ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品一覧
  5. Tool
  6. 製品内容詳細
ここから本文です。

Oracle Tools 製品内容詳細

Oracle internet Developer Suite

Oracle internet Developer Suiteは、インターネット・システム開発を行うために必要な様々な開発ソフトウェア、およびビジネス・インテリジェンス・ツールを一つの統合された製品として提供する統合開発ソリューションです。
J2EE、XML、Webサービスをはじめ数々のインターネット標準技術をサポートする開発環境を提供します。

1.Java開発ツール(Oracle JDeveloper)

Oracle JDeveloperは、JavaTM 2 Platform, Enterprise Edition(J2EE)やWebサービスによって、ハイパフォーマンスでスケーラブルナ企業システムを構築するために、Java/XML/SQL開発における設計、開発、デバッグ、デプロイをサポートします。

UMLモデリングによるビジュアルな開発環境 システム設計の標準的手法であるUMLを使用して、Webサービス、Enterprise JavaBeans(EJB)などのビジュアルな開発を可能にします。
標準技術に基づく高品質なアプリケーションの開発を支援 統合されたウィザードやコード作成支援ツールにより、JavaやJ2EEの標準に準拠し、さらに数多くのコーディングTipsを適用したアプリケーションの作成を可能にします。
オープンソース技術との連携によりあらゆる開発スタイルに適応 Apache Struts、JUnit、Antといったオープンソース技術と緊密に連携した開発環境を提供します。JDeveloperからこれらの技術を使用した開発をシームレスに行なうことができます。さらに、スケーラブルでハイ・パフォーマンスなJ2EEアプリケーションを簡単に開発できるように、JDBCコーディング不要のデータアクセス・コンポーネントを提供します。これにより、理想的なトランザクション管理アプリケーションを実現することが可能です。

2. ビジネス・アプリケーション(Oracle Forms Developer)

Oracle Forms Developerは、OLTP(オンライン・トランザクション処理)アプリケーションなど、定型処理要素の強いアプリケーションを素早く作成するための開発ツールです。
GUI操作を基本とするビジュアル・エディタやオブジェクトに対するプロパティ設定、イベント・ベースのプログラミング・モデルなど、従来のクライアント/サーバー用開発ソフトウェアで高速なアプリケーション開発を実現していたRAD(Rapid Application Development)環境が、Oracle Forms DeveloperではWebアプリケーションの開発で、全く同様に利用できます。それだけでなく、Oracle Databaseへの最適化により、データベースまわりの処理の自動化が図られ、非常に素早いアプリケーション・システムの開発と構築が可能です。

ビジュアル開発 Oracle Forms Developerはビジュアル・画面エディタを中心にする開発環境です。GUIベースの開発インターフェースは、直感的でわかりやすく、また習得しやすく、効率的な開発作業を可能にしています。JavaアプレットとしてWebブラウザ上で実行されるアプリケーション画面をそのままビジュアル・エディタで編集できるので、テキスト・フィールドやボタンなどをはじめ、あらゆるオブジェクトを画面上に配置するのにプログラミングは必要なく、表示されているものをそのまま実行することが可能です。
OLTPアプリケーションに最適の開発手法 Oracle Forms Developerは、バックエンドにデータベースを配置したOLTPビジネス・アプリケーションを作成する場合に最適です。データベースのスキーマをモデル化した「データ・ブロック」を定義し、それを土台にしてアプリケーションを作成する開発手法であるためです。
データ・ブロックに対して処理を行なえば、もとになるデータベースのスキーマとの間で、データの問い合わせ、挿入、更新といった操作に加え複数ユーザー間でのトランザクション管理など、ビジネス・アプリケーションで頻繁に発生するさまざまな処理をOracle Formsが自動的に行ないます。開発者は単純、煩雑なコーディングを最小限に抑える事ができ、より本質的なアプリケーション・ロジックの記述に集中できます。
インターネットへの最適化 Oracle Formsアプリケーションは、JavaアプレットとしてWebブラウザ上に表現され、アプリケーションロジックはOracle Application Serverで動作するWebアプリケーションとして実行されます。Javaアプレットの採用により、通常HTMLでは表現できないきめの細かいユーザ操作性とクライアント/サーバーそのままの精密なイベント制御が可能になっています。
また、差分メッセージングによるWebブラウザとOracle Application Server間通信量の軽量化、HTTPおよびSSLの標準プロトコルによる多様なネットワーク環境のサポートが可能です。

