ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品一覧
  5. Fusion Middleware
  6. Stream Analytics
ここから本文です。

Oracle Stream Analytics

自動車や家電製品、住宅、産業機器など様々なモノがセンサーや通信機能を持ちインターネットにつながることで、膨大かつ多様な情報が入手可能になってきています。
人や物事の状況変化をリアルタイムに認識し利用することができるようになり、設備の予防保全、需給調整、
アラームサービスなど様々なビジネスシーンで付加価値を高めることができるようになります。

Oracle Stream Analytics は、時系列に刻々と発生する膨大かつ多様なイベント データに対して高速な演算処理、ルール判定を実施し、よりリアルタイムなサービスの提供を可能にします。

特長

  • 膨大なイベントデータを処理可能
    • 毎秒140万トラフィックの連続処理実績
  • 簡単なルールであればコーディングなしに作成可能
    • ブラウザ上で流入イベント選択、フィルタリング、データ結合、加工/演算、ルール判定を構築できる画面を提供
  • サーバーを停止せずルールを適用可能
  • 累積データとのマッチングやイベントのロストを抑止
    • インメモリデータグリッド製品Oracle Coherenceと併用で実現

主な適用領域

  • リソースの管理、再配置
    • 店頭サービス窓口の人材配備
    • 工事車両や運送車両の動的配備
    • 工場の人的配置や在庫管理
    • 空港や商用施設、イベント施設内での来場者の流量管理
  • リアルタイムマーケッティング
    • ECサイトでの関連製品のクロスセル
    • 位置情報を利用した電子クーポン配信
    • 顧客ごとの利用料金や趣向に合わせた付帯サービスのリアルタイム提供
  • 監視対象の行動を特定のルールと照合することで行動意図や今後の常態を特定
    • 金融取引やECサイトでの不正取引の検知
    • 電気機器の性能情報などによる故障の予兆検知


ページの先頭へ戻る