ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. Oracle
  4. 製品一覧
  5. Fusion Middleware
  6. Identity Management
  7. IDストア管理
ここから本文です。

IDストア管理 Oracle Internet Directory / Virtual Directory

IDストアのポイント

  • セキュアに情報を格納できてますか?
  • 拡張性や可用性に優れていますか?
  • 他のDirectoryと連携可能ですか?
  • 分散されたID情報を統合することが出来ますか?

Oracle Internet Directory

LDAPクライアント

  • Oracle Databaseをリポジトリとして使用するディレクトリサーバ
  • スケーラビリティ
    • 100万を超えるエントリが可能
    • 1000を超えるクライアントが利用可能
  • 高い可用性
    • マルチマスタ構成とレプリケーション
    • ホットバックアップ・リカバリ、RACの利用
  • 拡張性
    • プラグイン・フレームワーク
    • 外部認証
    • パスワードポリシーのカスタマイズ管理
  • セキュリティ
    • 高度なパスワードポリシーを実装可能
      ポリシーに基づいたアクセスコントロール
    • 監査ログの取得
    • ISO15408 EAL4取得

Oracle Internet Directoryの統合機能

他のディレクトリやデータベースとの同期・連携を実現する。

統合機能

IDディレクトリ仮想統合:Oracle Virtual Directory

分散したIDリポジトリを仮想的に統合することにより迅速に統合ディレクトリを構築

Oracle Virtual Directoryとは?

  • 異なるIDリポジトリを仮想的に統合し一つのディレクトリ・ビューを実現

Oracle Virtual Directoryの機能

LDAPリスナー LDAPサービスを提供
属性結合 異なる環境のユーザ属性の結合
接続アダプタ 外部IDリポジトリとの接続用のアダプタ
(SunJava、MS AD、OID、OracleDatabase等)

Oracle Virtual Directoryの主な導入メリット

  • 既存のID管理フローを変更せずに、統合ディレクトリを構築
  • 仮想的なディレクトリ統合により段階的なディレクトリ統合を実現
  • 定期的なデータコピー方式と異なり、リアルタイムにのID情報にアクセス可能
  • Database表で管理しているID情報をLDAP化可能
  • Oracle Access Managerのリポジトリとして使用可能

主な導入メリット


ページの先頭へ戻る