3. モデリング(Oracle Designer)

Oracle Designerは、Oracleをはじめとするデータベースをダイアグラムを使ってグラフィカルに設計する機能と、Webおよびクライアント/サーバー・アプリケーションをモデルから自動生成する機能を持っており、他のコーディング中心の開発ツールに比べて高い生産性とメンテナンス性を実現します。企業システムの開発で必要となるすべて(DB設計、アプリケーション設計)をカバーするダイアグラマが提供され、これらは相互に連携して、お互いにモデル化されたデータを共有・再利用する事ができます。

モデル・ベース開発 Oracle Designerでは、データベースおよびアプリケーションを統合的に、モデリングを中心に設計します。モデル化による設計は、複数人によるチーム開発においてスムーズな情報の共有を計るとともに、後々のメンテナンスの際にも感覚的にその仕様が理解できるなど、人的資源に依存しないシステム管理が可能です。
Oracleに最適化されたデータベース設計 Oracleデータベースの設計機能が統合された形で提供されます。ダイアグラムによる設計とウィザード・ベースの開発を融合した環境で、DB設計を進めていくことができます。ER図の情報から変換された初期的DB設計をより洗練させる、もしくは、物理設計用のダイアグラム・ツールだけでDB設計を行なう、という選択を自由に行なうことができます。
表やビュー、索引などの基本的なデータベース・オブジェクトだけでなく、オブジェクト型、パーティション表といったOracleデータベースの機能をフルに活用した設計、ユーザーへの表やビューの実装・権限付与といった管理情報の設計/開発など、Oracleデータベースのあらゆる設計をここで統合して行なうことができます。
ラウンドトリップ・エンジニアリング データベース、アプリケーションともに生成だけでなく、逆に、コードからモデルへのリバースを行うための機能(キャプチャ機能)も提供します。これによって、既存システムの DB やアプリケーションをベースにしたモデル開発を可能にします。生成されたコードに手動で手が加えられた場合でも、このキャプチャ機能を使うことで、その部分をモデル設計へ取り込むことができます。コード生成とリバースを繰り返し行うラウンドトリップ・エンジニアリングが、モデル・ベース開発とコーディングの両方の利点を生かした開発を実現します。

4. ソースコード管理(Oracle Software Configuration Manager)

Oracle Software Configuration Managerは、あらゆる設計情報の統合管理を実現する環境を提供します。Oracle Developer Suiteに含まれるさまざまなアプリケーション開発ツールと連携して、それらで作成・開発された設計情報、ソース・ファイルを一元的に管理します。また、それ以外の開発ツール製品によって作成されたソース・ファイルも一元管理することが可能になります。

システムの仕様を決定するマネージャ、モデリング・ツールを利用する設計者、コーディングを担当する開発者など、さまざまな立場でシステム開発に携わるすべての開発メンバーは、ネットワークを介してOracle Software Configuration Managerによって統合されます。さらには、一貫したバージョン管理、設計情報間の依存性分析などの機能が提供されます。

すべてのメンバーが、同じ方法で設計情報を格納し、バージョン管理することによって、分析、設計、開発のすべてのフェーズの情報が1つのリポジトリに一元管理されるため、情報のアクセス制限やリソースのバックアップなどの作業を集中させることができます。円滑なチーム開発と保守コストの低減を可能にし、全体としてのプロジェクトの品質が高まり、成功へとつながる要因となります。

すべてのバージョン管理 Oracle Software Configuration Manager に格納されたすべての情報は完全なバージョン管理が行われます。これにより、メインの開発と平行して新機能開発、バグの修正といった作業を独立した開発ラインで行うことができます。
すべての設計情報管理 専用ツールだけでなく、他開発ツールで作成された設計情報でも一元管理できます。たとえば、Oracle データベースと連携するアプリケーションのソース・コードでも(たとえそれが Visual Basic や COBOL、Java のソース・ファイルであっても)格納可能です。
いったん、リポジトリへ格納されれば、ファイルもリポジトリ・オブジェクトとして、バージョン管理されます。つまり、バージョン間での比較やマージが可能です。また、一元管理された環境であるため、複数ユーザーでのリソースの共有や意識統一など、チーム開発に大きなメリットを受けられます。

5. エンタープライズ・レポーティング(Oracle Reports)

