ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品一覧
  5. Fusion Middleware
  6. SOA/BPM
ここから本文です。

Oracle SOA Suite / Business Process Management Suite

Oracle SOA Suite

Oracle SOA Suiteは、システム間の連携、サービスの設計・配布、プロセス設計・実行、実行状況のモニタリングに至るまで、バックエンドからフロントエンドのさまざまな場面で必要な機能を提供します。

Oracle SOA Suite には次の製品が含まれます。

●Oracle JDeveloper
Oracle SOA Suiteを使用するソフトウェア開発者やアーキテクトに統合開発環境を提供します。

●Oracle BPEL Process Manager
ビジネス記述言語として業界標準でもあるBPELに完全準拠した、ビジネス・プロセスを設計、実行、監視するための統合プラットフォームです。
Webサービスはもちろんのこと、既存のシステムの活用や承認などの人の判断や作業が介在する処理も容易にビジネス・プロセスの中に組み込むことが可能です。
詳細

●Oracle Service Bus
軽量で拡張性が高く、信頼性の高いエンタープライズ・サービス・バス(ESB)です。
企業間の異機種サービス、レガシーシステム、ERPおよびそのほかのESBインスタンスにおいて、相互接続を仲介し、管理することが可能です。
詳細

●Oracle Business Rules
システム稼働後に可変であることが望まれるビジネス・ポリシーを通常のロジックと分離したビジネス・ルールとして管理することが可能です。これによりシステム稼働後のルールの変更が容易になり、アプリケーションの俊敏性が高まります。

●Oracle Business Activity Monitoring
複数のシステムから構成されるビジネス・プロセスを一元化してモニタリングすることを可能とし、ビジネスの可視化を実現します。監視対象のシステム・プロセスからはイベント単位でデータを取得し、データを高速なイン・メモリ・キャッシング技術で処理することでリアルタイムな監視を実現します。

●Oracle Web Services Manager
Webサービス自体に手を加えることなく、Webサービスに対するセキュリティ設定(認証、認可、暗号化、ロギングなど)および、アクセス状況や実行状況の監視を実現します。

Oracle Business Process Management(BPM) Suite

Oracle Business Process Management Suiteは、ビジネス・プロセスのモデル化、統合、実行、管理および監視を、急激な変化に対応する完全なライフサイクルに統合するソフトウェア・スイートです。これにより、ビジネス・プロセスの作成、実行、および最適化が可能になり、他に類のないビジネスとITのコラボレーションを実現します。その結果、ビジネス・プロセスは自動化および最適化され、効率性と即応性が向上し、コストが削減されます。

Oracle BPM Suiteには次の製品が含まれます。

●Oracle BPM Studio
Oracle JDeveloperに追加された拡張機能セットであり、Business Process Modeling Notation(BPMN)のモデル化を提供します。

●Oracle BPM Composer
BPMNモデルとBusiness Rulesに対応した、Webベースのモデル化およびカスタマイズ・ツールです。

●Oracle BPMNサービスエンジンおよびWorkflow Extensions
Oracle BPMNサービスエンジンは、BPMNモデルをネイティブに実行する機能を提供し、管理のためにOracle Enterprise Manager Fusion Middleware Controlと統合します。
Workflow Extensionsは、Oracle BPEL Process ManagerおよびSOA Suite for Oracle Middlewareの基本的なワークフロー機能に、より高度な機能を追加します。これに該当する拡張機能には、承認管理の拡張機能が含まれます。これは、高度なドキュメントベースの動的承認ルーティングを目指した機能です。

●Oracle BPM Process Spaces
Oracle BPM Suite固有のWebCenter Spacesグループスペース、対応するテンプレート、およびタスク・フローが含まれます。

●Oracle BPM Process Analytics
プロセス・モデルの一部としてビジネス・インディケータを定義する機能と、これらのプロセス・メトリックと付属のSTARスキーマ内のその他の標準プロセス・メトリックをキャプチャする機能が含まれています。また、Oracle Business Activity Monitoringへのシームレスな統合も提供します。

Oracle BPM Suiteは、業務プロセスのシステム化・自動化に合わせ、ルールエンジンを活用した業務意思決定の自動化や、SOAによる業務プロセスを迅速・柔軟に組み替えられる仕組みを提供します。

