ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品一覧
  5. Fusion Middleware
  6. Java SE Advanced
ここから本文です。

Oracle Java SE Advanced

Javaのセキュリティ対策は万全ですか?
新たなバグや様々な脅威に備えるために、Javaの最新アップデートが必要です。

Oracle Java SE Advancedは、最新アップデートの提供を含むJavaの長期サポートと、Javaアプリケーションの高度な監視/障害解析機能を提供する製品です。
システムの長期、安定稼働を実現します。

Oracle Java SE Advancedのカタログもご提供しています。こちらをご覧ください。

Javaのサポート期間について

Javaは、新しい不具合や脆弱性に対応するため、定期的にアップデートされています。 新バージョンの提供開始後、少なくとも3年間は無償でアップデートを入手できますが、 それ以降に作成されたアップデートを利用するには有償サポートが必要になります。

■ Java SEの提供実績と今後のロードマップ

Java SE
バージョン
提供開始 無償提供
終了
有償サポート
Premier Support
終了
Extended Support
終了
Sustaining Support
Java SE 6 2006.12 2013.2 2015.12 2018.12 無制限
Java SE 7 2011.7 2015.4 2019.7 2022.7 無制限
Java SE 8 2014.3 2017.9(予)※ 2022.3 2025.3 無制限
※次バージョン(Java SE 9)が未リリースのため、Java SE 8の無償提供期間も延長される見込みです。
※最新情報は、右記サイトをご参照ください。http://www.oracle.com/technetwork/java/eol-135779.html

 

Javaを安全に使い続けるための 「Oracle Java SE Advanced」

Oracle Java SE Advancedは、Javaの長期サポート、およびJavaアプリケーションの 高度な監視/管理機能を提供する製品です。オラクル製品以外で稼働している Javaに対しても導入可能です。

●サポート期間を延長
無償のアップデート提供が終了した後も、オラクル社のライフタイム・サポートに基づくサポートと、Javaの最新アップデートをご利用いただけます。
サポート期間は上記「Javaのサポート期間について」のJava SEの提供実績と今後のロードマップの表をご覧ください。

●WebLogic Serverの突然のトラブルにも即対応!
Oracle Java SE Advancedでは、トラブル対応のスピード化を図り、トラブルを早期解決に導く「運用監視/障害解析ツール」をご利用いただけます。


ページの先頭へ戻る