ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品一覧
  5. Fusion Middleware
  6. Business Intelligence
ここから本文です。

Oracle Business Intelligence

Business Intelligence Enterprise Edition

Business Intelligence Enterprise Edition(Oracle BI EE)は、BIに求められる機能を包括的に提供します。
オープンかつ標準に準拠したOracle Fusion Middlewareに完全に統合された同製品は、全社基盤で活用できる統合BIをサポートする、次世代BIプラットフォームです。

Oracle BI EEを活用すれば、企業全体の業務の可視化を妨げるあらゆる障害を取り除くことができます。
統合データウェアハウスに格納されているデータも、複数のプラットフォームで構成されるデータソースに個々に保存されているデータも、すべて一元的かつ論理的に分析できます。

  • 包括的なBI機能を提供:ユーザーは論理的、物理的に統合された最新データに対して、エンタープライズ・ダッシュボード、Eメールによるアラート、Microsoft Office などを用いて、オフライン環境においてもアクセスが可能です。
  • さまざまなデータをリアルタイムに分析:Oracle BI EEは、Oracleデータベースをはじめ、Microsoft SQL Server、IBM DB2、Teradata、Excelなどのフラットファイルといった、さまざまなデータベースに最適化された問い合わせを実行することができます。
    複数のデータソースを1つのメタデータで論理的に管理できるので、データベースの配置や種類が複数の場合でもリアルタイムに分析することが可能です。
  • Enterprise Information Model:Oracle BI EEは、ビジネスモデルを体現する論理的な階層により、実際にデータが格納されている物理的データソースの複雑性を覆い隠します。
    物理的には種類や構成が異なる複数のデータソースを分析対象とした場合も、エンドユーザーはデータベースの特性や配置に関する知識がなくても企業内の複数のデータベースを統合的に分析することができます。
  • 幅広いユーザーによる分析:Oracle BI EEは、データベースの専門知識をもたないエンドユーザー向けに設計されているので、データの複雑さを最小限に抑えつつ、分析プラットフォームのパフォーマンスと柔軟性を維持しています。
    ユーザーは日常使用しているビジネス用語を用いて、クリックやドラッグ&ドロップといった簡単な操作のみで多様な分析をおこなえます。

Business Intelligence Standard Edition One

Oracle Business Intelligence Enterprise Edition(BI EE)が持つ主要機能からなり、分析・レポーティングに必要な全ての機能、およびデータの加工ツール、取得・格納するデータベースがバンドル。中小規模の企業またはワークグループを対象とした総合的なBIシステムで、スモールスタートとして最適かつBIEEへの移行が可能。


ページの先頭へ戻る