NECはお客様が抱える問題を、下記を代表するソリューションで解決します。
下記の問題をお抱えのお客様は、ぜひNECにご相談下さい。

  • 営業力強化ソリューション
    • <解決する課題>
      • 業務のボトルネックが何処にあるのか分からない
      • 新ビジネスの展開をしたいが考えられるリスクに対する解決策がない
      • リードタイムを短縮させたいが何から手をつければ良いか分からない
      • システムが部門単位で存在するなどIT資産の重複投資が発生している
      • 企業買収・合併をしたが、システム連携を何から始めたら良いかわからない
      • プロジェクト全体の進捗状況が把握しにくい

ソリューション詳細をお問合せのお客様はこちらからお願いします。

Oracle BPEL Process Manager

Oracle BPEL Process Managerは、ビジネス記述言語として業界標準であるBPELに完全準拠した、ビジネス・プロセスを設計、実行、監視するための統合プラットフォームです。ビジネスの変化に合わせた俊敏なシステム構築が可能になります。

直感的なプロセス設計 BPEL Editorを用いることで、直感的にプロセス構築を行うことが可能です。
各種アダプタや人手による処理(Human Task)の設定も、コードを書くことなくウィザード形式で簡単に設定できます。
構築したプロセスも、BPEL Editorでグラフィカルに確認できるため、後から変更を加えることも容易です。
既存システムの活用 Webサービスのインタフェースをもたない既存システムをプロセスに組み込むため、 Oracle BPEL Process Managerは、多様なシステムと連携するためのアダプタを提供しています。
JMS、FTP、電子メール、JDBCといった標準的なプロトコルに対応しているのをはじめ、 SAP、Siebelといったビジネス・アプリケーションやメインフレームなど、システムに接続するための数百種類のアダプタが利用可能です。
データ依存型ルーティング(負荷分散機能) あらかじめ指定したデータ・フィールド中の値に応じて、特定のサービスを選択して要求を処理させる事が出来ます。
また、ルーティングルールを動的に変更することも可能です。
人手の処理(Human Task)のプロセスへの取込み ビジネス・プロセスの中には、承認などの人の判断や作業が介在するものが多くあります。
Oracle BPEL Process Managerは、こうした人手の処理を簡単にプロセスの中に組み込むことが可能です。
ユーザが利用するための画面も提供しており、短期間でシステムの処理と人手の処理を組合わせた ビジネス・プロセスを構築することが可能です。
プロセスの管理、監視 プロセスの管理、監視用にWebブラウザからアクセス可能なBPEL Controlを提供しています。
BPEL Controlを利用することで、プロセスの進捗状況をGUIで表示したり、プロセスのボトルネックを特定するためのレポートを表示したりなど、プロセスの総合的な管理、監視が可能です。

Oracle Service Bus

Oracle Service Bus (旧 BEA AquaLogic Service Bus) は、ビジネスに求められる俊敏性と連携を、ITを駆使して実現するためのサービス指向インフラストラクチャを提供します。
この製品は、エンタープライズ・サービス・バス(ESB)の統合機能とサービス管理機能を、ひとつのソフトウェア製品にシームレスに集約します。
これにより、SOAの構成と実装に要する時間が短縮され、共有サービスの管理が簡素化されます。

サービスの統合・管理を一元化する Oracle Service Bus

Oracle Service Busの機能紹介

サービス管理
  • メッセージやその転送に関する様々な情報を監視
  • 検索機能付きのメッセーログ参照機能
  • コンソールによるクラスタワイドでのサービス監視
  • SLA の設定、パフォーマンスとエラーイベントの監視
  • 設定ルールによる違反アラート
メッセージ ブローカ
  • 複数メッセージモデル(同期/非同期、Pub/Sub)のサポート
  • 外部システム呼び出し結果や、コンテンツベースでのルーティング
  • メッセージコンテンツやヘッダによる動的なサービス選択
  • XQuery、XSLT によるメッセージ変換
サービス バス セキュリティ
  • HTTPおよびJMSでSSLをサポートするトランスポート・セキュリティ
  • WS-security に準拠したメッセージ・セキュリティ機能
  • 認証、認可、証明書管理、アサーション、監査を行うセキュリティ・サービス
レジストリ
  • メッセージスキーマやWSDL、セキュリティポリシーなどをリポジトリで管理
  • 分散環境での集約された管理環境
  • 各種リソースのレジストリへのインポート機能
  • 複数の環境への設定の移行機能
  • 設定のバージョン管理
プロトコル 複数のプロトコルに対応
HTTP, HTTPS, SOAP, SOAP with Attachments, MQ
JMS, JMS/XA, SMTP, FTP, File, Mail, Tuxedo

ページの先頭へ戻る