Oracle Reportsは、Oracle Database内のデータを取りだし、様々なフォーマットに加工し、E-Businessのあらゆる場所に向けて配布することを可能にします。
Oracle Reportsによるレポート作成環境では、強力なデータ定義機能と柔軟かつ洗練されたレイアウト能力により、定型問合せ型のレポーティング・アプリケーションを作成できます。

強力なレポート作成機能 Oracle Reports DeveloperはGUIエディタを備えた宣言型のレポート開発環境であり、少ない工数でかつ容易にReportsモジュール(Oracle Reportsで実行されるレポート定義ファイル)を作成することができます。開発の際は、まずデータの取り出し方法を指定すれば、それを視覚的に表した「データ・モデル」をOracle Reportsが表示します。これによりレコード単位での値の加工、データ全体を通した値の計算などがわかりやすく簡単に指定できます。レイアウトを指定するときも実際のデータベースのデータを使用した出力イメージを確認しながら作業が行なえますので、素早くデザイン設計ができ、優れた開発生産性を実現しています。
二つのレイアウト・モード E-Business環境で求められる幅広い出力要求に応えるため、Oracle Reports Developerのレイアウト・モードは2つにわけられています。従来バージョンのレイアウト・モードと互換性を持つのが「ペーパー・レイアウト」モード。精密なレイアウト指定が目的で、開発画面で見えているレイアウトをそのまま再現して出力が行なわれます。新しく追加された「Webレイアウト」モードでは、HTMLをはじめとするさまざまなマークアップ・ランゲージに、Reportsモジュールで定義されているデータ・モデルを自在に埋め込むことができます。このWebレイアウトモードは、Webでの表現に特化した非常に柔軟性の高いものです。

6. 非定型検索&分析(Oracle Discoverer)

Oracle Discovererは、非定型検索、分析、レポーティングのためのビジネス・インテリジェンス・ツールです。企業内のユーザーに対して、各種のデータウェアハウス、データマート、業務システム等のあらゆる環境での迅速な情報活用方法を提供します。
Oracle Discovererは、Oracleデータベース、OracleAS、OracleDSと組み合わせることで、Oracleデータベースに最適化された統合ビジネス・インテリジェンス環境を提供します。

簡単な操作 直感的なインターフェースにより、非常に使いやすく、データベースの構造を理解しなくても、自然に高度な分析ができるようになっています。
統合された管理 Discoverer Administratorは、すべてのDiscovererコンポーネントを管理するための統合管理ツールです。分析者がデータベースのスキーマ構造を意識せずに、ビジネス上の分析に集中できるようにするためのエンド・ユーザ・レイヤー(EUL)を構築し管理することができます。EULはOracleデータベースの中に格納され、ユーザーが分析に使用するビジネス用語とデータベース構造とのマッピング、Oracleデータベースのユーザーおよびロールを使用したユーザー管理、マテリアライズド・ビューを使ったサマリー管理等を一元的に行います。
スケーラビリティとパフォーマンス Oracle Discovererは、EULを用いることで、多数のユーザーが同時にアクセスできるスケーラビリティが確保されています。Oracleデータベースの統計情報をもとに問い合わせの時間予測を行うことができるため、時間のかかる問い合わせを事前に知ることが可能です。このような問い合わせを夜間などにスケジュール実行すれば、運用を考慮に入れたシステム全体のパフォーマンス向上にも役立てることができます。
容易なカスタマイズ Oracle Discovererは、単独の分析アプリケーションとして使用するだけでなく、容易にカスタマイズすることができます。Webサイトの画面に合わせて画像やロゴ等を取り込むなどし、ユーザーごとにパーソナライズされた画面として、Oracle Portalや他のWebサイトから参照することができます。

7. DWH構築&データ移行(Oracle Warehouse Builder)

Oracle Warehouse Builderは、グラフィカル・インタフェースでデータ・ウェアハウスを迅速に構築するためのETL (Extract Transformation Loading)ツールです。単なるETL処理のみでなく、ターゲットウェアハウスのスキーマの設計を行なうことが可能です。
GUIやウィザードを多用したインタフェースにより、簡単にデータ・ウェアハウスやETL処理を設計することができます。データ・ウェアハウスの設計情報から、Oracleデータベースに最適化され、エラー検出およびリカバリの機能も含んだコードを自動的に生成し、処理することが可能です。Oracle Warehouse Builderは、ETLエンジンとしてOracleデータベースを使用しており、高いパフォーマンスとスケーラビリティを実現しています。

