入とフレキシブルな拡張

たとえば、削減したコストをビジネス拡大・災害対策・セキュリティ対策など新たな投資へ活用できます。



<短期間・低コストでの導入を実現>

効果
  • 検証済み構成でSI費用(工数)を削減
  • 構築手順書で導入費用・時間を削減

短期間・低コストでの導入を実現

導入事例1 「東邦薬品株式会社様(営業情報システム) 17時間以上要していた月次処理を2時間半の短縮に成功」

導入の背景 売上データの増加に伴い、全国の販売情報を集計する夜間バッチが翌朝になっても終わらない。
また、期末等には各部門へ閲覧制限を依頼するなど、日常業務に影響が発生しパフォーマンスの改善が急務。
解決
NEC Oracle Database
高速化ソリューションを導入
当初の目的であるバッチ処理とオンライン業務の高速化を実現!
  • 月次処理では7倍、日時処理では7.5倍、リアル更新処理に至っては35倍もの高速化を実現。
  • ビッグデータ分析など新たな要望に対応できる基盤を実現。

<プラス効果(1) 運用作業の削減により作業効率化のアップ!>

バックアップをテープ装置からディスクへ変更したことで、処理時間が短縮。空き時間を生産的な作業に回せて改善。

<プラス効果(2) 災害時の事業継続性を担保!>

西日本データセンターに開発機を共存したバックアップ環境を追加導入したことで、事業継続性を向上。
また、Oracle RAC(Real Application Clusters)も合わせて導入することにより、データベースの信頼性も向上。

東邦薬品様 システム構成

  (NEODB:NEC Oracle Database 高速化ソリューションのNEC社内コードネーム)

導入事例の詳細はこちら

導入事例2 「株式会社やずや様(基幹システム) ビジネス課題だった夜間バッチの高速化に成功」

課題 顧客注文、支払い、出荷、サービス・リクエストなどのトランザクション・データを常に最新のものに保つために夜間バッチの高速化が急務。
専用機の購入も検討されたが高額な予算がネックだった。
解決
NEC Oracle Database
高速化ソリューションを導入
当初の目的であるバッチ処理の高速化を実現!
  • 状況の変化に即座に対応できる経営体制づくりを実現。
  • KPI進捗をリアルタイムで分析しリスクの芽を摘み、チャンスを捉える。

<プラス効果(1) オンライン業務まで高速化!>

オンラインストアにおけるECサイトでの大量リクエストも高速処理が可能!

<プラス効果(2) 低減予算で、セキュリティ製品、災対サイトを拡充!>

低減予算で、セキュリティ製品、災対サイトを拡充!

<プラス効果(3) 災対サイトを分析業務で活用し、ビジネスを拡充!>

災対サイトを分析業務で活用し、ビジネスを拡充!

導入事例の詳細はこちら

ラインナップ・価格

データベースのデータ量に合わせた4つの構成モデルで、増加するデータ容量にも柔軟に対応。
検証済み構成のため、容易な導入を実現できます。

ラインナップ・価格

8TBモデルのWindows版を、後日追加予定。

詳細な製品価格/型番は弊社営業までお問い合わせ下さい。


ページの先頭へ戻る