Oracleデータベースとの高い親和性 Oracle Warehouse Builderは、OracleデータベースおよびOracle Application Serverに高度に最適化されています。Oracleデータベースに最適化されたスキーマ設計やETL処理のためのコードは当然実現されているほか、Oracle OLAPのAnalytic Workspaceの構築、Oracle DiscovererのEnd User Layerの構築もOracle Warehouse Builderから行なうことが可能です。
ライフサイクル・マネジメント データ・ウェアハウスシステムは、ビジネスニーズによってシステムの変更に柔軟に対応していく必要があります。さまざまなニーズに応えるため、Oracle Warehouse Builderは、リポジトリ定義の変更に柔軟に対応するための機能を提供します。メタデータを格納するリポジトリは、Common WarehouseMetamodel (CWM)に準拠しているため、メタデータを他の製品と容易に交換できます。

Oracle Programmer

Oracle Programmerは、通常の3GL プログラムの中に埋め込み型のSQL コマンドを記述することで、アプリケーションを開発を可能にするプリコンパイラC/C++用の「Pro*C/C++」、Windows プラットフォーム向けのミドルウェア・ツールである、「Oracle Objects for OLE 」などの開発者ライセンスを1パッケージにしたパワー・プログラマ向け開発者スウィート製品です。

Oracle Pro*C/C++

EXEC SQLコマンドの中のSQL文をC、C++の文に変換するプリコンパイラです。SQL文をC、C++プログラムに埋め込むことにより、Oracleデータベースにアクセスするアプリケーションを作成することが可能です。結果として出力されるファイルは、その後C、C++でコンパイルできます。

埋め込みSQL文および埋め込みPL/SQL文のサポート データ定義文(CREATE、ALTER、DROPなど)やデータ操作文(SELECT、UPDATE、DELETE、INSERTなど)はもちろん、各種制御文(ALTER SESSION、ALTER SYSTEM、COMMIT、ROLLBACK等)などOracleが使用可能なSQL文をすべてサポートします。
更にPL/SQL文をサポートしており、ループや条件付き分岐、カーソルの使用などが可能です。
動的SQL文のサポート 動的SQL文のサポートにより、ホスト変数のない非問い合わせや選択リストの項目数または入力ホスト変数の数が判っていない問い合わせなど、実行時SQL文を構築することができます。この機能により、より柔軟な対話型アプリケーションを作成することができます。

Oracle Pro*COBOL

Oracle Pro*COBLを利用することにより、従来から存在している手続き型言語と、柔軟性が高く簡単なSQLコマンドとの組み合わせにより、高度なアプリケーション開発に使用することができます。

Oracle Objects for OLE

Oracle Databaseへの接続性 Microsoft Visual C++に対応したクラスライブラリーとOLEオートメーション対応ツールへのインターフェイスを提供します。
Oracle Databaseのデータ型であるBLOB型、CLOB型、BFILE型やオブジェクト型へのアクセス、Advanced Queuingの使用が可能です。
配列型ホスト変数のサポート 配列型のホスト変数をサポートします。Oracle Object for OLEでは、PL/SQLのPL/SQL表を、OraParametersオブジェクトのAddTableをはじめとするメソッドで使用することにより、一括更新、一括挿入、一括削除が容易に実現でき、パフォーマンスの向上に貢献します。
アプリケーション開発の生産性向上 VBAアプリケーション、OLE2対応のWindowsアプリケーションを使うことにより、効果的にOracle Databaseへのインターフェイスを構築できます。また、C++に対応したクラスライブラリーを活用することにより、ハイパフォーマンスなアプリケーションを構築でき、同時にコードの再利用によって、飛躍的に生産性が向上します。更に、ストアドプロシージャ、ストアドファンクション、それらをまとめたパッケージの使用をサポートします。

Oracle Data Provider for .NET (ODP.NET)

ODP.NETとはOracleが提供するOracleデータベースのデータ・プロバイダです。Oracle固有のAPIを使用して、あらゆる.NETアプリケーションから、Oracleのデータや機能に高速かつ確実にアクセスできます。

アプリケーション開発の生産性向上と高速化 排他制御をアプリケーション開発の中で意識する必要がありません。また、配列バインド機能に対応し、アプリケーションの実行速度がより速くなります。
XML DBの優位性 XMLを.NET環境で扱えます。XMLは、メタデータとデータとを組み合わせることにより、新しいシステムのレガシー・データを扱えるようになったり、アプリケーション全体におけるデータ共有を簡単にします。

ページの先頭へ戻る